経験したことがない業種などに転職するときには、以前の業界…

全くの初挑戦の業界などに転身したいと考えているときには・・

  • 経験のない分野などに転職を行う際は、自分が以前の業界で身に付けた力やこれまでやってきたことを生かすことができるというアピールが必要になります。経験をしたことのないジャンルの場合、未経験の分その分野の経験者よりも事実、足りない部分はありますが、自分が保持しているスキルがそのジャンルでも発揮することができるということをしっかりと話すことができれば、戦えるケースも考えられます。という事で、経験が全然ない分野に飛び込む場合は、その分野と自分が今までやってきた仕事との関連を必ず考えましょう。

  • これまでの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 以前は、「転職サイト」を利用するより、私はハローワーク派でした。理由は、大手「転職サイト」は、構造上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。であったため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着という点では自分に適した職が探しやすくなります。「どんな求人があるかわからない」というイメージがある方も多少いるかもしれません。以外にも、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、この先退職後にすぐ転職活動したい方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。転職サイトのように多くのニュースレターが来ることもありません。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。多くの企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類が大切なアイテムです。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、内容を魅力的なものにすることが大事です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記載します。また、現在の職務で挙げた実績を、前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など具体的に記します。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

  • 世の中は変わっていてスマホを見ればネット上では、いわ…

  • 世の中は変化していてインターネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自分に合った転職先というのを見つけるためには、最初は情報収集が必要です。こういう「転職サイト」を上手く使いこなすことで、よりスムーズな転職先探しができます。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

  • これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人・・

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていてほしい箇所が何点かあります。まずはじめに派遣社員という言葉を聞くと、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事内容をぼんやりと思った方が多いはずです。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし働き始めると、「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とはかなり違っていたのでかなりきついです。今はとにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、…

  • 転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておきましょう。企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、今の会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。このときの、もらえる「失業手当」の額は、最後の月の給料を基準にして算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人…

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が極めて多いですが、それは間違いです。本当は、失業保険をもらうためには、仕事探しを行っている必要があり、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。因みに真剣に就職活動をしていないと思われたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、情け無用で給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために十分注意しましょう。

  • 転職の間は、つい緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。

  • 再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕があるため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。でも、そうした状況は避けるほうが賢明です。なぜならば、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも悪影響があるからです。だんだんと、働く意欲を失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そのまま、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。再就職先が決められなくなるのは、給料を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色味については、新卒の方が就活…

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色合いに関しては、新卒の方が就活の時に着る色味が一般的となっています。言い換えると、紺や黒のダークな色になります。再就職の場面においても、着用するビジネススーツの色合いはこのような暗めのカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、まれにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺色のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う採用担当の人も黒や紺色であるほうが普通です。ですから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。

  • 転職候補先で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職先で見学などがあれば、すごく勉強になります。とくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるので楽しみです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、実際の働き方を見せてくれないのが特徴です。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社するまで本来の姿は伺えないものです。なので、見学内容イコール仕事現場、と決めつけないことがとても良いです。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はかなり問題がありますから正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでない人にはもし何かトラブルが発生しても、それに対する保証も一切ないので、仮に、勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。

  • 例えば、現職からの転身を決心をしたのであれば、完…

  • もし、現職からの転業の決意したのなら、徹底的に会社の人間にはこっそりとその気持ちを悟られないように、首尾よく活動を進め、転職先が決まらないうちは、あくまで社内の人間に悟られないよう通常通りに仕事をする方がもっとも安全です。この状態を維持していれば、万が一いい転職先が簡単に見つからなくても、転身時期を延長しながら、現在の職をそのままし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周囲の人は、それに合わせて動きます。そればかりか社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと同僚からは「あの人は辞める人」という位置付けになります。そうなると、転職したい思いが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで身の置き所がないと感じるでしょう。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

  • 「転職エージェント」では、登録後、頻繁に電話やメールをしてきます。これについて初めて利用された人は大変びっくりすることが少なくありません。転職エージェントは転職させることが業務だと考えられるので、大変積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出た瞬間に、入社を強引にすすめてくることがよくあります。自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように心がけましょう。

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事から「転職の理由は何ですか?」と100%の確率で質問されます。このとき、どういった事情があろうとも、前の仕事場での労働環境や人間関係が良くなかった答えは、意識してやめておいたほうが良いでしょう。というのも、此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが正解です。あくまでも「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が必要とされます。

  • 転職活動において、要となるのが間違いなく「面接」です。

  • 転職する際、重視されるのがまぎれもなく「面接」です。大半、面接の際は、面接官が応募者に対して転職を決めた理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。面接官側が、「弊社について何か疑問や質問などはありますか・・?」と。こんなときは、面接者本人が緊張して質問を遠慮してしまう可能性もあります。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前には面接担当者からの質問に対する、質問の内容を整理しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 求人情報をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほ・・

  • 求人サイトを見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業を見ようとしないものです。そうした人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしていたりします。製造業での求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」の役職もとても多いです。とはいえ、製造業の仕事場はビジネス街から外れたエリアにあるのでそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうした事には自分のエゴをなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

  • 転職における面接などに関して担当者に名刺を渡された・・

  • 転職における面接などに関して名刺を手渡してきたら、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?と悩んだ場合は、基本的には差し出すことはないと覚えておいてください。面接というものは仕事の一環ではなく、就職活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する場とは異なります。それに加えて、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうはもらうだけで大丈夫で、相手にあげる責任は必ずしもないと推測できるのです。

  • 女性の転職に関しては、セクハラが社会問題となっている現代・・

  • 女性が転職する場合、現在とセクハラが問題視される前では若干の変化が見受けられます。かつては面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産予定などについて、普通に質問していました。ところが、最近の動向としては、その手の内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業、が増加傾向にあります。また、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。しかしながら実際、面接する側としては、YES・NO、といった形ではなく、その人の考え結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と混ぜながら言い表すことで、企業側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えます。そういうわけで、たとえ、質問されていない内容でも、あなたの側から配慮し、答えておくのが良いでしょう。

  • 今の勤め先や仕事の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

  • 今の自身の職場・業務内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身のスキル・能力が正確に評価してくれない」ゆえに、「給与のアップも、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいうものの、そんな不満を持つ人の中には、自分自身の本来の実力を過大評価してはいないか、再確認しておく必要があります。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための求人がない」と無駄にブランク期間ができることになりかねません。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職を円滑に行うためにも、自分の能力を把握することが大切です。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがあります…

  • 古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。ただ、当たり前に転職が可能だと思い込みうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。仕事を変えたいと考えているなら、まずは良い時期を図る必要があります。初歩として、今やっている職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満点を約10項目探しておきましょう。そうしておくと、再就職を決断することです、そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、行動を早めに取り、今よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。

  • 転職のため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい求人内容…

  • 就職活動をするときに注意すべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長いというものです。こういった求人内容の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間・45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、最初から給料形態に残業代を組み込んでおくというものです。(なお、これは合法です)もし『みなし残業代20時間込』という表記は「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という話になります。が、悪質な求人情報ではこの『みなし』をわざと記載していないこともザラですので注意をしておきましょう。