全くの未経験の分野などに転身する際には、以前の職で、自・・

初挑戦となる分野などに転業したいときには、前の会社で、自分が…

  • 全く経験したことがない業界などに転身を考えるときには、前の業界で、自分が養われた腕前ややってきたことを生かすことができるというアピールが必要になります。その業種で働いたことがない人はその分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、不足することはありますが、自分が保持しているスキルがその場でも十分に生きるということをしっかりと伝えれば、戦えるケースも考えられるのです。ですから、未経験の分野に挑む場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を必ず発見しましょう。
  • 以前の私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • 今までは、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのも大手「転職サイト」は、特性上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に根ざした情報が安心して面接に進むことができます。また、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている人もいるはずです。求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、転職したい場合は、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。大手転職サイトのように多くのニュースレターの心配もありません。
  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。ほとんどの企業は履歴書や職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類が大事なアイテムです。単に穴埋めするだけにとどまらず、内容を充実させることが重要です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入します。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば残業を何時間減らして売上は何%増やした、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを頼ることよい転職をするための有効な手段です。
  • スマートフォンは便利でネットで見られる世界では今で…

  • 最近パソコンで調べればネットのエリアには、「転職サイト」に類するものが数限りなくあったりします。サイトから自分の目的に合致した転職先というのを見つけるためには、まず、情報収集から始めましょう。このようなサイトを上手く活用することで、よりスムーズな転職先探しが可能です。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。
  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたいポイントが何点かあります。まずはじめに派遣業務については、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をなどの業務内容をぼんやりと思った人が少なくないとは思います。私もかつてはそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当する業務は電話対応になります」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に入社したとたん、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々非常に参っています。今はとにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。今働いている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。受け取れる失業手当の金額は仕事を辞めた月の近々の給料がもとになって失業手当の金額を計算するので「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくても受け取れると考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が大多数なんですが、それは誤解です。本当は、失業保険の給付を受け取り続けるためには、職探しを行っていなければならず、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。これに対し、本気で就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、決まりとして給付を一時的に止められたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう十分注意しましょう。
  • 転職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもない…

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間がある分、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。が、そういった生活をしないことがお勧めです。人というのは、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。気が付くと、働く意欲を失い、経済的に困る状況にも・・・。そんな状態になると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 転職の面接でいるビジネススーツのカラーは、新卒の就活・・

  • 転職時の面接で着用するスーツの色については、新卒の就活に着用する色味がベストです。ですので、黒とか紺色といったような暗めの色になるわけです。転職の場面においても、スーツの色味は黒系や紺系のカラーが多く、そうでない色を着用している方はほとんどいません。他のカラーで言えば、まれにグレー系を着ている人がいるくらいで、割合からしても紺色や黒色が圧倒的に多いので、面接を行う人事の方から見ても黒や紺色であるほうが当たり前のように感じます。ですから、第一印象という点では推奨したいわけです。
  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、非常に参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるため、楽しいものです。ですが、「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、いつも通りの仕事現場を見せてくれることはありません。その最たるものが、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の働き方が出ません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと解釈しないことがとても重要なのです。加えて、見学の時に実際に仕事体験できる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。正規雇用が結ばれていない場合、仮にトラブルが発生しても保障は一切ありません。仮に、勧められてもやんわりと断るようにしましょう。
  • 万一現職からの転身の決心をしたのであれば、完全に一緒に働く人・・

  • 例えば、転業を決めたのなら、完全に同僚には内密にその意思を悟られないように、首尾よく活動を進め、現在の会社に所属している間は、なるだけ同僚に知られないようにいつもどおり仕事をするのが無難です。これを徹底することで、もし仮に働き先が容易に見つからなくても、転職を先延ばしにしながら現職をそれまで通りにし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、周囲の人は、それを受けた態度を取り始めます。それどころか会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中、身の置き所がない思いををするリスクが高いです。
  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、大変びっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職を助けることが仕事だといえるので、とても積極的にかまえています。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが多いです。自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように注意しておきましょう。
  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職時の面接の際に面接担当者から「転職理由は?」と100%の確率で質問されます。その場合、どういった理由があろうとも、前の仕事場での人間関係や労働環境に関しての不満ともとれる返事は、できる限りしないことをお勧めします。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいます。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが肝要です。事実とは異なっていても、「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、此の様な言い回しが重要です。
  • 再就職する際、重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 転職する際、重要となるのがまぎれもなく「面接」になります。ふつうの面接では面接担当者が応募者に対して、転職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして必ず、面接終了の直前に次は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「弊社で働くことについて何か聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張状態で、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に面接担当者からの問いに対する、答えを準備しておくのも良いでしょう。よく考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 求人に係る情報をチェックする場合、事務系の仕事が希望だからと、…

  • 求人をチェックする場合、事務系の仕事が希望だからと、製造業を見ようとしないものです。そのような人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしているケースもあります。実際に、製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する役職も結構な数あります。けれども、製造業の職場自体、オフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。とはいえ、自らの執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。
  • 再就職の面接などの場面で担当者が名刺を手渡してきた場・・

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を手渡されたら、同じように自分も名刺を渡した方が良いのか?と悩んだときは、ほとんどの場合は差し出さないもの、と知っておいてください。転職のための面接とは仕事内のことではなくて、就職活動の一環なわけですから、一般的に名刺を交換する時間とは異なります。さらに、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手から名刺を差し出されても、こちらに関しては、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる責任はまったくないと判断できます。
  • 女性が再就職する時、ここ最近とセクハラが問題視される前では…

  • 女性が転職するに当たって、今現在と一昔前では多少の違いがあるようです。前までは、結婚の予定や結婚後の仕事について当たり前のように質問されることがほとんどでした。ところが、最近では、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける会社が増えています。特に大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。ですが実際、面接する側はYES・NO、だけでなく、その人の生き方、結婚したあとどうするか、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。あなたの人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら伝えることで、企業側にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うのです。たとえ、質問されていないことでも、あなたから気を遣って答えておくとよいでしょう。
  • 今の自身の勤め先や仕事に対する何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在の自身の勤め先や仕事内容に対して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してもらえない」そして、「給与は上がらず、出世する可能性も見いだせない」といった不満が多くを占めると思います。とはいうものの、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身の本来の才能を実際よりも過大評価している事が少なくないのです。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と就職するまでの期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから再就職を円滑に行うためにも、「本来の自分の能力」を知る事が大切です。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”という諺がありますが・・

  • 古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。とはいえ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に再就職しようと考えるなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。はじめに、現在の職場・仕事について具体的に、不満を強く感じていることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目はリストアップしてみてください。そうしておくことで、転職を決断することです、そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、迷うことなく、今よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。
  • 転職するため仕事探しをする場合に特に注意すべき求人内容は、…

  • 転職活動をするときに注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったシステムになります。(この仕組みは違法ではありません)もし『みなし残業代30時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という求人になるわけです。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですので要注意です。