新卒採用で入った会社にさよならをして転職することになりました。

新卒で入社した会社を辞めて、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。会社を退職する前は、しばらく悩んだように思います。しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを自らの転職活動で気づき、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。転職をしたことで徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて前向きに過ごせるようになりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職をやって良かったと思っています。
  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでも大丈夫です・・

  • 転職の面接での身なりはクールビズ可とと事前に連絡が来るケースもありますが、クールビズのスタイルで赴くのは本当は駄目なのでは?と感じてしまいます。クールビズについての迷いを心に抱いている方に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接の場面では言われた内容を実行したほうが安心できます。色々迷うことによってしまい、暑い季節にスーツを着用すると不自然な印象を与えてしまいますから、クールビズでもOKと言われたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしていることが必要なのです。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、とはいっても、実際は「会社から解放されたし、しばらくはのんびりしたい」と思うのが現実でしょう。そこで、本当に仕事探しをしているように見せる方法があるので紹介しましょう。月一回のハローワーク職員との面談は当然ながら必要として、その場で求人票を閲覧することが少なくともしておきましょう。本気になって探す気力がないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念なことに確認できませんでした」と告げて次の機会に賭けましょう。
  • 求人についての広告には、大部分の場合はまともな株式会社で…

  • 求人関連の広告には、大部分の場合は大部分の企業では月収の記載に目が行きますよね。だけれどもこの箇所を確認する際は、注意して確認する事が大切です。値だけで納得してはいけません。実は会社によっては、月収の金額のなかに「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。残業代をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。また基本給プラス歩合給で、歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている会社もあったります。こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。
  • もっと良い会社がいいと転職活動をしている人の大半は「ほんの少しでも早く、…

  • 今と違った会社に入りたいと転職をする活動中の場合には「ほんのちょっとでも早く、内定を手にしたい」と思ってしまうものです。ただ、内定通知が得たいばかりに、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、またその反対に過小評価にしかならない言動は出来るだけよしましょう。大事なのは焦る気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながら自分にピッタリな職場を探すことに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。
  • 転職活動を行う際の最後の問題として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして引き留めしてくる可能性があります。そのようなケースでは、どうあっても退職する、という強固な気持ちをもつことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社という形をとることも転職活動において必要不可欠です。
  • 安定した人生を手に入れるために「正社員」として働きたいと思っている・・

  • 安定した暮らしを願って「正社員」として働きたいと思っている人は相当数います。でも、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら頑張っても中々正社員として雇用されることが叶わない事もあります。準社員の求人はかなり充実しているのに正社員の求人以外には目もくれず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。なかなか、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員募集の企業のなかには、その人の実力によって、数年で非正規雇用から正規雇用への転身を狙える可能性もあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを聞いておけば今後の役に立ちます。
  • 派遣として就業しています。派遣法とかのからみで否応な・・

  • 派遣として就業しています。労働契約法のからみで残念ながら長く働いた就業先での仕事が終わります。派遣の仲間の中には、派遣先で正社員の地位をつかんだ人もいるのですが実際のところ仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱いがうまい方でそれが採用の決め手となったみたい。テクニカルスキルより上司に媚びるスキルの方が大切なのだろうと選考に漏れた別の派遣仲間と派遣先の会社で愚痴を言う毎日です。
  • 転業を検討しているのなら、労を惜しまずにいろいろな会社の情…

  • 転職するつもりなら、労を惜しまずに多種多様な会社を調べておくと就職した後の見る目にかなり役立ちます。現在の仕事を不服だと思っているケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どんな企業でもいいように思えてしまします。そういった状態になってしまうと、どこを選ぶべきか判断できなくなり、判断を大きく間違える可能性もあります。結果、短い期間で退職しなくてはならなくなるので、会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、企業の取引先を見る事です。透明性を重んじる企業は取引先情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからチェックをする目安になります。また、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。
  • 派遣社員として働く会社が決まりました。

