就職エージェントの大手に限って、いろんな案件を扱って…

大手の就職エージェントに限って、潤沢な案件を取り扱って・・

大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件があるそれと同時に転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。だから気になる企業を見つけたとしても、あなたの担当者が不可能だと判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先することも考えられます。要するに大規模な転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っておりかなり難しいので、策略を変更してもっと規模の小さなエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか、と尋ねておくと自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

たいてい大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか…

たいてい大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。しかも都市近郊部~地方となるとその確率はずっときびしくなります。けれども製造業の企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地などを工場を構えていることがはずです。さらに、そういった場所では、事業拡大などの際に人員募集をすることも珍しいことではありません。そういったタイミングに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識をまえもって仕入れておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の有無など、しっかりと確認すると良いでしょう。

私は以前かなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質においても本当に多種多様で大体の場合、物足らないと感じるアドバイザーばかりでした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと心して向かい合ってほしいという想いが高まってきてその事がきっかけで私はキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーの資格の取得は経済的な負担も増えましたし勉強の面もハードですが、求職中の人から信用されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

雇用期間中なら、可能であれば、周りの人間に気づかれないように…

就労中には、出来るだけ周りの人間に悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)前職中に転身したいという意図だけ、活動初期に周りの人に話したことがあります。とはいうものの、その顎、求人誌を必死にあれこれチェックしていったのですが、悲しいことに転職する仕事を変えるタイミングさえも何も進めていたので、ダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

今、私は派遣会社に入っています。インターネットサイトでなんとなく気になる仕事を見つけて聞いてみると「その仕事はすでに別の方で話が進んでいます」と言われ瞬間的にサイト内からお仕事の情報が消えるのですが、どういうわけか次の日には情報が閲覧可能になっています。それって要するに私ではよくないのだって意味ですよね。そういうことならば最初から変に隠さないくらいで正直に言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはまたもしかするとダミーの仕事なのでしょうか?

もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」といった形…

再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考える人が増加しています。ネット社会の今では転職サイトを見れば、地方の求人でも容易に得ることができますが、ただ残念なことに、郊外や地方での求人に関しては、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが事実、難点でもあります。したがって求人サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもしっかりチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの関連情報も見逃さないようにしましょう。

最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり、社名の公表がなされるなど、厳罰を処する流れにありますが、パーフェクトとは言い難いです。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。とりあえず、求人票などで労働条件をチェックし、それぞれの項目について聞いてみることです。ブラック企業であれば、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかされるはずです。とりわけ「給与」「残業」「休日」においては、詳細について尋ねると、渋い顔をするケースが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、変だと思ったら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

自分自身の大好き、を仕事にしたいと思っている方は要注意です。

自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが大好きでそれが理由で、前に、料理店(レストラン)で仕事をしていた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係に疲れてしまったのです。そのことが引き金になり、職場を離れることにしたのですが、同時に、好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物すら嫌いになり、よく似た飲食店には今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり向き合う必要があります。

転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより・・

転職活動といえば、希望している企業そのものより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが大事です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、ゼッタイに面接が始まる前に平常心で対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする気持ちで向かうと問題はありません。また面接がはじまるとまず第一にあなたの内面的な素質をくまなく見られるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は気をつけてやめましょう。そして常識的な社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

転職する企業で、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

転職先にて、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。一年目はほぼほぼ「研修期間」が含まれていることもケースが多かったりもします。私のときは、なんとか転職したというのに、期待に反して年間報酬が前職と大方同額だったことがあります。加えて、業務内容はとてもキツく、立場上責任を伴い、初年度を乗り越えるのにひどく骨が折れました。そのような経験から初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、極力転職するよりも前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

職を変えた際には、高い確率で以前の会社の仕事での美化されるものです。

職を変えた際には、だいたいの場合は以前の会社の仕事は多くは美化された記憶となります。実を言えば現在の会社に合意できないから、それを解決するべくやっとのことで退職を決め、転職したはずなのに、いつしか不思議なことに「前のほうがよかった」と感じます。というのはそれもそのはず、以前の職場では業務を把握していて、すんなりと毎日仕事が淡々とできていたのが、もっとも根底にあるはずです。しかし、「やっぱり退職などするべきでなかった」と心底思うほど、以前の仕事の方が労働環境や、高く評価されていた事もあります。

転社を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返しません。ネット社会の今では精神面を強くするヒントは容易に拾えます。さらには、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強くすることが可能です。たとえば「海外旅行」です。外国は、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、これまでの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いのでこれからのために休業期間も必要です。

転職活動の際、「今までずっとこういう種類の仕事を長く続けました・・

今やっている転職活動の際、「今までにこのような仕事をしました」「仕事の中でこのようなスキルを身につけました」とそれまでの自身の実績などを十分にアピールする人は多くいます。しかし、志願し1から始める組織で「可能ならこうありたい」「これこれの業務なら積極的に貢献できると思う」と未来形として自己をアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

再就職する場合、相応の準備が必要です。

転職活動にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。特に目に見える服装は気になるところだと思います。ただ、近年の企業面接では形式ばらない服装がOKな企業も多いので、スーツでなくては、と考えて面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創設したての新規の会社などは、柔軟性に富んだところが多く、スーツでいかないほうが良いイメージを持ってもらえます。さらに、フランクに話ができるメリットも。また、私服であれば面接の間に、服装について、話もしやすくなるため、面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、今から転職する際は、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

もしあなたが転職される場合は、先に資格を取得することでステップアップできます。

もしあなたが転職を考えているなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。また、仕事を続けているうちに、資格取得しておけば、転職時には有効活用することができますから、転職先の候補が増えるのです。ですから、在職中の時間が最適といえます。もしあなたが将来を見据え、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りもなく、前に進んでいけます。そして、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際即戦力として扱われ今までより待遇アップも期待できるでしょう。

自分のスキルや資格を活用しながら転職を考える際は、転職しやすい業界と…

今あるスキルが有利にはたらくように就職活動を考える際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、人手不足が問題視されている「医療・介護」がその最たる例です。医療・介護は、看護師、介護士資格が必要であるため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、様々な理由により、他業界に再就職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、安易に考えないことが重要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。ですが、転職先を確実に見つけたいのであれば、加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することで気になる希望の情報に直に触れられますし、また、常駐するスタッフ(説明員など)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加するのであれば、面接に挑戦するつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。幸運にもフェアの期間中に自分の魅力が企業に伝われば、後に面接の本番時にアドバンテージになるはずです。

派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではな…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経ったら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職活動を通じて学びました。新婚し、生活に慣れたらすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のために数年だけ今の継続で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より収入は少なかったですが、やはり時間的な自由のために、この道を選択しました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの方が10年~15年くらい勤務しているというのです。たとえ派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうすべきか、とても困惑しています。

看護師という仕事の人の他の職に転職する原因は人によって違うはずです。

それ以外の仕事に転職を決断するキッカケは、その人それぞれではないでしょうか。看護師でありながらの転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産それと子育てなど、種々の仕事環境の変化など、今までのようには働けなくなってしまった」「現在の収入面で不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と思うに至った理由を時間を掛けてそして客観的に見つめ直すことも大切です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考し、決断してみてください。

いよいよ転職を考えているのなら、今の職場や仕事の何に対して不満を感じているのかを…

これから転職することをするのなら、今の仕事・業務で感じている不満点を明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。元々不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「よく考えて現状の職場・業務の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事が容易になるはずです。