新卒で入った会社を辞め、転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。

新卒採用で入った会社にさよならをして決意を新たに転職しました。実際にやめる前後は、しばらくの間悩んでばかりでした。しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると転職活動を通して学び、いつの間にか以前よりも安心することが出来ました。なにより1度、転職を経験したことによってなにか体が軽くなり、「自分のやりたいこと」を見つけることが喜びになっていきました。やはり「辞めずに続けることが普通」という意見も多々ありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合、転職を決断してよかったと心の底から思っています。

再就職の時にする面接では企業側からクールビズでも大丈夫ですよ…

転職の時にする面接では企業側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズの格好は本当は悪いのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する迷いを抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、クールビズで来るように言われた面接は伝達事項を素直に聞き入れたほうが確かです。色々迷うことによって、暑い季節にスーツをびしっと着る格好をすると相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズでもOKと記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付は、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、だとしても、現実的には「会社から解放されたし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」というのが現実だと思います。なので、しっかり職を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、その場にて、求人票を見ることは必ず行ってください。心の中では探す気が無い時には、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分がやっていけそうな仕事が残念ながら今月はゼロ件でした」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。

求人についての情報を見てみると、普通の会社では月の給料が記載されているはずです。

求人についての情報を見てみると、普通の職場では月収が記載されているはずです。しかしこの月収を調べれる時には、注意して確認する事が必要です。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。何故かというと案件によっては、月収の額の中身が月15時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代の金額をトータルすることで魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。そういうわけで、こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

新しい企業の社員になりたいと転職をする活動をしている中の…

違った会社につきたいと転職活動中の場合は「ちょっとでもはやく、採用通知をものにしたい」と考えるものです。でも、そういう気持ちで通知を得たいばかりに、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、また逆に自分を過小評価につながる行動はできるだけよしましょう。大事なのは焦る感情に抑え、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く選んでみてください。

転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤務している企業からの退職があります。

転職活動における最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社から採用の内定を得ても、現在勤務中の企業が、あなたを離したくないと引き留めることも珍しくありません。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強固な信念を保つことが重要です。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。そして、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠です。

安定した生活基盤を手に入れるべく正規社員になりたいと思っている…

安定的な生活を求めるべく正規社員になりたい人は相当数いるのが現実です。けれど、即戦力として働けるようにいくら努力しても、中々正社員のためのキャリアアップがうまくいかないケースも少なくないはずです。非正規雇用者の求人募集は結構あるのに正社員の求人に執着しすぎて、エントリーしない人も多いでしょう。万が一あなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、準社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業のなかには、働き手の実力により、数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを図れるようにしている所があるからです。面接を受ける際に、こうした可能性を訊いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで残念なこ・・

派遣で就業しています。派遣法と労働契約法によりやむを得ず、長期間勤務していた就業先での勤務を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣の勤務先で正社員の位置をつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司の扱い方が上手でそのおかげで採用されたみたいです。テクニカルスキルよりおじさんに媚びるスキルの方が大事なのかなーと選考に漏れた派遣仲間の友人と職場でいつも文句を言っています。

転業を念頭に置いているなら労を惜しまずに色々な会社の…

転職するつもりなら、労を惜しまずにさまざまな会社の採用情報をチェックしておけば再就職先の選択をするときにとても役立ちます。あなたが今現在の仕事に不満足だと、本格的に転職活動を開始した時に、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そうなったら、どの会社を選択するべきか、判断が難しくなり、会社選びに失敗してしまいます。ヘタをすると、最終的には短期間で退職の道に進んでしまうので、どんな会社か見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、そういった企業でない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

派遣先の会社が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業担当の…

派遣先の会社が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当の方と就業場所付近のコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、営業担当者が店の前にいなかったので店の中に入ってみたところ、担当者はあろうことか雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのページを開いて見ていました。こんな担当者の仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと思って、その場で声をかけずお店の中から出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

こういう転職ができたという話は友達から聞いた話です。

こうした話は知り合いからの話です。始めに大学生のときの就職活動でぜひとも入社したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、そのため他の会社に就職しました。それから1年経過したぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中でA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、いてもたってもいられなくなりその時の会社を直ちに辞めて、A社で派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってそれから先どうにかA社で正社員登用され、現在では仕事のやりがいを持ちつつ楽しく働いています。

転職というものを考えるとき、そこでの年収について気にしすぎる人が…

転職というものをする場合、転職先での給与を気にしすぎる人が意外と多くいます。もちろん誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料としてもらうべく精を出しているでしょう。だから年収の額は自分自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから、当然大切なものとして扱うのは至極当然です。とはいえ、必要以上にもらっている年収額に気にかけすぎるのもさみしい気がします。年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。ただ、忙しく仕事を続けつつ求人情報をチェックしながら応募したり、面接に行くのは精神も肉体も大変です。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておきましょう。

転職の際に必須となる会社の面接に関して、やめておいたほうがよいの…

転職候補となる会社での面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、残念なことに逆効果になります。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「給与制度」などの、普通ならかなり質問しづらいことを思い切って尋ねておいた方が、最終的に確実に自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階で質問をすると、面接結果に落とされるのではないか」と懸念するかもしれません。だけども、意外と面接官からの印象もいい可能性が高いといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかしながら、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」と思わせることができます。

私たちの労働環境は、近い将来みるみるうちに短絡的な仕事は…

今後、私たちの社会的環境において今以上にシンプルな仕事は機械に変更されていき最終的には必要な稼働人口はどうしてもカットされていきます。そのワケは、単純労働という観点では人間よりも機械のほうが比べられないほど強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは、機械では当然何の苦もありません。人と違って文句を言わず、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらに、給与が発生しません。このように、労働力として生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械に移行していくのも当然といえます。

昔の求人情報では、雇用側が必要とする「性別」につい・・

昔の求人情報では、募集要項の中に「性別」まで、きちんと書かれていました。けれど最近では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用時、男女差別がしてはならないルールとなり、募集要項の条件に「性別」が無記載となりました。しかしながら、募集情報を出す会社は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。従って実際は男性が必要な企業に女性が応募してきたり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、でも採用されないといった可能性が高くなります。例えば、「女性が活躍している職場です」と記載があれば、女性を希望しているのだと認識しておく確実でしょう。

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」の業務についてです。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの出し方についてはあらかじめ確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い返すと本当に腹が立ってきます。

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、雑誌で紹介された人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思われる連絡を受けたなら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。稀にヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような業者は間違いなくイカサマなので、きっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

現在は、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだ・・

今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得のほか、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった背景もあり、「起業することは不安定であぶない」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長期に関しては先行きがみえない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員のほうが手堅いとされていました。そのため人のあるべき形として、またそれが自然のことのように一般の人々に認識されてはいました。しかし、そんな成長期は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にも言い表されています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職のための採用面接に転職したい会社へ出向きました。

転職における採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。たまたま会社にある部屋がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接を行い、その場所で解散し、面接官も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。ですから電車内でも彼とずっと話をしながら帰宅することになり、おかけで打ち解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったのか無事に採用を勝ちとることができました。