未経験の分野などに職を移そうとするときには、前の職場で、自・・

初挑戦となる業種などに転業する際には、以前の職で養われた腕・・

  • 全くの初挑戦の業界などに転職したいと考えているときには、以前の業界で育んできた力や経験を発揮することができるという内容のアピールがいるようになります。未経験の業種の場合、その分だけその業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、損にはなりますが、自らが保持しているスキルがそこでも生きるということをうまく相手に話せれば、勝負になるケースは多くあります。という事で、経験のない業種に挑むときには、その業界とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりをできる限り考えましょう。

    以前は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • 今までの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。その理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。そのために、転職をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、求人募集をしているいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、地域密着型なため、自分に適した職が探しやすくなります。「ハローワークは地味なイメージがある」というイメージがある方も多いかと思います。有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、この先転職を本気で検討しているのなら、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」みたいにたくさんのお知らせやメールの心配も無用です。

    転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必須です。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。大多数の企業は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、なによりもこれらの書類の作成が重要といえるでしょう。ただ記入するだけでなく、内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記載します。さらに、現在の職務で挙げた実績を、たとえば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく記載しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのために活用をはかることもよい転職をするための一つの手です。

    最近PCやスマホを見ればネット上では、今では「転職サイト」に類するもの…

  • 世の中は変わっていてPCで調べればインターネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに点在しています。その数限りないサイトから自分自身にあった転職先というのを見付けるために、まず、情報を集めることから始めましょう。このような転職サイトをきっちり利用することで効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

    これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えてほしい点が何点かあります。まず派遣に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事を連想される方が多いはずです。最初は私自身もそのように思っていました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応がメインです」と説明を受けました。ですが、実際に仕事に就くと、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々かなりきついです。今はとにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。

    転職活動をしていく人で、次までの仕事にある程度期間がある・・

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが働いている会社側できちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。失業手当の金額は最後に働いた月の給料を基準に手当の額を割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

    生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が極めて多いですが、それは誤解です。実のところ、きちんともらうためには、求職活動を行わなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンで担当者に就職活動の状況を報告して真剣に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。対称的に、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、強制的に給付を一時的に止められたり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

    転職の間は、ついつい時間が有り余っている分、気が緩んでしま…

  • 転職期間中は、知らず知らずのうちに時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。・・であったとしても、そうした過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。というのも、気の緩んだ、ダラけた生活が普通になると、「精神的」も不健全な状態になるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲を失い、生活ができなくなり困る未来がやってきます。そのまま、負のサイクルができてしまい、次の勤め先が決められません。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を目指すためにも、だらけきった生活は、しないように気を引き締めましょう。

    転職の時の面接で着るビジネススーツのカラーにおいては・・

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の方が就活の時に着用する色味が一般的です。言い換えると、紺や黒のダークな色になるわけです。それは再就職の場面においても、着用していくビジネススーツの色味はこういったようなダークカラーが多く、そうでない色のスーツの人は圧倒的に少ないです。強いて言えば、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、全体的には紺系や黒系のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事側からしてもそのような色であるほうが普通のように感じます。ですから、第一印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。

    転職候補先で見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、すごく勉強になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しみです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、普段の仕事現場を見せてくれることはありません。例えると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社してみないと、実際の姿は伺えないものです。ですから、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがたいへん重要なのです。さらに、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、言語道断といえます。雇用契約を結んでない人には何かあっても、保障が一切ないため、仕事体験を勧められてもやんわりと断ることが大事です。

    例えばあばたが、現職からの転業の決心を固めたなら、あくま…

  • 仮に、現職からの転身の決意したなら、徹底して周囲の人にはひそかにそれを言わずに、首尾よく転職活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、できるだけ周囲に悟られないよう平常通りに振舞うのが妥当です。その状態をキープしておくと、もし仮に希望に沿う転職先を容易に見つけられなくても、転職時期を保留しながら、今の職を継続しても容易にできます。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と口にすると、周りの人は、その言葉に合わせた動きを取ります。さらに会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。しかし、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、肩身の狭い思いををするリスクもあるでしょう。

    転職サイトに一旦登録すると、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。これに関して初めて利用する人は非常にビックリされると思います。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なので、とても積極的な姿勢でいます。中でも特に大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。また、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることがよくあります。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように心がけるようにしましょう。

    転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるのは間違いありません。この時に、どのような事情がであれ、前の職場の人間関係や労働環境に関しての不満を絡めた返答は、絶対に控えましょう。というのも、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのがかなり大切で、正直な理由でなくとも、「新しい職場ではより一層キャリアを生かせられるように、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったようなアピールの仕方が求められます。

    転職時、比較的重視されるのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職をする場合、かなり重要なのがまぎれもなく「面接」である。よくある面接では応募者に対して、転職を決めた理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できます。例えば、「我が社について何か疑問や質問などはありますか・・?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後々後悔しないように前もって面接官からの問いに対する、質問の内容を用意しておくのがベストです。冷静になればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

    求人を見る際、オフィス系の仕事がしたいからと、製造業はチェックしない人がいます・・

  • 求人をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をスルーしてしまっています。そういったことをしている人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署もかなり存在します。ですが、製造業の勤め先自体、オフィス街から外れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。ですが、自身の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

    転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された場合…

  • 再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されたら、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきかどうかと悩んだら、一般的には渡すことはないと考えておきましょう。面接は仕事の一環ではなく、職を得るための就職活動内のことです。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする場ではありません。それに加えて、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらとしては受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方に渡す義務はまったくないと考えられます。

    女性の再就職は、数年前と現在とは若干の変化があったりします。

  • 女性の転職において、今日と数年前では多少、状況が変わりつつあります。前は面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などについて、自然に女性に質問していました。ですが、今現在の流れとしては、その手の内容は、セクハラと会社側が捉え、聞くのを避ける会社が増えています。そして、名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経質になっているといいます。けれども実際、面接する側は〇か×の2択でなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を当然、把握しておきたいとは思うはずです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して表現することで、面接官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思います。なので、質問されていない部分も、あなた自身から気を遣って答えてみると良いでしょう。

    今現在の自身の仕事や職場に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 現在の仕事や勤め先に関して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身のスキルや能力を適正に評価してもらえない」さらには、「年収は平行線だし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった内容が多いように見受けられます。とはいうものの、そのような不満が強すぎる人の場合、自分自身の持っている才能を実際よりも過大評価している事が少なくないのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と中々就職先が見つからないおそれがあります。という事態に陥りがちです。なので転職で成果を上げるためには、本来の自分のキャパシティを厳しい目で客観的に評価してみてください。

    古来より「石の上にも三年」というコトワザがあります…

  • 日本には古来より”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。とはいえ、「転職」が当たり前になったからといっても、甘い考え方は禁物です。実際に再就職しようと考える場合、タイミングを図る必要があります。とりあえず、今現在の職場、仕事内容について、不服に思う点を約10項目リストアップしてみてください。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、早めにより良い仕事ができるように進めることも大事です。

    転職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人内容…

  • 転職のため職探しをする際に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが多々見受けられるます。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間という風に求人の内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を含んでおく、といったシステムです。(なお、これは合法です)もし『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という意味になります。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。