以前は看護婦と言われていた看護師というのは仕事と…

看護婦と言われていた看護師という仕事は、歴史的にも女性の割合がかなり大・・

  • 看護師は仕事としてどうしても女性のたいへん多い職種です。加えて、気力それから体力のかなり消耗する職場ともいえます。とうぜんのように職場の環境での人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい仕事です。実際に、そういった問題によって転職される人が多い現実があります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足になっています。常にどの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状況となっています。
  • 転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動を行うとき、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復としてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。とはいっても、本当は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、急いで炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分トラブルが発生する可能性が高くなる、と判断するのが妥当だと思います。何より、本当に善良な会社であればトラブルは発生しません。
  • 転職期間では、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活…

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にすると良いと思います。再就職先が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に没頭していたおかげでいつの間にか集中力が養われているのです。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員さん以上に体力が持続するということを自覚します。というわけで、興味のあるなことに打ち込むことと、体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。この先、その職場であなたと同様の趣味の方と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 転職をしようとする時に絶対に書く必要がある履歴書や職務経歴書において…

  • 転職をしようとする場合、絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいてですが、原則的にはパソコンを使って作るのが通常です。現代の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず自筆で作成するのが一般常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの時であって、実は、転職においては履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないと断言はできません。自筆の方を高く評価する企業もありますけど、そうではない時がだんだん増加していていますので、パソコンで作られたものでも大丈夫なケースはたくさんあるのです。
  • 職を変えようと考えている時に目を光らせることになる募集内容につい…

  • 転職をする時に閲覧する募集事項については、だいたいのもので記載されている、という事も少なくありません。ですから、記載されている内容は全部正しいとは信頼しない方がよろしいかと思います。とりわけ給料の額などにおいては、平均的な値なのか?最低限なのか?最高額なのか?というような判断ができる転職者は少なく、独断で考えてしまうと、今後、後悔することもあります。そういった訳で、嫌な思いをすることになる前に、募集内容はだいたいのものだと考えて、そのようなとても重要なことは会社に直に問い合わせるのがよろしいです。
  • 少し前に転職をやっとしたというのに、入ってすぐに退職を決断する人が…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、あっという間に辞めてしまうことを決断する人がずいぶん多いものです。何故そうなるのかと思うとおそらくリフレッシュな気持ちで職場に飛び込んだものの、「自分の理想としていた職場と大きく違っていた」「職場が受け入れられなかった」ということで退職してしまうことが多いといいます。可能ならこのような失敗を繰り返さないためには、まずは事前の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。通勤にかかる時間、昇給システム、などいろいろ前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 転職活動中に、面接時に間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。転職理由でよくある収入に関する不満、人間関係の問題など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、この企業に入社してこんな貢献をしたい、5年後はこうなっていたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 転職活動を始めるときに、まず会社を辞めてからと考える人もいるようですが…

  • 新しい職を探すのに、働いている会社の退社手続きを終えてからという方もいますが、そうであるならボーナスがいつ支給されるかについて見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業はたくさんありますけど、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが支給される時期まで少ししかないのなら、支給日を過ぎてから退職するという方法も賢明といえます。ボーナスは月々の給与と比べて多くもらえるはずなので、もらわないと損ということもはっきりと言うことができますから、会社を辞めようと思ったらいつ頃ボーナスが手に入るのかを知っておくほうが良いです。
  • 転職サイトは有名なサイトであるほど多数の案件が掲載されているため・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される企業も豊富なため、だいたい2~3社ほどともかくメンバー登録しておいて、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、さらに条件に合った案件が自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職についての情報収集を行うことが可能になります。しかし、初めだけは登録するのに多少手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの準備を怠らないことをお勧めします。
  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業であ…

  • 再就職の際の採用面接では、中堅企業クラスの場合、おおよそは「人事」が面接担当ですが、それ以外の場合もあるようです。実際に今後仕事を一緒にしていく部署の責任者、という具合に部長や課長などが面接を担当する可能性もあります。その中でも営業系や事務系の場合は、資格などという人の評価が難しいのできちんと自分という人物をアピールすることが必要であります。面接担当から「この候補者はしっかり主張するし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。
  • 新たな職場にてこれまでに培ってきた能力を存分に発揮できれ・・

