以前は看護婦と呼ばれていた看護師という仕事は、どうし…

看護婦と呼んでいた看護師という職業は、女性比率がとても大きい…

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師は仕事としてどうしても女性の割合がすごく高い職場です。知られていると思いますが気力、体力ともにひどく消耗が激しい傾向にあります。したがって職場の環境での人間関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産などのイベントで仕事とプライベートとの両立が難しい職業ともいえます。実際、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況になっています。つねにどの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であり、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

    転職をするにあたっては、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、…

  • 転職する場合は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。ですが、本当は『クロ』で「これではいけないと思い、はやく火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になるリスクが高くなると判断して良いでしょう。というか、本当にいい会社であればトラブルは起こりませんから。

    転職期間では、趣味に打ち込むことに加え、体力を損なわない生活をしてお・・

  • 転職期間中は、自分の趣味に時間を使ったり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いです。再就職先が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に没頭していた影響で、いつの間にか集中力が養われているのです。また体力アップが図れていることで、その場の社員と比べるとスタミナがあると自ずと認識することができます。なので、休職中は興味のあるなことに打ち込むことと、体力アップを図ることをしておいて損することはありません。そして、その職場であなたと共通の趣味を持つ人と知り合えたのなら、すぐに仲良くなれるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

    再就職しようとする時に絶対に用意しないといけない履歴書などについてです…

  • 転職をする場合用意する必要がある履歴書においてですが、ほとんどは手書きではなく、パソコンを用いて作成するのがほとんどです。今の日本社会では履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で書くというのが普通だと考えられていることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、転職の際は履歴書は100%手書きじゃないといけないと言い切ることはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書を高く買う時もあるようですが、違う場合がだんだん増えてきますから、パソコンで作られたものでもよろしい会社はかなりあるのです。

    再就職を考えている際に注意を向ける求人情報については・・

  • 再就職をする時に閲覧する求人というのは、参考程度に、アバウトに書いてある確率もあり得ますので、掲載されている情報は何もかもが正しい情報だとは思うのはやめておいたほうが最適でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料の額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見解ができる人は少なく、適当な判断で考えてしまうと、後悔することになる可能性もあり得ます。そのため、そうならないためにも、求人情報に関しては、参考程度に考えて、そういったとても重要なことは会社の方に直に問い合わせるのが好ましいです。

    ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、早期に退職を決意してしまう人…

  • 少し前に転職したばかりであるにも関わらず、あっという間に退職届を提出する人が意外にも少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみると私の考えをいうと自分自身に合った仕事を見つけたというのに、「自分自身の想像していたものとおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」と考えて退職してしまうことが多いようです。できればこういった、転職先選びで避けるためには初歩として、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。通勤時間、給与システム、など多角的に前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

    転職活動をしていて必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていると、面接で絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。転職理由でよくある待遇に納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この企業に入社してこういうことをしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

    転職をしようとするときに、とにかく勤務中の会社を辞職してか…

  • 転職をしようとするときに、今の会社を退社してからという考えを持つ人もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスの支給時期を確かめておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はそこら中にありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが手に入る日が近づいているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞めるという考えもうまいやり方です。ボーナスは少々大きい額になると思うので、手に入れておいた方がいいとも言えるでしょうから、この職場を辞めようと思ったらボーナスが支給される日についてまず確認しておいた方が賢い方法です。

    転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される案件の量も多いので…

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される企業も豊富なため、興味のある2,3の会社を、まずは転職者登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、あとは条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報を集めることが可能です。しかし、最初に限っては登録するのに本当に時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を怠らないことを心がけましょう。

    転職の際に必ず受けることになる面接では、規模の小さい企業であれ…

  • 再就職の際の面接は、小規模業者だったら大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、別の場合もあるようです。実際にともに仕事をしていく現場の一番偉い人、かいつまんで言えば課長や部長クラスが面接担当になる可能性もあります。その中でも事務系や営業系などの部署に転職するのなら、資格での判断がしづらいですから、きちんと自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。担当者から「この男はハッキリ自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

