全く経験したことのない業界とかに転身したいと思っている場合に・・

全くの初挑戦の業界などに転身する際には、前の仕事で、自…

  • 初挑戦の業種などに転業をしようとするときには、前の職場で育んできた腕前や今まで経験したことを発揮できるといった内容の自己主張が必要です。その業種に勤務したことがない人は未経験の分だけその業界で働いたことがある人よりも実際のところ、不利になりますけど、自分が保持している能力がその業界でも生かせるということを話すことができれば、勝負になることも多々出てきます。という事で、経験が全然ない業種にチャレンジするときには、その業種と前の職場でやっていた仕事との関連をできる限り見付けましょう。
  • 以前は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、大手の転職サイトはどうしても都会や大手の求人がほとんどだからです。であったので、転職時は「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、いくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域密着型なため、安心できます。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると思われている人が多いかもしれません。ですが、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、もしも転職について不安がある方は、お近くのハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトのように大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。会社の大部分は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえるでしょう。単に穴埋めするだけにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を前年比○パーセントアップさせた、など具体的に記します。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを活用してみるのもよい転職をするための有効な手段です。
  • 最近スマートフォンを見ればネット上には、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるも…

  • とみにスマートフォンで調べればネット上には、「転職サイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自身の目的に合った転職先と思えるのを見いだすにはとりあえず情報を集めることが欠かせません。このような転職サイトを上手く使うことで、スムーズな転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、しっかりチェックしてみてください。
  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • 転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてもらいたいことが数点あります。一般的に派遣業務については、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといった仕事内容をなんとなく考えてしまった人がおそらく多いとは思います。はじめは私もそう思ってました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、毎日非常に参っています。現在は、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、…

  • これから転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは今働いている会社側が「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐもらえる場合があります。さらにもらえる「失業手当」の額は、辞めた月の給料を軸に失業手当の支給する額を計算されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 生涯初の失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が大部分ですが、それは正しくありません。実のところ、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、職探しを行っていることが必要で、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。仮に、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、問答無用で給付の一時停止となったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために気をつけてください。
  • 転職先を探している間は、知らず知らずのうちに緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。

  • 転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。けれども、そうした過ごし方は避けたほうが賢明です。人というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、「心」にも悪影響があるからです。いつの間にか仕事をしようとする気力がなくなり、生活が苦しくなり困る事態となりかねません。こうして、悪いサイクルがさらにつづき、次の勤め先を見付けることが困難になってしまいます。再就職先を決められなくなるのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活は転職活動中にしないようにしましょう。
  • 転職の面接で必要となるスーツの色合いについては、新卒の就職活動…

  • 転職時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就活に着用する色合いが暗黙の了解となっています。言い換えると、黒や紺色といったような暗めの色合い、ということになります。それは転職のケースにおいても、着ていくビジネススーツの色合いに関しては新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的に多くて、それ以外の色の人はほとんど見かけることはありません。その他の色で言えば、まれにグレーの人がわずかにいるくらいで、一般的には黒や紺が圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う採用担当の人もそういった色が当たり前のように感じるので、見た目の印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 転職先の見学は、たいへん勉強になります。

  • 転職したい会社の見学は、かなり参考になります。特に、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。でも、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、本来の仕事現場を見せてくれることはありません。典型的なのは、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この業種では、癖の強い人が多いので入社しないと、実際の働き方が出ません。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことがたいへん大切です。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は危険ですし、正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人にはもし何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障もないので、仕事体験を勧められても丁寧に断ることが大事です。
  • もしもあなたが、転職を決めたのであれば、徹底して周…

  • 万一とらばーゆの決意したなら、完全に周りにひそかにその気持ちを知られないように、転職活動していき、転職先が決定していないのなら、可能なだけ社内の人間に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのがとても堅実です。働いている間、その点を自覚しておくと、仮に希望に沿う転職先を容易に見付けることができなくても、転職予定を見送って現在の仕事をそのまま続けても何も問題ありません。でもついつい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周りはその言葉に合わせた対応を取るようになります。おまけに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人はもうじき退職する」と広まります。その後で「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中、肩身の狭い思いををするリスクがあります。
  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人は大変驚く場合が多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが役割だとされるので、とても積極的に行動します。特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬がもらえるシステムといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。その上転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が出たその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職にしくじらないように注意することが大事です。
  • 転職時の面接で面接担当者から「転職理由は?」と質問されるはずです。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。その際、どんなに正論だと思っても、以前の職場の労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた回答は、できるだけ控えたほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが肝要です。正直な理由でなくとも、「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような未来志向での返答が良い印象を持ってもらえるのです。
  • 再就職をする場合、比較的重要なのが間違いなく「面接」である。

  • 再就職をするときにかなり要となるのが「面接」なのは間違いありません。大半、面接では、応募者に転職を決めた理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。さらに、面接の終了間際に次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。例えば、「弊社に関して何か疑問点はありませんか?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。こんな場面に備えて、面接の前に面接担当者からの質問に際し、質問の内容を準備しておくと良いかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 求人を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

  • 求人サイトをチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業はチェックしない人がいます。そんな人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買や営業管理等の事務系の部署も相当数あります。しかし、製造業がある場所はビジネス街でないのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。でも、自分の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 再就職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきた・・

  • 再就職の面接などの場面でもし名刺を差し出されたとしたら、あなたも同じように名刺を相手に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだときは、基本的には渡すことはないと知っておいてください。面接は仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための就職活動内のことです。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時間とは異なります。加えて、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という事で、もし相手側から名刺を渡されても、こちらは名刺をもらうだけで問題なくて、担当者に相手の方に渡す必要はないと思います。
  • 女性が再就職するに当たって、ここ最近と一昔前では多少の変化があったりします。

  • 女性の転職に関しては、一昔前と現在と多少の変化が見受けられます。前までは面接の場で会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」などについて、普通に女性たちへ質問していました。しかし、今はその手の内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問されないことが多くなってきています。そして、名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。が実際、面接する側ははい・いいえ、だけでなく、その人の価値観、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っているものです。自身の価値観を知ってもらうためにも、自己PRや志望の動機とともに表現することで、面接官も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うのです。というワケで、聞かれてない箇所についても、先にあなたから気遣って話していくことを考えてみてください。
  • 今のあなたの仕事や職場に関して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。

  • 今現在の自らの勤め先や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の持っているスキル・能力が正当に評価されていない」だから、「給料のアップも、将来昇格する見込みもない」といった不満が多数を占めます。とはいえ、そんな風に感じている人の中には、自分自身の本当の才能を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。万が一、そのような人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、就職するまでの期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。おそれがあるので、注意が必要です。再就職で良い成果をあげるためにも、実際の自身の能力を把握することが大切です。
  • 昔から”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。転職というのは一般的な事柄となってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。再就職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。最初に、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について何が不服なのか、何が不適なのかを10個前後、紙にリストアップしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、決断を遅らせることなく、今より良い仕事ができるように進めることが大切です。
  • 転職のため仕事探しをする際に特に注意すべき求人内容…

  • 転職のため職探しをするときに特に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長めのものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料に残業代を組み込むというシステムです。(合法です)もし『みなし残業代35時間込』という記載は「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という求人になるわけです。ですが、悪質な求人は、『みなし』を表記していないこともザラですのでよく気を付けてください。