  • 新しい環境下で今までの能力を活用できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に職場にも馴染めるし、人を募集している会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はうまく事が運びやすいといえます。加えてこれまでの仕事内容と似た業界であれば、転職は非常に楽になるでしょう。但し、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代に関係なく、相当な難関であることは間違いないでしょう。
  • 一昨日転職の準備をしておこうと人材紹介会社へと登録に出向きました。

  • 一昨日転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に出向きました。登録カウンセリングのために現れた担当者が見た感じ大学卒業後まもない社員のようで、私の話の3分の1も理解ができていない模様。それでいて「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを知ることが必要です」等、わかったふうに偉そうに言うので非常に不愉快でした。カウンセリングをする人はいくらかカウンセリングのスキルがある方にするべきだと思います。
  • このようにここ数年の会社や企業の労働環境が慌ただしく変わってきたこ…

  • このように今の時代の企業の雇用に対する考え方が目まぐるしく変わってきたことに際して、若者の世代は鋭く感じ取って、おそらくは、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そのため、サラリーマン・労働者の「流動化」が著しくなっているため、より今後、世代に関わらず転職の注目が増加すると思われます。労働市場の「流動化」が進むことで勤め先を変えることは至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」機能していた頃は、転職者はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。けれども、社会が変化し今現在の会社のみに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。
  • 転職によって職場を一新するということは、自分自身に見…

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に合う自分にあった職場を選んだほうが好ましいということです。勤務先、職場を変えると、あなたに向いている仕事に出会えるかもしれません。しかし、現実に行動する際は、雇用側が必要とするスキルが求められます。言い換えると、あなたのスキル次第で「天職」に巡り会える、ということなのです。現在の社会では「職業選択の自由」が社会的に認められているので、転職して転職を選んでも偏見を持たれてしまうおそれもありません。この様な情勢下では、今現在では「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業もますます増えているので、このチャンスを有効活用してみてください。
  • 派遣会社に登録して働いている人が近頃多くなっていますが…

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が規制緩和の後、多くなってきています。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中で何割が自分に入るのかを面接のときに質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い派遣会社では、2割しか労働者に還元しないということもかなりあります。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できる限り別の派遣会社を利用されることを推奨します。
  • 将来に目を向け、楽しみつつ、転職と向き合うことで、精神的に負担を感じることもないので、…

  • 将来に目を向け、楽しんで転職活動と付き合っていけば、メンタル面での負担が減るので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。またメンタルが健全な状態であれば、割と早く転職先も見つかるはずです。一番のおすすめは、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことです。今の仕事を継続しつつ、転職探しをすることが、ベストです。そのうえ、隙間のない探し方をすることで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そのようにしておけば、職歴の空白期間をなくせるため、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動を考えてみてください。
  • 今あなたが、「転職サイト」を利用してあなたのやりたい分野の・・

  • 活躍の場を広げたいと、転職サイトで自身のライフスタイルに合ったストレスを感じずに働ける仕事情報をあれこれ見ているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、エージェントが紹介してくれる求人情報は、誰でも見ることが可能な公開求人とは違ってどう比べても、比較対象にならないほどとても質が良いといえます。それから、あなたに合ったものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。だから、かなりの精度で求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、自力の力で行き当たりばったりに探していくのと比較するととても効率的です。そのうえ転職を成功させる近道です。
  • これまで20代前半で転職を数回した為、そして今、資格取得の勉強をしながら、…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、いまは資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務でないため、やはり給料は安いのですが、ですがその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。学生時代に資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと思ってしまいます。昔は、成功している人と自分とのギャップに落ち込むこともありました。現在は結婚し、過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、しあわせな生活を送れるようになりました。
  • 転職のために今勤務している会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけません・・

  • 転職する際、現在勤務している会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、仮に自らが希望して退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」の場合には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。なので、会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際にそのような誤解をしてしまった人が、その結果としてハローワークの職員と揉めているのを見たことがある。なお、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 在職していた会社で反りが合わない上司に神経を削られ・・

  • 新卒後最初に働いた会社でつらく当たる上司に頭を抱え、ついには我慢の限界を超えてその会社を退職し、ある他の同業の会社に行くことにしました。転職先の会社では人間関係で悩むこともなくとても充実した日々が続きましたが、だんだんと業績が悪くなり、結局は経営統合されることになりました。ところがその経営統合した会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がまた私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。もちろん新たな転職活動を始めるつもりです。