「就職エージェント」の大手になると、多くの案件を抱えてい・・

転職エージェントは大規模であるほど、多くの案件が・・

  • 転職エージェントは大手に限って、豊富な案件を扱っているというメリットがあるといえますが、一方、転職希望登録者も多い可能性が高いです。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、そのエージェント担当者が難しいと判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいると、そのライバルを優先したりもするのです。要するに大規模なエージェントの運営元は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱いかなり難しいので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか話しをすると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。

    ほとんどの場合大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

  • 一般的に大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は容易ではありません。しかも都会エリア外だとその確率はさらに少なくなりそうです。しかしながら「製造業」系の場合であれば、地方の工業団地界隈に製造の拠点としていることもよくあります。さらに、そういう地方の工場の場合、事業分野の拡大などの節目に「途中採用」をしていることが多々あるので、このチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を事前に仕入れておきましょう。その会社のホームページを覗いて、スタッフの募集予定はないか、頻繁にチェックしてみましょう。

    私は以前いくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • かつてはかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても本当にまちまちでそのほとんどは満足のいく対応をしてくれない方ばっかり。私とっては大切なことことだからもっと誠意を込めて向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もり、それがきっかけとなって自らキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格を取得できるまでにはお金がかかりました。また資格取得のための勉強もとてもヘビーだったわけですが、求職者から信頼してもらえる人間になるために努力しています。

    在職中は極力会社内の人にバレないよう(自身のとき・・

  • 就労期間中なら、可能なかぎり会社内の人にバレないように(私の経験談ですが)雇用中に転身したいという意図のみを活動初期に同僚に言ってみたことがあります。けど、その後に求人を見て回ったものの、思いとは裏腹に転職先や転職時期すら無計画なまま進めていたので、知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。その一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就業先を再度探しました。

    派遣会社に登録して働いています。

  • 派遣会社に登録して働いています。サイト上でなにげなく気になる仕事を見つけて問い合わせてみると「残念ながらその仕事は、他の人で話が進んでいます」と断られて一瞬ウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか次の日になれば消えたはずの情報が掲載されています。これは結局私だとよくないのだっていうことですよね。そういうことであればカドが立たない程度に正直に教えてくれればありがたいのですが、そうするのは難しいのでしょう。それともまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?

    仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合…

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都会から地方に移住した上で再就職したい、と思っている人が、近年増えています。ここ最近は求人情報サイトをうまく活用すれば、地方や郊外の求人も容易に知ることができますが、しかしながら、郊外や地方での求人は都市部ような選択肢がないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですので、転職サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

    近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公表されたりと、損をするシステムができてきましたが、完全とはいえません。そこで、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場では答えられない」みたいなはぐらかされるはずです。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問を重ねていくと渋い表情を見せるケースが多いです。それでも質問を続けると、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、「何か引っかかる」と思ったなら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。

  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で、以前は、料理店(レストラン)で働いていた時期がありました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが引き金となって職場を去ったのですが、その影響からか、大好きだった食べることやそのレストランで扱われていた食べ物すら嫌になり、同ジャンルの店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。大好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵なことですが、しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、真剣に向き合う必要があります。

    転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより…

  • 転職活動で重要なことは希望している企業そのものより、採用担当の面接係員との勝負といってもいいでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、初歩として普段通りを意識して焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接を通じて最も最初にあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い評価になるような言動は気をつけて避けましょう。社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。面接官に良い印象を残せれば、自ずと良い結果を出せるはずです。

    新しい職場(転職先)では、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、一年目は試用期間が入っていることも多いものです。自分の転職して新たな仕事をした時は、尽力して転職したのに、悲しいことに年収が前職での稼ぎと大方同じということがありました。それに、仕事は多様で忙しく、かなり責任重大な立場でもあったので、1年目を越すのもひどく労力を伴いました。そのような実体験をしてみると、初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、なるべく転職前に貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

    転職したケースでは、だいたいの場合は前の会社の仕事で…

  • 転職した場合には、高確率で前職での多くの出来事は美化されます。現実には今の職務に自分に合っていないと感じたから、そういった思いを払拭するためにやっと退職を決め、転職したはずにも関わらず、昔を思い返すと不思議なことに「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じ始めるのです。というのは当然のことで、以前の職では日々の業務に慣れていて、きちんとまいにちの業務をこなせていたのが、理由にあるはずです。その一方、「退職しなけりゃよかった」と後悔するほど、前の会社のほうが報酬も居心地が良かったケースもあります。

    転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くするヒントは誰でも知ることができます。そんな、時に転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることが可能です。それは、ズバリ海外への旅行です。外国は、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。しかし、退職してすぐは、精神的にまいっている人も多いのでほどよく休むようにしましょう。

    今がんばっている転職活動で「私は振り返るとこのような内容…

  • 今励んでいる転職活動の際に「自分は経験としてこういった種類の仕事に尽力しました」「過去の仕事によって、こういった技術を得られました」と自分自身の成功体験やセールスポイントを強調する人はかなり多いです。が、志願し新しい組織で「将来、こういったことをしたい」「私があげたような事なら貢献したい」と未来の展望を話して自分自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

    再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職活動にあたって然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ「服装」を誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。けれど、ここ最近の、採用面接に関しては形式ばらない服装で良い会社もあるため、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて赴く必要がない場合もあります。とくに会社の創設してすぐの歴史のない会社ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるメリットも。また、私服を見せるたことで面接のなかで、服装の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、今後、転職にトライするなら「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

    もしも転職を考えているのなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしも転職される場合は、前もって資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職活動時に有効に使えるので、転職先を探しやすいです。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良い時期なのです。将来を考え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の仕事に別れを告げても後悔することなく前に進めるはずです。加えて、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、これまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

    今の自分のスキルや資格を活かして就職活動する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種…

  • 自分のスキルを活かしつつ、再就職を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と難しいものを理解しておいてください。再就職しやすい業界は、慢性的に人手不足である「医療・介護」が代表例といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事に対しての不満によって、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、簡単に考えないことが大切です。異業種への再就職を希望するなら、異業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

    転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。さらに、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、それに加えて転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加されれば多くの企業に関する情報を得ることができ、それに加え、説明員等の雰囲気から、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する機会があった場合、面接と同じ緊張感を持ってしっかりと自分を売り込みましょう。もしもフェアの中で、企業に自分の魅力が伝われば、後日採用面接でかなり有利になると期待できます。

    派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではな・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職活動を通じて実感しました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、なるべく早く子育てに取り組みたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。その為、正社員より月収は少なかったですが、ですが時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。が、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのみなさん派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

    看護師という職業の人のほかの職業に転職の理由は人によりけりです。

  • 看護師でありながらそれ以外の職業に転職の理由はその人によって違うはずです。それを見てみると看護師が他の仕事への転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産それに親の介護など、さまざまな環境の変化など、これまでのような働き方ができなくなった」「今の給与体系に不満を感じている」など、さまざまな理由があるのでしょう。ですが、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして沈着冷静に再度、現状認識をしてみることも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

    そろそろ転職活動をするのなら、今いる職場で感じている不満・・

  • 今からでも転職活動をするのなら、今現在の職場や仕事の何に不満があるのかを洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満なことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現在の職場の客観的にみた問題なことを書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そして、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。