全くの初挑戦となる分野などに転職したい場合には、前の仕事で、自分・・

経験したことがない業種などに転職したいと考えているときには、…

  • 全くの初挑戦の業界などに転職をしようとするときには、自分が以前の職場で養われたスキルや今まで経験したことが生かせるという内容のアピールが必要になります。その分野に勤務したことがない人は経験のない分だけその業種の経験者よりも正直、不利になりますけど、自分が保持している能力がその分野でも十分に発揮できるということを伝えることができれば、勝負になることも十分にあります。そのような訳で、経験したことがないジャンルに挑む場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた職務内容とのつながりを見付けましょう。
  • 以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • かつての私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。理由は、大手の転職サイトはなぜか都心の求人しかないからです。これまでの求人情報を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、求人募集をしているいくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着といった点では都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある人が多いかもしれません。思いもよらず、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので数年以内に転職を予定しているのなら、お近くのハローワークに1度行ってみることをお勧めします。「転職サイト」みたいにたくさんの電話やメールもありません。
  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

  • 転職活動においては、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。多くの会社は履歴書や職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、どうあってもこれらの書類の作成が重要なポイントになってきます。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容が充実していることも重要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書きましょう。また、現在の仕事で挙げた実績を、部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく書くのが望ましいです。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、利用することもよい転職をするための良い結果を導きやすくなります。
  • どうもパソコンやスマホは便利でインターネット上には、…

  • 世の中は変化していてスマートフォンを見ればネット上には、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが数多く存在しています。サイトから自分の目的にあった転職先と思えるのを見付けるためには、まずは情報収集が必要です。「転職サイト」をきっちり使うことで、満足度の高い転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に…

  • 転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきたい箇所がいくつかあります。まず派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの業務内容をイメージする人がおそらく少なくないでしょう。実は私もまさにそう思っていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。が、働き始めると、なんと抜けた正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら・・

  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては勤めている会社側が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすればだれでももらえます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合での退職や、残業時間によっては、すぐに貰える可能性もあります。さらにもらえる「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の近々の給料を基準に手当の額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 生涯初の失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人・・

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、じっとしていれば給付されると考えている人が大多数なんですが、それは誤解です。本当は、失業保険を求職活動を続けていることが条件で、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。残念ながら、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、毎月の職員との面談欠席したときは、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、場合によっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために充分に気をつけてください。
  • 転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある分…

  • 転職期間ではそういう風にしたいわけではないのにだらけてしまいがちです。・・であったとしても、そうした生活に慣れてしまうのは危険です。なぜなら、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。時間がたてばたつほど、働く意欲を失い、経済的に困ることにもなるでしょう。そうすると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事をなかなか決められなくなります。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、止めておきましょう。
  • 転職の時の面接で必要となるスーツの色合いに関しては、…

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の時に準じた色合いが良いとされています。つまり、紺や黒といった感じのようなダークな色になります。再就職であっても、着用するスーツの色味は新卒の就活の時のようなダークカラーがほとんどで、それ以外の色の転職者はほとんど見ることはありません。強いて言えば、まれにグレーのスーツを着ている人がいるくらいです。ほとんどが黒や紺色が多いのです。ですから、人事の方から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前であるかのように見えますから、見た目の印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 転職したいと考えている会社の見学ができれば、非常に勉強になります。

  • 転職先で会社見学などがあれば、すごく参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるので楽しめます。そんな会社の見学では、見学者には絶対、本来の仕事風景を見せてくれることはありません。典型的な例を挙げると、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この業種では、個人のプライドが強いので入社してみないと、本当の姿はわからないものです。なので、仕事=見学内容と思わないことが良いです。また、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから言語道断です。入社してもいない人には仮に何かトラブルが発生しても、保障が一切ないので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断ることが大事です。
  • 転身の意思を固めたのなら、周りの人にはこっそりとそれを告げないように、…

  • 万が一あなたが、現職からの転身を決断したなら、まったく周囲にはこっそりとそれが広まらないように首尾よく活動を進め、現在の会社に所属している間は、あくまでも周りの人に知られないようにいつもと同じように仕事をするのがとても堅実です。現職中、その点を心にとめておけば、万が一転職先探しが見つからなくても、転身時期を遅らせながら、今の職をそれまで通りに続けることもトラブルの心配がありません。でも思わず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周りはそれに合わせて動きます。それに社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと「あの人はもうじき辞める」と広まります。しかしもしも、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、周りの人は、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、肩身の狭いと感じるリスクが高いです。
  • 転職サイトは、一度登録したら、頻繁に電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。「転職エージェント」の初心者の方は、結構驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事だといえるので、大変積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業からお金をもらえるシステムであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが多々あります。加えて、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意を払うことが重要です。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職する際には面接が必須となります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるのは間違いありません。この時、どんな訳があっても、過去の職場の「人づきあい」「働く環境」に関しての愚痴ともとれる回答は、できるだけ口にしないことをお勧めします。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいかねません。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事です。本心とは違っていても、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような売り込みの形が良い成果につながります。
  • 再就職をするときに要となるのが間違いなく「面接」です。

  • 転職をするときにかなり重視されるのが「面接」です。普通の面接の際は、応募者に転職するに至った理由や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わります。面接担当の方から「弊社に関して何か疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを用意しておくのがベストです。冷静に考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 求人関連の情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業を見ようとしないものですが、そうした人には「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と誤解しているのです。実際に、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署もかなり存在します。しかし、製造業の職場はビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。とはいえ、自らのこだわりを捨てることで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 再就職の面接などにおいて名刺を手渡してきた場合、あなたも同じように相手の方に名…

  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を渡された場合、同じようにあなたも名刺を差し出すべきであるのか?と対応の仕方に迷った場合は、大体の場合は渡す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接というものは仕事ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから基本的には名刺を交換する場ではないのです。重ねて、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。したがって、もし相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手に渡す必要性は少しもないと考えます。
  • 女性が再就職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と現在と…

  • 女性が再就職するに当たって、今と一昔前では少し変化があるといいます。以前は面接の場で会社側から、未婚者なら結婚の予定などについて、一般的なこととして質問されることがほとんどでした。ですが、現在の流れとしては、そういったデリケートな内容はセクハラと企業側が捉え、質問をしない会社が当たり前になりつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。けれど、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいと思っているはずです。自分の人生設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機とともに言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、安心できると思います。ですから、たとえ、質問されていない内容でも、先にあなた自身から配慮し、答えておくのが良いです。
  • 今現在の自身の仕事や業務に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今の職場や仕事の中身について不服に感じていることの中に、「自身のスキルや能力を真摯に評価してくれない」それゆえに「報酬アップも、将来的な昇進も期待できない」といった不満が多いように感じられます。でも、そんな人の中には、自分の力量を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが肝心です。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と再就職先がまったく見つからないことになりかねません。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。そういうわけで転職で良い成果をあげるためにも、「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることが大切です。
  • 古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」が決して珍しいものでなくなっています。けれども、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。実際に再就職を検討する際は、大切なのは適した時期といえます。はじめに、現在の職場・仕事内容について全般的に、不満を感じる点を10個前後、紙に書き出ししてみましょう。この作業が、再就職を決断することです、そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、早めに今より良い仕事ができるようにがんばりましょう。
  • 転職のため職探しをする場合に特に注意すべき求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく・・

  • 就職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が少なくありません。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料に残業代を入れておくというシステムです。(注意・合法です)仮に求人に『みなし残業代30時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。ですが、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので注意をしておきましょう。