新卒採用で入った会社を辞めて、転職を決意しました。

新卒採用で入社しましたが、思い切って転職しました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、転職を決断しました。実際に行動する前は、しばらくの間将来のことを考え不安になりました。ですが、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動を通して理解し、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。転職を経験したことによりふしぎなことに気持ちが楽になった気がして、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が充実したものになりました。やはり「続けてこそ意味がある」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私自身、転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 再就職の時にする面接での身なりはクールビズでお越しくだ・・

  • 転職時の面接での身なりはクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズで面接に行くのは良くない印象を与えるのではないか?と思いがちです。クールビズの悩みを抱えている方にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされているのなら、伝えられていることを実行したほうが確かです。疑心暗鬼になってしまい、夏真っ盛りの時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと自然ではありません。ですから、クールビズ可と言われたらクールビズで構わないのです。
  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」していることが必要なのです。

  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。けれども、実際は「会社に行かなくて良いし、しばらく遊びたい」と考えるのが現実だと思います。なので、ちゃんと就職活動しているように見せることができるので教えておきます。月イチの「ハローワーク」での面談は当然になりますが、その場にて、「求人票」をチェックすることを最低限やってください。本音では探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念ながら今回はありませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙えば良いです。
  • 求人についての情報では、まともな企業では月の給与の記載に目が行きますよね。

  • 求人についての広告には、大部分の場合はたいていの株式会社では月収が記載されているはずです。しかしこの月収の項目を確認する時には、深く確認する事が大事です。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないほうが無難です。何故かというと場合によっては、月収の中身が月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。また、基本給プラス歩合給で、歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあったります。そういうわけで、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。
  • いい会社につきたいと転職活動をする大半は、「1日でも早く・・

  • 転職活動をする人というのは、「はやく、内定が手に入れたい」と思っているものです。ですが、そのために通知が欲しいあまり、自身をより大きく見せたり、あるいはその逆に自分を安売りしてしまう売り込みをするのはゼッタイにしないようにしましょう。焦る感情にぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く選択してみましょう。
  • 転職活動をする上での最後の難関として、今勤めている会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後の問題として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社が決定しても、今いる企業が退職を引き留めに掛かるかもしれません。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強固な気持ちを保つことが必要でしょう。仮に引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をきちんと作成しましょう。そして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社という形をとることも転職活動の大事なポイントです。
  • 安定的な生活を求めるべく正規の社員になりたいと思っている人…

  • 安定的な生活を手に入れるべく正規の社員になろうとしている人は多いと思います。ですが、かなり頑張っても、正社員のためのキャリアアップが叶わないこともあるでしょう。派遣社員の求人情報は充実しているのに、正社員の求人情報に固執し、応募しない人も少なくないでしょう。万一あなたが正社員としての転職が難しいのなら、派遣社員の募集もチェックしてみましょう。企業の一部は、会社に貢献することができれば、2,3年で正社員へのキャリアアップができることもあるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておくと人生設計が立ちやすいはずです。
  • 派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のせいで不本意・・

  • 派遣社員として働いています。労働契約法の関係で残念ながら長い期間働いた就業先での仕事があと数週間で終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先で正社員のポジションを得た方もいるのですがぶっちゃけた話仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいがうまくてそれで採用された様子。業務上の能力よりもおじさんに媚びる能力の方が大事なのだろうと他の派遣の同僚と毎日不満をたれています。
  • 転職を近いうちにするつもりなら、多種多様な企業の採用・・

  • 転職するつもりなら、多くの企業を普段から調べておくと再就職先の判断が大いにしやすくなります。今現在の職場に満足していないケースでは、転職活動を開始したとき、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そのような状況下では、どこを選択すべきか判断できなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。ヘタをすると、ごく短期間で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性を重視する企業は、取引している会社情報を開示していますし、反対にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。
  • 派遣のお仕事が決定しました。最初の勤務日に営業を担当している・・