    新しい職場で、これまでに培われてきた資格やキャリアを発揮できれば、…

  • 新しい勤め先で、これまでに培われてきた能力を活かせられれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場にも馴染めるはずです。また会社側も、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。それに加えて今までの仕事と似た仕事内容なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。但し、まずまずの能力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、今も昔もかなりの競争率であることは間違いないといえます。

    先週人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に向かいました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員で、私の話の2分の1もわかってはいない様子です。さらに悪いことに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、わかったように横柄に話すから大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人を経験している方にしてほしいです。

    このように今現在の雇用形態の変化に当たって、社会人の中・・

  • このようにここ数年の企業の労働背景が目まぐるしく変わってきたことについて34歳ぐらいまでの若者たちが特に興味を持って見ているようです。自身の将来を見据えた動きなのでしょう。従って、サラリーマンや労働者の労働力の「流動化」が活溌になっているので、次第に将来、若い世代以外の層にも転職の関心度が強くなっていくのだと思われます。このような事情から、一つの会社に縛られない生き方はますます身近となるのは間違いありません。まして、今までは「転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、それで損してしまうこともあったのです。ところが、社会的な変化とともに現在の会社だけに執着する必要が益々無くなったともいわれています。

    転職して勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適す…

  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に見合う再就職先を見つけたいものです。勤務先、職場を変えることによって、自分の向いている仕事に出会うかもしれません。でも、デメリットもあって、即戦力となりうる能力が求められます。表現を変えると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に出会える可能性がある、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が普通に常識として受け入れられているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれてしまうおそれもありません。この様な情勢下では、現代は「とにかく良い人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、この好機を有効活用してみてください。

    派遣会社に登録して仕事をしている人が近時増えてきています…

  • 派遣会社に登録して働く人が規制緩和の後、増えています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかをできる限り面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、悪質な業者の場合、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合もあり得ます。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるべく違う派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

    楽しく過ごしつつ、転職をすることができたら、精神的な重荷を抑えられるので、…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動ができれば、精神的な負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。それにメンタル部分が良好な状態であれば、直ぐに転職が出来るでしょう。もっとも良いのは、やはり、休職せずに新たな勤め先を見付けることが大切です。一番は働きながら次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがもっとも良いです。おまけに、ブランクをつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そのようにしておけば、職歴に空白期間ができないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

    あなたが今、「転職サイト」で自分の活躍の場が広がる将来性のあ…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトであなたの能力を思う存分発揮できるような魅力的な仕事を探しているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。それは、比べようがないほどにとても高品質といえます。かつ、あなたの希望に相応しいものを調査した上で紹介してくれます。だから、かなり高い精度で理想に近い自身の職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自力で最初から調べるのと比べればとても効率がいい。そのうえ使ってみる価値はあります。

    これまで20代前半で転職を数回した為、今現在はいくつか資格を取得するため…

  • 私は20代までに転職2回で、現在は資格を取るべく「派遣社員」を選択しています。フルタイムの勤務とは違うのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、資格を活かして働いている方に会うと私もこうなりたかったと思ってしまいます。以前の私は、自分と他人をどうしても比べてしまい、肩を落とすこともありました。今では結婚をキッカケに随分と生活そのものが大きく変化し、その中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。

    転職するにあたり、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません・・

  • 転職のために現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分の意思で退職届を出して会社を去る、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してハローワークのスタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。ですが、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業が認定されれば直ちに失業保険を受け取ることができます。

    勤務していた会社ですぐにきれる上司に悩みを持ち、とう・・

  • 勤めていた会社で意地の悪い上司に憂鬱な気分にさせられ、その結果仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業他社に変えました。そこでは上との関係も良好で仕事ができ非常に満足していましたが、だんだんと業績が悪くなり、ついには経営統合されました。偶然にもその経営統合した先の会社がなんと前勤務していた会社で、その上反りが合わない上司がまた私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがもう一度転職活動を始動しています。