大手転職エージェントに限って、多くの案件を抱えてい・・

「就職エージェント」大手の場合、いろんな案件を持って…

  • 「就職エージェント」の大手ほど、潤沢な案件を抱えているというメリットがありますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいます。だからあなたが気になる企業を探し出したとしても、あなたの担当者が「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたより高く評価される人がいれば、そちらの人を優先することもあります。このように大規模な転職エージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っておりかなり難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントたちに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないか、と相談しておくと転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そのような活用法もあります。

  • 一般的に大業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は中々難しいものです。

  • たいてい一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。それに、都心以外だと転職の確率はとても厳しくなるでしょう。ただし、製造業の企業に関して言うと、地方の工業団地のあたりに製造工場を構えていることがはずです。そういう地方の工場の場合、事業分野の拡大する際に「途中採用」をしていることが多々あるので、このチャンスを見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、その地方の工業団地の会社を事前に仕入れておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人予定がないかちょこちょこチェックされることをお勧めします。

  • 昔は何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったの・・

  • 私が勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルにおいても色々あって大方物足りないと感じる方ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと熱心にに臨んでほしいという考えが積もり積もってそれがきっかけとなってキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得までにはお金も必要だったし勉強の面に関してもヘビーでしたが、求職者から信頼されるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

  • 在職期間中は、状況が許す限り、周りの人間に気づかれないよう…

  • 在職期間にあるときは、可能であれば、周りの人に悟られないよう、(自身の経験談ですが)前職中に転社したいという意思表示だけを早いうちに会社内で話して、反応を見たことがあります。でも、その後に求人を必死にあれこれチェックしていったのですが、結局就職先やタイミングさえも何一つ決まらないまま、ズルズルと時間だけが経過してしまいました。そしてその一方、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験し、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 派遣の会社に登録しています。インターネットサイトの中で…

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイト内で気の向くままに興味を引かれる仕事を見つけ確認してみると「そのお仕事はすでに別の人が採用されました」と返答され瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなるのですが、次の日には情報が閲覧可能になっています。それって結局私ではよくないのってことですよね。それであるならば最初からカドが立たない程度に正直に言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまたもしかしてダミーの仕事なのでしょうか?

  • 転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • 再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と思っている方も少なくありません。昔と違って転職サイトを見れば、地方の求人も容易に知ることができますが、地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

  • 現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、損をする仕組みができてきましたが、完全には程遠い状況です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。最初に、求人票などで労働条件を見えておき、それらをもとにあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、結局は答えられなかったり逃げ腰になることがよくあります。「休日」「残業」「給与」に関しては、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。

  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが本当に大好きでそれが高じて、過去には、飲食業界で仕事をしていた時期があります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。そのことが原因で、仕事をやめることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物も嫌になり、類似の店にはしばらく経った現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事を始めた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵なことですが、ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、もう一度自分自身に尋ねる必要がありそうです。

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というより・・

  • 転職とは、希望先転職先の会社企業というより、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事です。面接で良い印象を与えるために、先ずは肩の力を抜いて焦らずに対応することを心がけましょう。たとえばお見合いをする、といった気持ちでいる望むと良いと思います。とくに面接によってまずは自分の人間性をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる態度は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 新しい職場(転職先)では、「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい転職先で、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社して1年目はほぼほぼ「研修期間」が含まれていることも多いです。自身の転職して新たな仕事をした時は、苦労の末手に入った職場なのに、なんと前職の年間報酬とほぼ同じ額でした。そればかりでなく、業務内容もきつく、責任を伴い、はじめの1年は、非常に骨が折れました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できれば転職以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 転職すると、高い確率で以前の仕事の出来事は美化されます。

  • 仕事を変えると、高確率で前の仕事の記憶は大方、美化されます。本来は今の職に不満を覚えるから、前向きにやっと再就職すことになったのに、時間の経過とともにどういうわけか転職した会社よりも「前の職場のほうがよかった」と感じる機会が増えてきます。というのは自然なことで、前の職場では仕事の勝手がわかっているので今よりも楽にやるべき業務も淡々とこなせていたからというのが理由にあると思います。とはいえ「退職なんてしなけりゃよかった」と本気で後悔するほど、前の会社のほうが人間関係や居心地が良かったケースもあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための術が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報は満載になっています。そして、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えることができます。その行動とは、外国に行くことです。外国は、文化も言葉も大きく異なるので、逐一、勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。でも、退職直後はメンタルが弱気になりやすいので、心の回復のために休暇も必要です。

  • やっている転職活動中に、「かつて、こういった価値のある…

  • 今がんばっている転職する活動で「今までにこういった仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を手に入れました」と自分の実績をしっかりアピールしようと考える人は頻繁に見かけます。ですが、転職先の再スタートを狙う会社で「このようなことをしてみたい」「私が申したような内容の業務ならぜひ貢献したい」と未来の展望を話して自分をアピールする方がよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 転職活動を進めるには、相応の準備が必要となります。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要不可欠です。その中でも目に見える「ファッション」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。とはいえ、ここ数年の、企業面接については形式ばらない服装を許可している企業もあるので、「面接はスーツでなくては」と考えて出向かなくても良い場合があります。とくに会社の創設したての企業などは、厳格な規則もないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良い印象を持ってもらえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服だと、面接中に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、転職活動は企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • もしも転職を考えているなら、前もって資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしも転職を予定しているのなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。また、在職中に資格を取得するのがベストです。転職活動に有利に働くので転職先を探すのが簡単になります。といったわけで、在任期間中に資格取得をするのが一番最適です。もしもあなたが将来を見据え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも心残りなく仕事を探せます。加えて、資格を取ってからの転職先の面接の時には面接担当者に「即戦力」と見なされ、待遇も良くなる可能性があります。

  • 自分のスキルを活かしつつ、転職する場合は、比較的、転職しやすい業…

  • 今あるスキルを有効活用しながら、再就職する際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておいてください。転職の難易度が低めの業界では、人手不足が問題視されている医療・介護業界が代表例といえます。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、何かしらの理由によって他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、流動性はかなり低くなります。そのため、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、すんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけましょう。

  • 転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動するといった方法は最近人気です。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。とはいえ、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加すれば複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、説明を担当するスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに参加しようと思うなら、1次面接を受けるつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それによってフェアのあいだに企業側に必要な人材と思わせることができれば、後に応募して面接等に進む時にアドバンテージになるはずです。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎ…

  • 派遣社員というものは、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職を通じて学びました。新婚生活が落ちついたあとすぐに子供が欲しかったので、それまでの間のために数年ほど現在の職場で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員よりも給料は少なかったのですが、やはり時間的な自由が得られるのでガマンしました。しかしながら、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどのスタッフが派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。派遣社員を選択しても、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 看護師という仕事の人のほかの職業に転職を決断するキッカケは、…

  • 看護師という仕事の人の違う仕事に転職を決断する原因は、一人ひとり違います。「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって出産さらに子育てなど、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の給料に不満を感じている」など多種多様の理由が考えられます。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、改めて時間を掛けてそして客観的に見つめ直すことも重要です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考し、決断しておくと間違いありません。

  • これから転職活動しようと考えるのなら、今現在の仕事や・・

  • 転職をするのなら、今いる仕事や業務の何に不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満なことが大きいから転職したいと考えているのは分かります。でも「きちんと現状の業務や業務の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができます。