その昔は看護婦ですが看護師は務めとしてどうしても女性比率がとても・・

看護婦という名前だった看護師という職業は、どうして・・

  • 看護婦という名前だった看護師は仕事として歴史的背景から女性比率が高い職場です。加えて、気力・体力をひどく消耗する職場ともいえます。なので、職場の環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、結婚や出産の後に仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい職業でもあります。実際、そういった問題によって転職される人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。つねにそれぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

    転職活動をするとき、色々情報収集されるとは思いますが・・

  • 転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の報復としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見ると、ウソばかりの投稿だったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。しかしながら、実際には『クロ』で「本当のことが書かれているので、火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると思っていいでしょう。何より、いい会社にはトラブルなど起こりません。

    転職期間中は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の向上を意識してお・・

  • 転職先を探している期間中は、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れるとベストです。採用が決まり、いざ仕事を始めた際に、趣味に興じていたおかげで気付かない間に集中する力が養われます。また体力アップが図れていることで、その場の社員さんたちと比較すると疲れない身体になっている、と認識します。というワケで、休職中は好きなことに没頭することと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。もしも、職場のなかであなたと同様の趣味の人と出会えれば、会話も弾みます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

    転職をしようとする時に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては…

  • 再就職しようとする時に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などについては、基本的には自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが通常です。現在の日本社会では履歴書はパソコンではなく自筆で作成するのが当たり前と捉えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実は、転職については履歴書は絶対に手書きでないといけないとは言えないのです。自筆の方を評価する場合もありますけど、違うところがずっと増えてきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でも良いケースはいくつもあるのです。

    転職を考えている時にチェックする募集要項は、だいたいのもの…

  • 仕事を探している際に目を光らせる求人内容は参考程度に、アバウトに書いてある、ということもあります。ですから、そこに記載されている情報はすべて正確であるとは考えるのはやめておいたほうがよろしいかと思います。その中でもとりわけ給料の額などに関しては、全社員を平均した給料なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?というような評価ができないケースが多く、自らの勝手な判断で読み取ってしまうと、後からそのことを悔いる事もあるでしょう。したがって、そんな風にならないためにも、求人内容はうのみにせずに、そういったようなたいへん重要な内容は会社側に直に確認を取ってみた方が妥当でしょう。

    数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないのに…

  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、すぐに退職届を提出する人が意外にも多かったりします。何故そうかと思うと私の考えでは転職先の仕事に飛び込んだものの、「自分の理想としていたものと堪えられほど違っていた」「職場環境が受け入れられなかった」といった感じで去っていくのだとか。可能ならこういった、転職先選びでしないためには、とにかく転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。具体的な業務内容、昇給システム、などあれこれ前もってチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    転職活動をしている際に、面接時に高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接で間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、率直に話してもOKですが、これとは違い転職理由について率直に伝えるのは問題です。たとえば給料に対する不満、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

    新しい仕事を探すのに、まず勤務している会社を辞めて・・

  • 転職をするのに、今の会社を退職してからと考える人もいるでしょうが、そういったときにはボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はたくさん存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で退職するというのも良い手です。ボーナスと言うものは随分たくさん入るので、もらっておかないと損をすると分かりますから、辞職する際にはいつボーナスが入るのかを知っておくほうが損をしません。

    転職サイトはメジャーなサイトであるほどたくさんの案件が掲載されているた・・

  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載数も豊富なため、入社したい2,3の会社を、ともかくメンバー登録して、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。ですが、初めに限っては登録するのが幾分大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は多少時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、初回にしっかりと準備することを心がけるのが得策です。

    再就職の際に行われる面接というのは、小企業クラスの場・・

  • 転職の際の採用面接では、零細企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるなら、これから仕事をすることになる担当者、かいつまんで言えば課長や部長クラスが面接を担当する可能性も考えられます。中でも営業職や事務職に転職する場合は資格での人の良し悪しを判断しづらいですから、積極的に自分自身をアピールしていくことが大事です。面接官から「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

    新しい勤め先で、過去の能力を存分に発揮できれば、即戦力として見なさ…

  • 新しい勤め先で、今までに培ってきたスキルを活かせられれば、即戦力として認知され、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇用先もそのような即戦力は常に必要なので、時期さえ問題なければ、そこまで難しいものではありません。加えて過去の仕事と近い内容であれば、転職は大変楽になるでしょう。但し、まずまずの能力があるといっても大手の事務職系や公務員(国家・地方ともに)は今も昔も相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

    先日転職先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

  • この前転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングをしに現れた担当の人が見た感じ入社してから間もない新入社員のようで、私が話したことの50%ほどもわかってはいない様子です。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」とか、一丁前に偉そうに言うから大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングの経験がある社員にするべきだと思います。

    このように特に昨今の雇用形態が激しく変わってきたこ…

  • このように現在の企業の労働背景の慌ただしい変移をを、34歳ぐらいまでの若い世代が特に注意してみているようです。大方、今後に備えようとしている段階のような気がします。こういった理由から就業者といった層の労働市場の「流動化」が顕著になっているため、一層、将来、若い世代以外の層にも転職の関心度が増えると予想されます。この様な情勢の中、転職することは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき転職が思ったようにいかないケースもあったようです。しかし時代が変わり今の会社に固執する意味が益々無くなったともいわれています。

    転職して職場を新しく換えるということは、自分自身に適合す・・

  • 再就職によって仕事先を一新するということは、自分自身に見合う新たな就職先に転職したいものです。自分の天職に有りつけることも可能です。とはいえ、実際に行動するとなると、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。違う言い方をすると、あなたの力量次第で、「天職」に近い転職に巡り会える可能性も高くなる、ということです。ここ最近は、「職業選択の自由」が普通に常識として認められているので、勤め先を変えても偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある現代は「使える人材が欲しい」と願う企業も増えているので、このチャンスを有効活用してみてください。

    派遣会社に登録した上で働く人が近時は増える傾向にあります。

  • 派遣会社を利用して働く人が近時増える傾向にあります。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるべく面接のときに質問しておくべきです。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいものだと2割しか労働者に還元しないということもあり得ます。面接の際にきちんと答えない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、可能な限り違う派遣会社で登録されることをおすすめします。

    将来に目を向け、楽しみながら転職活動と向き合えば、メンタル面への負担も軽減されるので…

  • 期待をもって再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。それにメンタル面が健やかな状態のままであれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、休職せずに転職先を見つけることが大事です。今ある仕事をしながら、新たな職場を探すのが良いと思います。そのうえ、隙間をつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。こうすることで、職歴の空白期間をなくせるため、将来に響くこともありません。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動をがんばってみましょう。

    現在の仕事に不安があり、転職サイトで自分の活躍の場が広・・

  • 現在の仕事に不満があり、転職サイトを活用してあなたがストレスなく働ける働いてみたいと思えるような企業情報をチェックしているのなら、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介される仕事は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないほどにとても高品質といえます。さらに、あなたの希望に相応しいものを調査しながら紹介してくれます。そのおかげで、あなたの理想の求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、かなり効率的です。そのうえたいへん確実です。

    私は20代で転職を2度行い、現在、資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。

  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、今現在は資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入は以前よりも少ないです。しかし、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、もっと学生のときに資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。資格を活かして働いている方に会うと少し羨ましさを感じたりもします。今までは、自分に自身が持てず、気にしてしまい、劣等感を感じる日もありました。しかし、結婚してから、がらりと生活そのものが大きく変化し、以前よりも将来の目標も決まり、自ずと生活が充実するようになりました。

    転職するにあたり、今働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが…

  • 転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしも自発的に退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合は即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社の1日後から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則を間違って理解している人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果ハローワークの職員さんと口喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険をもらえます。

    昔務めていた会社で嫌な感じの上司の存在に頭を抱え、とう…

  • 勤務していた会社で感じの悪い上司の存在に嫌な気分にさせられ、ついにやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同業者の別の企業に職を変えました。新しい会社では居心地よく仕事ができて非常に満足した日々でしたが、緩やかに会社の財務が悪化し、ついにはある会社に経営統合されることになりました。その統合した会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、それどころか大嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職先を探す活動を始動しています。