未経験である業種などに転身するときには、前職で、自分が…

全く経験したことがない分野などに転職したい時には、前職で、自…

  • 経験のない分野などに転身したいと考えているときには、前の職場で、自分が養われた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容のアピールがいるようになります。未経験の業界の場合、経験のない分その業界の経験者よりも実際のところ、不足することはありますが、自分自身が保持しているスキルがその分野でも生きるということをしっかりと相手に言えば、勝負になることも十分に考えられるのです。ですので、未経験である業界にチャレンジする場合は、その業界とこれまでに自分がしてきた職務との関連をできる限り探し出してみましょう。

  • 前は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • これまで私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。というのは、大きな「転職サイト」は、やはり都心部にある企業の求人しかないからです。であったため、転職するときには「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、掲載されるどうしても給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある人も多数いるはずです。でも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、数年以内に転職するべきか検討中の方は、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトのようにたくさんの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。企業の多くは履歴書や職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大切なポイントといえます。単に必要事項を埋めることにとどまらず記載内容を充実させることも考えてみましょう。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入してみましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが得策です。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために利用することも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

  • 今ではスマホを見ればインターネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの…

  • 今ではPCを見ればネットで見られる世界には「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが数多く点在しています。その数限りないサイトから自分が欲している転職先を見付けるためには、なんといっても情報を集めることをしましょう。こんなサイトをうまく活用することで、スムーズな転職先探しが可能です。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたいことがいくつかあります。まずはじめに派遣と聞くと電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務内容をなんとなく想像した方が多々ありますよね。はじめは私もまさにそう思っていました。現在の会社に入社するまでは電話応対と聞いていました。採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社してみると、なんと「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。これは勤めている会社でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちにもらえる場合があります。さらにもらえる失業手当の金額は辞めた月の近々の給料を基に手当の額を計算するので企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、じっとしていれば受け取れると考えている人…

  • はじめて「失業保険」を受けるとき、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が多数派ですが、それは誤りです。実は、失業保険の給付を希望通りにもらうためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、それに加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。仮に、本気で就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、アッサリと給付が見送られたり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために注意しておきましょう。

  • 再就職先を探している間は、つい時間に余裕がある分、気が緩んでしま…

  • 転職活動中は、つい時間があるため、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。が、そうした生活はできるだけ避けたほうが良いです。というのも、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、仕事をしようとする気力がわかず、お金に困ってしまうかもしれません。そんな状況になってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社がきちんと見つけられなくなります。転職先を決められないのは、もらえるお金を最優先に考えるためです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

  • 仕事の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の方が就活の際…

  • 仕事の面接で必要なスーツのカラーは、新卒の就活の時に準じている色味が暗黙の了解となっています。言い換えると、黒や紺色といったダークな色になります。それが、転職の面接においても、スーツのカラーというのはこういったような暗い感じのカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色のスーツの人は少数です。あえて言えば、たまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても黒や紺がほとんどを占めているので、人事の方から見てもそのような色が当たり前であるかのように感じます。ですから、第一印象という観点では推奨したいわけです。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるのでワクワクします。しかし、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、普段の働き方を見せてはくれないものです。例えると、ブルーワーカーなどの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に入社するまで、本来の姿はみえないものです。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、注意しておいた方が良いです。入社していない人にはもしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切無いので、万が一、勧められてもていねいに断っておくようにしましょう。

  • もし、現職からの転身を決めたのなら、あくまで周囲…

  • 例えば、現職からの転職の決定したのであれば、周囲にはその意思を伝えずに、うまく転職活動を進めていき、働いている間は可能ならば同僚に知られないように普段どおりに仕事をするのがとても良い形といえます。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、もしも良い転職先をすんなり見つけられなくても、転身を延長しながら現職に継続してもトラブルがありません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、同僚はその言葉を受けた行動をします。しかも会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あの人は転職する予定の人」と確定します。そうなってから転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人は「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じる強いられるかもしれません。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。そのため「転職エージェント」の利用が初めての人は結構ビックリするかもしれません。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事だと考えられるので、非常に積極的にかまえています。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取る仕組みのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がとれた瞬間に「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意することが重要です。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接の際に面接官から「転職の理由は何ですか?」と訊かれると思います。こういった場合、いくら正論だと思っても、以前の職場の人づきあいや働く環境に関しての愚痴を絡めた内容は、出来るだけ話すのはやめておきましょう。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が必要があるため、まずは「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」といった未来に目を向ける形が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

  • 再就職をするときに比較的重視されるのが間違いなく「面接」というものです。

  • 転職時に重要となるのが間違いなく「面接」になります。多くの場合面接では面接担当者が応募者に対し、転職の動機や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。面接担当のスタッフから「何か疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた時に緊張のあまり、慌ててしまうかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に面接官からの問いに際し、(あなたからの質問を)用意しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

  • 求人に関する情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業を見ようとしないものですが、そういった人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業の求人であったとしても、経理、人事、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に関する仕事もとても多いです。しかし、製造業の勤務場所はオフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、自分のエゴをなくすことで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

  • 転職での面接などの時にもし担当者に名刺を渡された場合・・

  • 再就職における面接などに関して担当者に名刺を差し出されたとしたら、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきかどうかとどちらが正解かわからない場合ほとんどは差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動内のことなので、大体の場合は名刺を交換する場ではありません。加えて、会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。なので、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらの方は、ただもらうだけで問題なくて、相手側に渡すことはまったくないと思います。

  • 女性が再就職する際、一昔前と今現在とは少し違ってきている点があります。

  • 女性が再就職する際、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは少し変化があるといいます。前までは面接の場で、結婚と出産についての考え方など、一般的なこととして質問されることが多くありました。ところが、現在の流れとしては、その手のデリケートな内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない会社の方が増加傾向にあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、露骨に避けるようになっています。とはいえ実際、面接する側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その人が「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思うはずです。自らの人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に表現することで、相手側も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うわけです。ということで、質問されていない箇所も先にあなたから配慮し、答えてみると良いでしょう。

  • 今の自身の勤め先や仕事内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。

  • 今のあなたの勤め先や仕事内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや能力をきちんと評価してくれない」よって、「月給は平行線だし、レベルアップの見込みもない」といった不満を挙げる人が多くいます。とはいえ、そのような不満が強すぎる人の場合、本人が自分自身のスキル・能力を過剰評価していることが少なくありません。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。そういうわけで再就職をスムーズに行うためには、本来の自分のキャパシティを知る事が大切です。

  • 「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」は一般的な事柄となってきています。でも、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。再就職するには時期を捉える必要があります。まず第一に、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、なにが嫌なのか、箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探しておきましょう。こうすることによって、転職を決断することです、そして決断したら素早く、今よりも良い仕事ができるよう、がんばりましょう。

  • 転職するため職探しをするときに注意して欲しい求人の募集内容は・・

  • 転職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、事前に給料に残業代を組み込む、といったものになります。(なお、これは合法です)もしも求人に『みなし残業代20時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」ということになるわけです。けれども、悪質な求人には『みなし』を記載していない可能性もあるのでしっかり気を付けてください。