転職を行う際、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

転職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

  • 就職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、たとえそこに登録し就職できた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就業しても失業保険の給付対象にはならないので気を付けるべきです。これに対し、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職したときは、就職のための準備費用として、一時金を得ることができます。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。知らない場合は、失業中にお金を受け取れなくなるので、注意が必要です。
  • 転職をする際に面接でかなり高い確率で聞かれるのは前に働いていた会社を退職…

  • 転職をする際で絶対といっていいほど問われるのは会社を辞職したのはなぜか、という話ですがこの質問に回答する際には話の中心を辞めた会社のことにしない方が良いです。前職を退職した経緯を的にしてしまうとどうしても良くない面を伴った面接に進んでしまいますから。この点のポイントは、前の会社を辞職したのはこの職場になにがなんでも入社したいと思っていたからという感じにしたら良いということで、今、自分が面接に来ている会社の方に焦点を当てるべきなのです。その会社の内容であればマイナス面を隠し良い印象を与えることができる辞職の事情にすることが可能です。
  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職することをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では退職届けを出せたのは同年の11月です。本音を言うと、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。思ったとおりにはいきませんでした。職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり会社や上司に対して愛想が尽きました。
  • 友人や知人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。しかしながら、その職場の労働環境、それから労働条件に関する情報について、友人からの口コミだけを過剰に信じるとあとで問題です。口コミである以上、一人の個人の口コミはその人の主観に基づいているからです。要するに紹介者から見たら居心地の良い職場であっても、あなたの主観で見た場合、ストレスフルな環境があります。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 長年にわたって接客業で仕事をしていたのですが、加齢が原・・

  • ずっと接客関係で仕事をしていたのですが、加齢のせいか立って行う仕事は体力的につらくて、オフィスワークへ転職することを第一目標として行動しました。事務が未経験となると少々難しく、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけでよい人間関係を気づくのが難しい。夜の勤務ばかりさせられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅も遅いのですが、まずはキャリアを作る時期だと観念して頑張ります。
  • 転職活動のさなか、良いと思える求人(あるいは業種)を見つけたと…

  • 転職活動のとき、気になった求人(OR 業種)を見た際に100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のマイナス部分について、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を活用することでカンタンに実態を知ることができます。そのような現実を知らずに会社に入ると、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」という場合が多くを占めるため、気になった案件について、下調べをした上で応募しましょう。
  • 転職活動中はとにかく、なにはともあれゼッタイに自分自身…

  • 転職活動中はとにかく、必ずあなたの心が落ち着いているということを意識したいものです。会社で働きながら転職活動をしている場合、たいしてないかもしれませんが、退職後にするのであれば、どうしても気持ちが焦燥感が出てしまいがちです。そのため、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。自分でやってみたい業務、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に見極めましょう。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • もしも転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。さらには、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。そういったトラブルを回避するため、今の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を退職できます。そして、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、あなたが困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。業界に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりがとても重視されるので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。
  • クールビズスタイルで転職の面接に臨む場合、ジャケットに関して・・

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向く場合、ジャケットはさすがに着なくても良いとわかるのです。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が良い印象を与えます。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社も存在する可能性はあります。ですが、ネクタイだけはクールビズであろうと着用するべきだとするところがある程度存在します。ですから、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイはしていった方がベストだということは知っておいてほしいです。
  • とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。す・・

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに相手方から、面接日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、だらしのない態度で迎えられ、何とか面接が終了しました。が、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、もどかしくなり、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、再度電話した結果、「残念ですが不採用とします」、と一方的に電話が切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、内心、不採用で良かったと感じています。
  • 職場環境のせいで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい…

  • 仕事のために精神的にまいってしまい会社を変えなければという気持ちになったなら、そんな時は、職場の人と相談していくより家族と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜかというと、働くということは当事者である自分です。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料を手にしたとしても、精神がダメージを負うほど我慢して働きつづけるのは、好ましくありません。現在の社会では、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される時代です。あなたの家族や、あなたの心と体をいたわりましょう。
  • 初めて転職を行う場合、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を去らなければいけないのか・・

  • 初めて転職を行う際、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかを頭の中で整理しておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その上で現在の問題を解消できそうな企業を決めてみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、働きつつ、就職活動をやっていくことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。それがために理由を明確にせず転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまうおそれがあります。どうしても転職したい、現状を変えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動のスタートを切ることはやめておくのが無難です。
  • 転職を成功させるためには、戦略を立てながら徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、前に情報を収集することをしておきましょう。そうしようと思うのなら現在はどんな小規模な会社といえどもHPに企業の紹介を書いている会社がよくあるから、ネットの機能を使って自分が知りたい情報をチェックしておくとそれとその企業についてわからない点等をチェックしておくと転職に役立ちます。加えて公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのも効率的ではありますが、実際に何より転職の候補にしている企業を自身で確かめてみるのも意味があります。
  • 転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

  • 就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。
  • 転職にあたっては、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だ・・

  • 転職先を選ぶとき、むろんやりがいを考慮することも大事だけど給料が増えることも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録をしていろいろと研究をしています。全く一緒の会社でその上一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって広い幅がある場合も多く、ぶっちゃけて言えば面接の時質問をしたことがあります。面接官も同じサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた方も誰であるのかそこそこは察しがついているのですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 転職活動を行うにあたっては、始める前に、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで…

  • 転職活動を始めるにあたっては、予め、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして興味のある会社を調べると思います。しかし、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の「社長インタビュー」などに関しては、額面通りではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、いろいろと文句をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。ブラック企業では、この手のことが多いです。
  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも今までにない明るい動きが顕著に現れてきております。それもあって企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。ここ最近では、外国人の労働者を今よりも増やしていく、と安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 再就職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計のことなのです・・

  • 転職時の面接のときにつける腕時計については、どう見ても目を惹くような腕時計は着用しないほうが安全です。この場合の、目立つは高そうなデザインだったり、といったことだけではないのです。反対に安っぽいものに見られてしまうとか、そのような真逆で目を惹く、ということで頭に入れておきましょう。再就職の面接のときに着用する腕時計についてもポジションとしてはスーツやネクタイと一緒で、面接に適切なものを選ぶのが悪い印象にはなりません。しかしながら、年齢にあった腕時計であるということもとても肝心であって、新卒の頃にしていた腕時計よりは多少でも値段が高い腕時計にした方が好印象だとはっきりといえます。
  • 仮に再就職しようとしても何もかもが都合よく運ぶかどうかはわかりません。

  • 仮に再就職しようとしても万事スムーズに進行するという保証はありません。どうせするなら、そのうちに転職をしなくてはならないなら早いうちに転職を試みるべきでしょう。一般的には、20代のうちはかなり有利に働きますが、30代後半~40代となったあとでの転職はたいへん厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、重要な役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても思いとどまることも選択肢に残しておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に探す方が後悔することもありません。
  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件です…

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、延々と給付されるわけではありません。それまで働いていた期間に応じ、90日とか120日とか決められるのですが中にはこれを知らずに失業中である限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りつつ転職活動を始めても好条件のところを探すのは至難の業です。会社の面接官も無能では無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった内容はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。もしかすると、面接時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。