新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職しました。

新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職することにしました。実際に転職する前は、かなり将来が不安でした。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動をしていく中で気づき、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。なにより1度、転職を経験したことによってなんだか気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに毎日が充実したものになりました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが全て正しいとは思いません。私の人生においては転職を決断して良かったと思います。

再就職の面接においてクールビズでお越しくださいと言われることがあります。しかし、…

転職の面接での身なりは企業側からクールビズ可とと事前に言われる時もありますが、なかには、クールビズで面接を受けるのは悪い印象を与えるのでは?と疑う人もいます。クールビズに関する迷いを心に抱いている人に言いたいのが、クールビズOKだと言われた面接の際は伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが無難です。迷うことによって、暑い季節にしっかりとスーツを着用すると不自然な印象を与えてしまいます。ですから、クールビズで良いと言われたらクールビズの格好をおすすめします。

失業保険の給付に関して、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。でも、現実的には「会社に行かなくてもいいし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。ですので、きちんと職を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのはパスできませんが、その場で求人票を閲覧することが最低限行わなければいけません。心の中では探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「やっていけそうに思える仕事が残念ながら見つけられませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

求人についての広告には、大部分の場合は多くの職場では…

求人関連の広告には、たいていの会社では月の収入がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの月収の項目を見る時には、注意深く確認する事が欠かせないです。数字だけ見て判断しないほうが良いです。というのはひょっとすると、月収の額の内訳に「毎月15時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

もっと良い企業に入りたいと転職活動をする人とは「1日も早・・

違った会社がいいと転職活動をする人の大半は「1秒でも早く、採用通知がもらいたい」と思ってしまいがちです。ですが、そういう気持ちで内定を得たいあまり、自身の能力に関して嘘をついたり、また逆に過小評価にしかならない売り込みをするのはぜったいに避けるべきです。焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながら自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を見極めましょう。

転職活動における最後に残る厄介な問題として、現在勤務している企業からの退職があります。

転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社から採用の内定を得たとしても、現在勤務中の会社があなたを慰留することは多々あります。そうなってしまった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちをもつことが大事といえます。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくります。そうして、決定権を持つ上司と談判し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動の重要なポイントです。

安定した生活基盤を希望して「正社員」になりたいと考えている・・

より安定した暮らしを手に入れるべく「正社員」を目指している人は相当数います。が、即戦力として働けるようにかなり頑張っても、中々正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかないケースも少なくないはずです。契約社員の求人は結構あるのに正規雇用の求人募集以外を見ないでエントリーしない人も少なくないでしょう。万が一、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員募集の企業の中には実力次第で、数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップが図れることもあるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを聞いておくと今後の役に立ちます。

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のから…

派遣社員として勤務しています。派遣法とかの関係で不本意にも長い期間働いた会社での仕事の契約が終了します。同じ派遣の方の中には、派遣先で正規社員の待遇をゲットした人もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけると仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱い方が上手な人でそのおかげで採用されたとしか考えられません。仕事のスキルよりもおじさん転がしスキルの方が大切なのだろうと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場で毎日不満をたれています。

転職を近いうちにするつもりなら、小まめに色々な企業の情報の詳…

転職を検討しているのなら、労を惜しまず頻繁に企業の採用情報を普段からチェックしておけば再就職先をかなり選びやすくなります。あなたが今の仕事に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、転職活動する際、どんな会社でもいいように見えてしまいます。そうなってしまうと、どこを選んだらよいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を大きく間違えるおそれがあります。それゆえに、ごく短期間で退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そういった会社でない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。さらに、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

派遣先が決まりました。勤務初日に営業担当の人と派遣先の近くにあ…

派遣の仕事が決まりました。最初の勤務日に派遣会社の営業の担当の人と就業場所付近のコンビニで待ち合わせたところ、どうしたことか約束のお店の前にいないから中にいるのだろうと思い店内に入っていったら、なんとまあ雑誌売り場の所でしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開いて読んでいました。こんな人に担当されるなんてとてもじゃないけどできないことだと感じ、声もかけずにお店の中から出てすぐに派遣会社に辞退の連絡を入れました。

