新しい仕事を探す際、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

就職活動において、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 転職活動において、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋を行う会社もありますが、もしもそのエージェントに登録したことの結果として新しい会社で働くことになったとしても、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。ハローワークを使わずに就職しても給付してもらえないので後々、後悔しないようにしたいものです。他方、ハローワーク経由で斡旋された会社に就職したときは、就職のための準備費用として、「一時金」を支給してもらえることになります。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。これについて押さえていなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 再就職をする時に面接で決まり文句のように尋ねられるの…

  • 再就職をする時に面接でかなり高確率で尋ねられるのは前の職場を辞めた経緯についてですが、この質問が出た場合には前職に話題の中心を当てない方が無難です。前職を辞めた経緯を中心に話をするとほぼ確実に面接において不利なことを取り込んだ話になってしまいますから。このことを上手く話すには、どうして前職を辞めたかという点をこの会社になにがなんでも入りたかった理由があるという話の中身にしたら良いということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社に話の内容を向けていくべきなのです。自分が行きたい会社の話になるので悪い面ではなく良い印象を与えることができる以前の会社を辞めた事情にすることが可能です。
  • 『転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての以前にも増して信頼はなくなりました。
  • 人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 人による紹介で転職先を見付ける人がいます。それはいいけれどそこでの労働環境や、労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミ情報のみで過剰に信用するのは後々問題になることが多いです。口コミの中でも一人の個人による口コミ情報は主観が入ってしまうからです。紹介者にとって、今よりずっとベターな働く場所であっても、自分自身にとってはそうではない場合があります。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分の決断を信じるしかありません。
  • 長く接客関係で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるに・・

  • 長年にわたり接客関係で仕事を続けてきたのですが、加齢が原因か立ち続ける必要のある仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を頭に入れて活動をしました。事務の経験がなければなかなか厳しく、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得して個人の病院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅時間が遅くなったのですが、とにかく今はキャリア形成の時と思って仕事に励みます。
  • これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業界)…

  • 将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは職種)を見るたびにしっかり「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス要素について、教えてはもらえません。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索を活用することで一発で実態を知ることができます。そういう面を知らずに入社した場合、あとになって入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出ている理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」という場合も多いので、気になった案件について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 転職をする活動をしているときは、何よりも自身の内心・・

  • 転職活動を成功させるには、なにはともあれ必ず自分の内心がスッキリしていることを忘れてはなりません。働きながら転職活動をするのであれば、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行うのであれば、かなり心が焦燥感が出るものです。そのため、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自分でやってみたい業務、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、再度、冷静になって考えてみてください。時間を掛けて判断することで良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • 転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が一変するかもしれません。場合によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらに、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく転職のことを口にするのは考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、仕事をしている現場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうすることで、良い関係を最後まで保ちつつ、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。また、円満退職で終えられたなら、転職後も、あなたが困ったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。どのような会社も人との縁は重要なので、転職前のトラブルは、可能な限り控えましょう。
  • クールビズスタイルで再就職の面接に行くときには、さすがにジャケット…

  • クールビズのスタイルで再就職の面接を受けに行く際には、やっぱりジャケットは着用していくことはないと間違いなく断言できますが、ネクタイは面接ではつけている方が好印象を与えてくれます。ネクタイに関してもなくてもOKだとする会社も存在するケースもなくはないですが、ことネクタイはクールビズでも必ずすべきだと決めている会社が存在します。そのため、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイだけはつけて面接した方が安全であるということを分かっておいてほしいです。
  • とある古物商にて、書類審査に受かりました。2、3日…

  • とある古物商にて、書類選考をパスし、担当者から、面接日時を教えてもらいました。だが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、終始呆れるほど面倒くさそうな態度を見せて面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そこでまた問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ果ててしまいましたが、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 仕事をするにあたり、精神的な負担が大きくなり、転職せざるを得ない状況になったのなら、…

  • 職場環境のせいで回復が難しいほど精神的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより身内と話して、退職するか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どんなに報酬が良くても精神がボロボロになるほど無理して働くのは良い状況とはいえません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も認知されつつあります。ですから、あなたの家族とともに、あなた自らの心と体を大切にしていきましょう。
  • 生まれてはじめて転職をするのであれば、心がけるべきこと・・

  • 最初に転職をするにあたって、気を付けなければいけないのはなぜ現職を辞めたいかについて明確にしておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題を改善できそうな会社を選択するのです。転職活動は、学生時の就職活動とは違い、働きつつ、就職活動を続けていくことから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それゆえ問題の明確化ができていない状態で転職しようとした場合、途中で息切れしてしまう可能性もあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動のスタートを切ることはやめておくのが賢明です。
  • 転職することをスムーズなものにするには、事前の意味のある情報収集をしておきましょう。

  • 良い転職先を見つけるためには、戦略を立てながら意味のある情報を収集することをしておきましょう。現在は会社の名前を聞いたことのない小さな企業であっても公式サイトに企業のことを書いている場合が多いため、ネットの機能を駆使して自分の気になる点を調べておくとそれとその企業についてよくわからないこと等を解消しておくと転職時に助かります。公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも対策としては有効です。そのほか、インターネット以外の方法として何よりその職場を自分の目で見て確かめてみるのも意味があります。
  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接の際、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。年収400万の人が急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。仮に、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。
  • 転職を行うにあたって、むろん仕事のやりがいアップも大切だ…

  • 転職を行うならば、言うまでもなくやりがいを考慮することも大切だけどそれに加えて収入アップも大切なポイントなので「年収サイト」に登録をして前もって調査をしています。一緒の会社で全く同一の職種、経歴であるのに人によって大きな違いがあることも複数あって、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人物も誰だかある程度は見通しはついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 転職をする場合、まず、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たり・・

  • 転職をする場合、事前にインターネット上で求人サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べると思います。ところが、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって利益にならない情報を隠す能力に長けています。たとえ公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の社長の方針や社員の感想については、それを事実として見るのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は難癖をつけて、辞めさせないように画策しています。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。
  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが…

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業ともに新時代となる明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化が加わったことで、一般の企業では若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が社会問題として拡大しています。将来的に「外国人の労働者」の割合を高めていくであると現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。
  • 転職をする際の面接で使う腕時計は、目立つような腕時計はやめた・・

  • 転職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計はつけないほうが良いです。腕時計で目立つものというのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではないのです。反対にチープなものに見えるとか、そういう両極端で目を惹く、ととらえておきましょう。腕時計についてはポジションとしてはネクタイやスーツと同じようにとらえ面接するにふさわしい無難なものをつけた方が好印象です。ただ、年齢にあっている腕時計ということもとても大切なことで、新卒の時に面接でしていた腕時計よりは多少でも高い腕時計にした方が年齢に見合っているとはっきりといえます。
  • 仮に再就職しようとしても全てがうまく進行すると言い切ることはできません。

  • 仮に転職をしようと考えていても全てがうまく進行するワケではありません。もしも転職するのなら、いつかするつもりなら若いうちにできるだけ早く行動しておいたほうが良いです。それには少なくとも20代の若いうちはとても有利ですが、30代後半~40代に入ってしまうと転職結果は、とても難しくなります。要職を担当している場合、転職を意識していても現在の仕事を続けるということを選択肢から外さないほうが良いです。要するに、退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社での仕事を続けながら、転職活動されるのが賢明といえます。
  • 失業によって得られる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが…

  • 失業した人がもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りながら仕事を見つけようとしても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官もアホウでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのか位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ときには、面接の際にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。