  • 派遣先が決まりました。就業初日に派遣会社の営業の担当者と就業先の近所にあるコンビニで落ち合うことになっていたところ、彼が店の前にいなかったので店の中にいるのだろうと考え店内に入ったところ、営業担当者はなんとまあ雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのところを開いて読んでいるところを発見しました。こんな人に担当されるなんて絶対嫌だと感じ、そこで声をかけることなくお店の中から出て即刻派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。
  • このような話は兄の友達から聞いた話です。

  • こういう転職という話は友達からの話です。就職活動を始めて学生時の就職活動で死んでも入社したかった目標であるA社の最終面接で内定が得られず、そのため仕方なく別の会社に就労しました。その後数年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時たまたまA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、どうにかしたくなり当時の会社を直ちに退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、死に物狂いで頑張ってその結果幸運にもA社で正社員登用されて、現在においては仕事に誇りを持ちつつ明るく勤務しています。
  • 転職というものをしようと考えたとき、その職場の自分の給与について気にする人・・

  • 転職について考えた場合、その職場の自分の給料について気にする人が案外少なくありません。とうぜん大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るために仕事に打ち込んでいるはず。年収は自分自身の価値を測る指標という見方もできますから、とうぜん大切なのは無理もありません。それにしてもあまりに年収ばかりを異常にこだわりすぎるのも寂しいものです。収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは多々あるからです。
  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接を受ける、というのは大変です。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と覚えておきましょう。
  • 転職のための面接に関して、よく思い違いがあるのです…

  • 転職先での企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが必要以上に猫をかぶることは思いのほか採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接時は、「給与」などの、普通であれば触れにくい内容を勇気を出し訊いておくと、最終的にあなたのためにもなります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすることで最終的に良い結果が期待できないのではないか」と不安がるかもしれませんが、けれど、意外とマイナスに作用することは結果的には少なくないようです。このような労働環境やお金に関する内容は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、けれども、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「こいつは他と違う」ということで面接官に印象づけられるのです。
  • 近い将来、一段と短絡的な仕事は機械に変換されてそれに伴い・・

  • 私たちの社会的環境において、将来、みるみるうちに考えなくてもできる労働は機械化によってそれによって必要な人員は少なからず縮小していきます。なぜかというと思考を必要としない作業という観点では人が作業するよりも機械を稼働させたほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同一の作業を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴は言わないし、疲れることがありません。また、適当にすることもないし、正確だし均一にこなせます。おまけに人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、労働力として人間を使う意味がまったく無いので機械化の流れは必然ともいえますね。
  • 今までは求人情報には、求める人材の「性別」までしっかりと記載されていました。

  • 数年前は求人誌に募集条件の中に「性別」が、きちんと書かれていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用する際、男女の差別があってはならないルールができて、応募資格の詳細に男女の文字を見ることはなくなりました。しかしながら、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。現実に、実際は男手を必要とする案件に女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が応募してくる、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍している仕事場です」といった内容なら、希望しているのは女性だと解釈しておいたほうが良いでしょう。
  • 「シフト制」の仕事についての話です。

  • シフトの仕事についてです。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、シフトの出し方や休む手順については、面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の方が土日は休むことなく出勤していたので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、とお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思えばよく我慢してやってこれたと思います。
  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。あなたに特許を出した経験があるなら、連絡が来やすくなります。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングと推測される連絡を受けたなら、心当たりがないか考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の会社は言うまでもなく詐欺なので、きっぱりと断るようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要はありません。
  • この頃では、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得た…

  • 近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに起業といった形で生きる方法も人気です。そのような移り変わりもあるせいか、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、先の見えない株式投資・個人事業より雇われているほうが堅実でした。そのため人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていた。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事でも人がいらなくなっていく社会です。
  • 転職のための採用面接を受けにある会社に行きました。

  • 転職したい会社の採用面接に伺いました。会社の会議室や応接室が空いていないということで社外の会場で面接官と待ち合わせで採用面接を行って、その場で解散をし、面接をした方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が私と一緒。なので電車の中においてもずっと話しながら帰ることとなって、その結果緊張がほぐれ面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したのか無事に採用を手に入れることができました。