  • 派遣での仕事が決定しました。就業1日目に営業の担当の方と派遣先の会社に近いコンビニで落ち合うことになっていたところ、担当者がなぜか約束のお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと考えコンビニの中に入ってみたら担当者は驚くことに雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで卑猥なグラビアページを開いて閲覧しているのを発見!こんな人が自分を担当するなんて勘弁してほしいだと思って、その場で声をかけることなく気付かれないようにお店を出て速攻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。
  • これは知り合いの話です。就職活動を始めて新卒採用でなにがなんでも就職したかった…

  • こうした話は兄の話です。新卒でなにがなんでも就職したかった目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になり、その後仕方なく他の会社に入りました。それから数年経過した頃に派遣の求人サイトでたまたまA社の紹介予定派遣の求人を発見して、どうにかしたくなり当時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣就業を開始、勇気がありますね。真面目に頑張ってその結果なんとかA社で正社員として働くことができ、現在では仕事のやりがいを持ちながら楽しく勤めています。
  • 転職というものについて考えた場合、そこでの年収を気にしすぎる人・・

  • 転職を考えるとき、転職したあとの給料ばかりに気を取られる人がかなり多いものです。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与としてもらうために働くでしょう。年収というのは自分の評価という見方もできますから、とうぜん大切に思うのは至極当然です。とはいえ、必要以上に年収の額に気にかけすぎる人生というのも悲しい気がしませんか?よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な成長を遂げられるチャンスは多々あるからです。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。けれども、忙しく働きつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神も肉体も大変だといえるでしょう。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の連絡が来た後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく自分で直接、応募したとしても応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しなければいけません。
  • 転職の際に欠かせない企業の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです・・

  • 転職先での会社の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと無理に猫かぶりしていると、正直なところ不採用となる可能性が高いです。そうなる前に例に挙げるならば面接の際は「報酬」などの、多くの人がかなり質問しづらい内容を勇気を持って尋ねておいた方が、最終的に間違いなく自身のためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に不利になるのではないか」と懸念するかもしれません。だけども、意外とマイナスの結果をもたらす場合が多いようです。この手の「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実際には、多くの人が気になっています。その反面、多くの人が気を遣ってはっきりと聞けないものです。そこで、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。
  • この先、ますます思考を必要としない仕事は機械化が進歩してい…

  • 私たちの社会的環境において、これからぐんぐんと短絡的な作業は機械によって結果、労働力はどう考えても減らされてしまいます。というのも、単純な仕事は機械のほうが圧倒的に能力が高いからです。数量を計測したり、同一の動きをリピートしたりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って文句は言わないし、疲れもしない、横着をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、おまけに給料が発生しないのも違いですね。こういったことから、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に置き代わるのも自然といえます。
  • 数年前は求人誌には、「性別」が明確に記載されていました。

  • 数年前は求人誌では、「性別」が書かれているのが一般的でした。しかしながら現在では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用する際、男女の差別がないようにしないといけない事が決まり、応募条件のなかに「性別」を明記できなくなりました。とはいえ、求人情報を出す企業は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。現実問題として、男手が必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例として、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されていたら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と読むのが良いでしょう。
  • シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人を…

  • これはシフト制のある仕事についてです。一定の曜日に働ける人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については前もって確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は出産のため抜けた人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば腹が立ってきます。
  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。特許出願の経歴がある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を出したことのある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人を対象に、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる誘いを受けたなら、そういったことが無かったか考えてみましょう。稀に「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものはおそらくは嘘なので、引っかからないようにしましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • この頃では、株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。

  • 昨今では、株・不動産投資などの不労所得で稼いだり、起業を目指す人も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「起業することは不安定であぶない」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長時代には、安定しない自営業や株式よりも組織の一員であるほうが堅実であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認知されてはいました。そんな時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」と言われています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。
  • 転職の採用面接を受けるため向かいました。

  • 転職の採用面接を受けに希望先の会社へ行きました。たまたま社内の面接に使える部屋が空いていないとのことで外の場所で面接をする方と待ち合わせて面接を行い、その場所で解散をして、面接官も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、驚くことに下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車の中でも面接官と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになり、そのためすっかりリラックスして話が盛り上がり、それが奏功したのか運良く採用を勝ち取りました。