全くの初挑戦となる業種などに転職したいと考えているときには…

経験のない業種などに転業したい場合には、自分の以前の仕事・・

初挑戦の分野などに転業をしようとするときには、以前の職場で、自分が身についた腕前や経験値が生かせるというアピールがいるようになります。働いたことのない分野の場合、その分その分野で経験してきた人たちよりも正直、不公平な状態になりますが、自らの持っている力がそこでも生きるということをしっかりと伝えれば、戦うことができることも考えられます。それゆえに、未経験のジャンルに飛び込む場合は、その業界とこれまでに自分がしてきた仕事とのつながりを必ず発見しましょう。

前は職探しをする場合は「転職サイト」より、主に「ハローワーク」を利用していました。

かつての私は、新たな仕事を探す時はいつも「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、やはり都心の求人情報しか掲載していないからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人よりどうしても給料や労働条件で差がありますが、古くから地域密着型なため、安心して面接に進むことができます。ですが、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると先入観を持っている人が多いかもしれません。思いもよらず、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、そろそろ転職したい場合は、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。有名な転職サイトみたいにこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。多くの企業は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されていることによって面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事になってきます。単に文字を書くだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大切です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入しましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記載しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用することも有効な手段です。

どうもPCを使えばインターネット上には、今では転職系のサイトが…

この頃はPCやスマホを使えばわかるけどネット上には、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するものが無数に存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分の目的に合致した転職先を見付けるためには、とりあえず情報が大事ですから収集から始めましょう。こんな転職サイトをきっちり活用することで、よりスムーズな転職先探しが可能です。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてほ…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてもらいたい箇所が数点あります。なんとなく派遣社員と聞くと「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりとイメージする人が多々ありますよね。最初は私自身もそう思ってました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。しかしいざ入社したとたん、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めをやってくれと言われました。何をしていいのかもよくわからず、求人表だけでは、日々全くわからないような内容でしたので、現在は、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそう…

これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当はあなたが勤めている会社でしっかり「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取れることもあります。このとき、支給される「失業手当」の額は、辞めた月の直近の給料を基準にして支給する額を計算されるため、勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

生涯初の失業保険を受ける際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

生まれて初めて失業保険を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が多数派ですが、それは誤解です。本当は、きちんともらうためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていると判断されれば翌月、保険が給付されるシステムです。対称的に、きちんと就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、強制的に給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意してください。

転職先を探している間は、つい時間に余裕がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。

転職期間中は、ついつい時間があるため、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。けれども、そんな過ごし方は危険です。人間というのは、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。気づけば、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困ってしまうかもしれません。そうして、すべてにおいて悪循環になり、次の仕事をなかなか決められなくなります。再就職先が決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしまうからです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。

転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の就職・・

転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の方が就活の時に身に付ける色合いが基本です。言い換えると、紺や黒のダークな色味、ということになります。それが、再就職のケースであっても、スーツのカラーというのは黒系や紺系のダークカラーが大方を占めそうでない色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、グレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、一般的には黒系や紺系が多く、人事の方から見ても黒や紺色のスーツの方が普通です。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめです。

転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。特に、「職人」がいる会社は、スキルを近くで見られるので楽しくなります。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、いつもの仕事風景を見せてくれることは少ないです。その最たるものが、ブルーワーカーなどの職種です。この職種では、個人のプライドが強いので入社後でないと、本来の姿がわかりません。なので、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん重要なのです。加えて、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社は、倫理的にアウトですし、気を付けるべきです。雇用契約を結んでいない人には万が一問題が起きたとしても、保証も一切ないので、仮に、勧められてもやんわりと断ることが大事です。

仮に、転業を決断したなら、徹底的に社内の人にはこっそりと…

万一転業の決心したなら、周りの人間にはこっそりとそれを言わずに、転職活動を進め、転職先が決定していないのなら、徹底して会社内の人に知られないように淡々と仕事をする方がとても利口です。転職先が決まっていない間、その点を認識していれば、万一希望に沿う転職先をすんなり見つからなくても、転職時期を延長しながら現在の仕事をそれまで通りにし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、同僚はそれを受けた態度を取り始めます。辞めると一度言ったら社内では一気に「あいつは退職する人」という位置づけになります。しかし、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、肩身の狭い思いををする可能性が高いです。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、頻繁に電話やメールをしてきます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が何度も入ります。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、結構驚くケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だといえるので、大変積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させることが多々あります。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れたその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように要注意です。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

転職のための面接では注意する点があります。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、かなりの高確率で聞かれます。その際、どんな理由があっても、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」についての愚痴やトラブルを絡めた回答は、出来るだけ話すのはやめておきましょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが正解なため、とにかく「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のような未来志向での返答が重要です。

再就職では、重視されるのが「面接」である。

再就職において、とても重視されるのが「面接」です。普通、面接の場合は面接担当者が当人に対して転職を決意した経緯など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から、面接担当の人へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接官から、「弊社に関して何か疑問に思うことはありませんか?」と。と聞かれたときに面接者本人は急なことなので何も聞けずじまいになる可能性もあります。そうならないためにも、面接の前には面接官からの質問に対する、質問の内容を考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

求人に関係する情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人関連の情報をチェックする際、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業をチェックしていなかったりします。そんな人は「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。製造業の求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に属する職も結構な数あります。製造業の勤め先自体、オフィス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと言う人もいるかもしれませんが、そうだとしても、自らのこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された…

転職の面接などの場面でもし名刺を渡された時、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだときは、おおむね差し出す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接は仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから大体は名刺をやりとりする時とは異なります。それに加えて、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。要するに、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらとしては、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手に渡す責任はないと思います。

女性の転職については、数年前と現在と若干、変化があるといいます。

女性の転職については、一昔前と今現在とは少なからず、違いがあります。前は面接の際に、結婚の予定や出産予定などに関して、自然に女性に質問していたのですが、現在の流れとしては、こういった内容は、セクハラに該当するとして質問しない会社が増加傾向にあります。そして、名の知れた大企業の場合は、かなり神経質になっています。が、会社側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の生き方結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っているものです。自身の人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと併せて話すことで企業側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。というワケで、たとえ、質問されていない箇所もあなた自身から気遣いながら答えておくとよいでしょう。

現在の自分の勤め先や仕事内容に対して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在の職場や仕事に対する不満の中に、「自分の持っている資格やスキルをきちんと評価してくれない」それゆえに「給与は上がらず、昇格の見込みもない」といった不満が多くを占めるでしょう。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、本人が自分自身の本当の才能を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と休職期間が伸びるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性があります。なので転職活動を円滑に行うためにも、自身のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

古来より”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

「石の上にも三年」というコトワザがありますが、昨今、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験する人が増え、当たり前になりつつあります。ですが、誰もが簡単に転職できる軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職するつもりなら、時期を的確に捉える必要があります。初歩として、今現在の職場、仕事について具体的に、何が不服なのか、何が不適なのかを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きにしてみましょう。そうすることで、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、尻込みせず、今より良い職を手に入れるべく自分なりに努力してみてください。

転職するため職探しをする場合に気を付けて欲しい募集内容は…

転職するため仕事探しをする場合に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが少なくありません。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料形態に残業代を入れて計算しておくということです。(この仕組みは合法です)仮に『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れれば、この給料です」という意味になります。ただし、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』という言葉自体がないことも少なくないので気をつけましょう。