大規模な転職エージェントほど、多くの案件を抱えてい・・

「就職エージェント」大手には、豊富な案件があるという強みがあります・・

「就職エージェント」大手の場合、いろんな案件を抱えているというメリットがありますが、一方、転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。そのためあなたが、気になる案件を見つけたとしても、あなたの担当者が不可能だと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいると、その人を優先することも考えられます。つまり大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募しがたいので、方針を変更して中小規模のエージェントに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できないか、と相談しておくと転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

一般的観点からすると大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

たいていの場合は大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。加えて、都心以外だと転職の可能性が高くはありません。とはいえ製造業の会社の場合、地方の工業団地の近所に製造工場を持っていることも可能性が高いです。そういう工場の場合、事業分野の拡大などの際に「途中採用」を積極的に行うので、その好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、希望する会社についての下調べから仕入れておきましょう。ホームページにアクセスし、求人がないかちょくちょく確認しておきましょう。

かつてかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

かつてたいへん多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルが驚くほど多様でそのほとんどはいまいちな担当者ばかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという気持ちが高まってきてその事がきっかけとなり自らキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。その資格取得のためには費用もかかったし資格取得のための勉強においてもとても大変なわけですが、就活中の人たちから信頼してもらえる人になるべく努力しています。

在職中はできれば社内の人間に気づかれないように、(自身の経験談です…

雇用期間にあるときは、状況が許す限り、社内の人間に悟られないよう、(自身の転職活動では)雇用中に「転職するかも」という気持ちだけを早い段階で周りの人に仄めかしてみました。ところが、それから、転職情報を探していたのですが、予想に反して就職する時期など、何一つ進めていたので、ダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。そして一方、会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

このところ私は派遣の会社に登録しています。

今、私は派遣会社に登録をしています。サイトの中でふと条件のよい仕事を見つけ出して確認してみると「そのお仕事はもう別の方の採用が内定しています」という答えられ瞬間的にサイトからお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になると消えたはずの情報が掲載されています。これは要するに私ではよくないのってことですよね。そういうことならば変に隠さないくらいに正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それとももしかして偽りのお仕事なのでしょうか?

もしもあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」にお・・

再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」のように、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと希望する人、実践する人が増えています。この頃は転職サイトを用いれば、国内のどの地域の求人もいつでも簡単にアクセスできます。郊外や地方での求人については、どうしても大都市よりも少ないのが難点でもあります。ですので、求人サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも頻繁に確認し、「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの情報もアンテナを張っておきましょう。

現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりし・・

現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰に処する傾向にありますが、まだまだ物足りないと考えられます。だから、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目について色々と質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になることがよくあります。中でも給与や残業や休日に対しては、質問をしつこくしていると、困った表情を見せる可能性大です。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意した方が良いです。

好き、を仕事にしたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。私が実際に経験したことなのですが、私の場合、食べることが大好きで過去には、飲食の世界で仕事をしていた期間があります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。そのことが引き金となって退職する羽目になったのですが、それと同時に、食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物さえも苦手になり、その系列の店にはしばらく経った今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の大好きなことを仕事にしたいと夢見るのは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて自分と向き合ってから行動するべきです。

転職活動のコツは企業そのものというより、人事や採用担当の面接係員…

転職活動といえば、企業とのやりとりというより採用担当の面接係員との勝負といえます。面接官に良い印象を与えるために、まずは面接が始まるときに冷静に対応しましょう。例を挙げるとお見合いをするような意識で向かうと良いと思います。面接を介して第一にあなたの人柄や人間性を評価してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職したはじめの年度は、ほとんど研修期間を入っている企業が可能性は少なくありません。自分のケースでは、労力を費やして新しい職を見つけることができたのに、悲しいかな以前いた会社での年収と大方イコールということがありました。そればかりか、業務はかなりキツく、たいへん責任が伴うもので、最初の一年を乗り切るのにひどく労力を伴いました。ではどうすればいいのでしょうか。それは、初年度は、仕事を覚える年と割り切り、出来る限り転職するよりも以前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

転職した際には、高確率で以前の仕事の美化されるものです。

転職すると、高い確率で以前の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。そもそも今の会社に問題があるから、そういった思いを解消するために退職を決め、転職を決意したはずなのに、過去を思い返すとなぜか転職した会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思えてくるのです。それというのは至極当然で、以前の職では業務を把握していて、今よりも簡単に与えられた業務もこなせていたからというのが一番の理由にあると思います。とはいえ「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と悔やむほど、過去の会社のほうがやりがいがある事も考えられます。

退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強化することができます。その行動とは、海外旅行です。海外は、文化も言葉も違うので、逐一、勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職後しばらくの間はメンタルが弱くなりがちなので、休業期間も必要です。

今励んでいる転職活動の際、「私は経験としてこのような…

今がんばっている転職活動中に、「自分は今まで、こういう内容の仕事に従事してきました」「これまでに手にした経験は、、、です」と自分自身の実績・セールスポイントをしっかりアピールする人はしばしば見かけます。ただし、転職先のその場所で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が話したような業務ならぜひ貢献したい」と未来形として自分をアピールしていったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職活動には、それなりの準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも「ファッション」を重要なことだと感じてしまいます。とはいえ、現在の企業面接に関しては私服が良い会社もあるので、ビジネススーツで出向かなくても良い場合があります。創業したての会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に良い印象をあたえます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに私服であれば、時には面接時に洋服について、話もしやすいですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。面接にトライするなら設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

もし転職を考えているのなら、転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしもあなたが転職を予定しているのなら、事前に資格を取得することで有利になります。とくに、仕事を続けながら資格を取得しておけば、転職時でそれを生かせるので、新しい仕事を見つけやすくなります。こういった理由から、在職期間中での資格取得が一番良い時期なのです。再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても悔やむことなく前に進めるはずです。また、資格を取得した後では、転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の場では担当者に「即戦力」な人材として認められ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と…

今の自分のスキルを活用しながら転職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておいてください。転職しやすい業界は、慢性的に人材が不足している医療や介護系のジャンルが代表でしょう。医療・介護系の仕事は看護師、介護士の資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今現在、医療従事者として働いている人が、理由あって他の業界に再就職したいと考えているのなら、注意が必要です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですので、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。としても、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、加えて転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、そこに足を運ぶことによって一度に複数の企業の情報を得ることができ、また、説明担当の企業スタッフから、企業の個性を伺えるはずです。転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けにいくつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果フェアの最中に企業側に必要な人材と思わせることができれば、それからあとの採用面接でかなり有利になります。

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと転職したことで気付かされました。新婚した後、生活が落ちついたらすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の会社でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、収入は少なかったですが、時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

それと違う職に「転職しよう」と思う理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人の他の職に転職に至る理由は、その人それぞれです。それを見てみると看護師の転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから配偶者のこともあって出産そして子育てさらに親の介護など、環境のいくつかの変化など、今までと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、落ちついてゆっくりと再度、現状認識をしてみることも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。

そのうちでも転職活動を希望しているのなら、今の業務や業務…

今からでも転職することを予定しているのなら、今の職場の何に不満があるのかを明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らない点があるからこそ、転職しようと思われているはずです。でも「今の仕事の客観的に考えた問題を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は抑えることはできると思います。