全くの初挑戦の分野などに転業したいと考えている場合には・・

これまで経験したことがない業種などに転身するときには、…

  • 全く経験のない分野などに転身を考えるときには、以前の会社で身に付けた腕前や経験したことを発揮できるといった内容の自己主張が必要です。未経験の業種の場合、経験のない分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自分の持っている能力がその分野でも十分に生かせるということをしっかりと話すことができれば、戦うことができるケースも考えられます。ですから、未経験であるジャンルにチャレンジする場合は、その分野とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を可能な限り見つけ出しましょう。
  • これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • 今までの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、どうしても都心の求人情報だけだからです。であったので、求人情報をリサーチする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。求人募集をしている多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に根ざした情報がとても信頼性が高いです。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している方も多少いるかもしれません。思いのほか、良い求人もありますのでもし勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークに行って相談してみてください。「転職サイト」みたく執拗なお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。ほぼすべての企業は履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が大切です。ただ必要事項を埋めることにとどまらず、記載内容を充実させることも考えてみましょう。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための一つの手です。
  • 今ではスマートフォンで調べればインターネットのエリアには・・

  • 世の中は変化していてスマートフォンを使えばわかるけどネットのエリアには、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。その多くのサイトから自身にあった転職先というのを見つけるためには、まず、情報が大事ですから収集です。こういう「転職サイト」をうまく活用することで、よりスムーズな転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきた…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してほしいことが数点あります。なんとなく派遣と聞くと「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をぼんやりと考えてしまった人がおそらくいるはずです。最初は私もかつてはそう思っていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と直接説明を受けました。ところが、業務に掛かると、なんと「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を要求されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とはかなり違っていたので困っています。とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 転職される人で次までの仕事にまだ期間がある方は可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。

  • 転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては会社が社員に雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、状況によっては企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。「失業手当」の金額については、最後となる月の給料を基準に算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば給付されると思っている人がとても多いですが、それは誤りです。実際には、失業保険の給付を受け取るためには、職探しを続けている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、情け無用で給付の一時停止に至ったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために気をつけてください。
  • 転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもないの…

  • 転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間があるため、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。・・であったとしても、そんな過ごし方は危険です。それは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。ですから、いつの間にか働く意欲がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまいます。そうしているうちに、負のサイクルができてしまい、転職先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。
  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色味については、…

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の時に準じている色が良いです。具体的に言うと、黒とか紺色の暗い感じの色になります。それが、再就職の場面においても、着用するビジネススーツの色味はこういった落ち着いた色が多数派になっており、黒や紺以外の色の人はほとんど見かけることはありません。他のカラーで言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。大方は紺色や黒色が大多数を占めているのです。ですから、面接を行う人事の方から見てもそういった色が違和感なく見えます。ですから、第一印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。
  • 転職候補先の見学ができれば、たいへん参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとすごく勉強になります。とくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるため、楽しくもなります。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学ではたいてい見学者には、いつもの姿を見せてはくれません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので実際に入社するまで、本来の姿がわかりません。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことが重要なのです。加えて、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから注意しておくべきです。入社すらしてない人には何かトラブルが発生しても、保障がないため、万が一、勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。
  • もし、現職からの転身の決断したのであれば、あくまで周・・

  • 仮に、転身を決意したのなら、完全に会社の人にはひそかにその意思を悟られないように、活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、可能な限り社内の人間に気づかれないように普通に仕事をする方が良い形といえます。働いている間、その姿勢を保っていれば、もしも希望に沿う転職先を簡単に見付けることができなくても、転身時期を先送りにしつつ、今の職をそれまで通りに継続しても簡単にできます。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、その言葉を受けた応対をします。それに加えて「辞めるつもりです」と言ってしまうと「あの人は辞める予定の人」と確定します。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで立場が悪くなると感じるリスクがあります。
  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡がしつこく入ります。

  • 転職サイトでは、登録後、何回も電話やメールをしてきます。これに関して転職初心者は結構驚くことが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが業務ですので、本当に積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることによって企業からお金を受け取るシステムであることから、転職希望者の都合を考えるよりも企業側を優先させるケースが目立ちます。彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が取れた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を明確にし、転職にしくじらないように注意することが必要です。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事から「転職理由をお聞かせください」といった形で、必ずと言っていいほど質問されます。その際、いかなる事情があったにせよ、過去の職場の「人づきあい」「働く環境」に関しての不満を絡めた返事などは、出来るだけ口にするのは避けましょう。仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいます。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがかなり重要です。あくまで「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といった売り込みの形が大切です。
  • 転職をする場合、かなり重要なのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職では、重要なのが「面接」になります。大半、面接では面接担当者が応募者に対して、転職理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。担当者から、「なにか弊社で働くことについて、疑問点はありませんか?」と。と尋ねられた時に面接者本人が答えを用意しておらず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こんな場面に備えて、面接の前に面接担当者からの問いに際し、質問の内容をいくつか考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 求人情報を見る場合、事務系の仕事がしたいからと、製造業を見ようとしないものです。

  • 求人に係る情報をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっています。そんな人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしている可能性が高いです。現に、製造業であっても、製造マンだけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に属する部署も相当数あります。でも、製造業の勤務場所自体、オフィス街のような環境とは違います。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、しかし、自分の執着をなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。
  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を渡された時…

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を手渡されとしたら、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと迷ったときは、基本的には渡す必要のないもの、と知っておいてください。面接においては仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動の一部です。ですから一般的に名刺を交換する場ではありません。合わせて、会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらにおいてはもらうだけで問題なくて、担当者に相手の方にあげることは少しもないと言えるのです。
  • 女性が転職するに当たって、数年前と今とで少なからず、状況が変わりつつあります。

  • 女性の転職については、一昔前と近年とでは若干の変化があるようです。一昔前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などについて、質問されることが多くありましたが、現在はそういったデリケートな内容はセクハラと企業側が捉え、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社の場合は、あからさまに避けるようになっています。しかしながら、企業側としては、YES・NO、といった形ではなく、その人が、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機と一緒に伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、安心できると思います。ですから、たとえ、聞かれていない部分も、こちら側から気遣いながら話をしてみると良いでしょう。
  • 今現在のあなたの職場・仕事内容について不満に思っていることの中に…

  • 今の自身の職場や仕事の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分のスキルや仕事での能力を正確に評価してもらえない」さらに、「給与は増えないし、昇進も出来ない」と言う不満を漏らす人もいます。でも、その手の悩みを持っている人の一部には、自身の手腕を「過大評価」してないか、再確認する必要があります。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「自分が活躍できる求人なんてない」と再就職先がまったく見つからないと言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性も少なくありません。なので再就職に当たっては「本来の自分の能力」を客観視することが大切です。
  • 日本には古来より”石の上にも3年”という格言があります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教訓があります。「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。しかしながら、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職するつもりなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず、現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと思う点を、少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出してみましょうこうすることによって、転職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には躊躇することなく、今よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。
  • 転職するため職探しをする際に注意が必要な求人の募集内容は、…

  • 就職のため職探しをする場合に気を付けて欲しい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが少なくありません。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込む、といったものになります。(この仕組みは合法です)例えば『みなし残業代30時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という話になります。ただし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を記載していないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。