このような話は友達から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は兄の友人の話です。始めに大学生のときの就職活動でぜひとも入りたかった目標であるA社の最終の面接で不採用になって、後に仕方なく他の会社に就労しました。その後3年経過したぐらいに派遣の求人サイトを見ていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐさま退職し、A社で派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってそれから後憧れのA社で正社員として働くことができ、今となってはやりがいを感じつつ元気に仕事をしています。

転職を考える際、そこでの給料を気にしすぎる人がそこ・・

転職というものを考えるとき、転職したあとの年収ばかりに気を取られる人が案外多いです。ほとんどの方は、ですから生活費を稼ぐべく仕事をしているのはずです。したがって年収がどれだけかは自分の評価という見方もできますから、当然大切なものであることは否定できません。それにしても愚かにも年収額ばかりを気にかけすぎる生き方というのも虚しい気がします。それより収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。忙しく仕事をしながら求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体も大変です。転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識を持つことが大切です。

転職先での面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり過度に…

転職時の面接では、してはいけないのはあからさまな猫かぶりすることは、それがそのまま逆効果です。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「報酬」など、通常であればかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に尋ねておくと、間違いなく自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に不採用になるのではないか」と懸念するかもしれません。けれども、意外なことに、プラスの結果になることは最終的には可能性が高いのです。このようなお金や労働環境に対する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、面接に応募した人たちの多くは、普通は質問できません。けれど、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」と格好の自己アピールとなるのです。

私たちの社会的環境において、将来、着々と短絡的な労・・

この先、ますます思考を必要としない仕事は機械に切り替えられてその結果、そういう仕事をする稼働人口はどう考えても減らされてしまいます。というのは、簡単な労働はヒトよりも機械で作業するほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数量を計測したり、同一の作業をずっと繰り返すことは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って言い訳することもないし、ペースが変わらないし、不正をすることもないし、何より正確ですし、均一だし、そして、人と違って賃金が発生しないのも違いですね。このように、人を使う理由がまったく無いので機械に置き代わるのも注目されているのです。

昔の求人情報に募集要項の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。

何年か前までの求人誌に雇用主が必要とする「性別」について、書かれていました。しかしながら、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別があってはいけないとして、募集要項の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際、実際は男手が必要な案件に女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまったり、といったような問題が起こりうる可能性があります。たとえば、「女性が活躍している職場です」という内容の求人募集は、雇用側が「女性」を必要としている、と認識したほうがトラブルを避けられます。

「シフト制」の業務についてです。

これはシフト制の仕事についてです。決まった曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、休む方法やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去、出産のため休む人の代役として、正社員として入ったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の方が「土日」にかならず出られる人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際土日に冠婚葬祭が入ることもあり、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を出した人などは、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を出した経験がある人や、新聞で紹介された人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったのであれば、そのキッカケを考えてみましょう。まれに「ヘッドハンティング」と称し、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、その手の業者はおそらくは詐欺なので、騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

昨今では、株式・不動産投資などの不労所得を得たり、起業といった形で生きる方法も人気です。

近年では、株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、独立で頑張っている人も増えています。必ずしも「雇用されて働くこと以外は怖い」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長期にはどうなるかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも会社勤めの方が賢明でした。そのため人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていた。しかし、そういった時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職の採用面接に転職希望の会社へ訪ねました。

転職の面接を受けるためある会社に行きました。偶然その会社にある会議室が空いていないということで外部の会場で会社の人と待ち合わせて面接をし、その場所で解散をし、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が同じだったのです。それで電車内でも一緒にお話をしながら帰宅することとなって、おかけですっかりリラックスして面接よりお話が弾み、それがプラスになったのか幸運にも採用を手に入れることができました。