これまで経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合に…

全く経験したことのない分野とかに転身をしようとするときには…

  • 未経験である業界などに転業したいと考えているときには、以前の仕事で、自分が養われた力や経験値が生かせるといった内容の自己主張が必要です。その分野に勤務したことがない人はその分その業界で経験してきた人たちよりも正直、不利な状態になりますけど、自分自身の持っているスキルがその業界でも十分に生かせるということをうまく相手に伝えることができれば、勝負になることもあります。それゆえ、経験が全くない業界にチャレンジする際には、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を探しましょう。

  • 今までは、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」で探していました。

  • 今までの私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、有名な「転職サイト」は、特性上、都心部にある企業の求人しかないからです。であったため、求人情報を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より多少給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている方もいるかと思いますが、以外にも、理想的な求人を発見できるかもしれないので、これから転職を考えている人はハローワークに行って、相談するものいい案です。人気の転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 転職活動を行う際には、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。ほとんどの会社は履歴書及び職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の作成は抜かり無くしておきましょう。必要事項を埋めるだけでなく、内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入します。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、利用することも転職を成就するための有効な方法です。

  • 近頃パソコンを使えばわかるけどネットの世界では、「転職サイト」に類するものが…

  • とみにスマホを使えばわかるけどネットの世界では、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが数限りなくあったりします。そのいっぱいのサイトから自分自身の目的に合致した転職先というのを見付けるためには、最初は情報が大事ですから収集が必要です。こんなサイトをうまく利用することで効率的に転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみてください。

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

  • 転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意してほしい箇所が何点かあります。一般的に派遣というと、お茶出し、その他雑用等をといった仕事内容を思い浮かべている方が少なくないでしょう。本音を言うと私自身もそう思ってました。今の会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「電話対応が主な業務」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。ですが、入社したとたん、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務を指示されました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とはかなり違っていたので全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

  • 今年中に転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は働いている企業側が「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐもらえる場合があります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を軸に計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 生まれて初めて失業保険を受けるときに、じっとしていれば給付されると思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人がとても多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険をきちんともらうためには、求職活動を行っていなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンでスタッフに求職活動の状況を報告して本気で仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。因みに真剣に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために注意しておきましょう。

  • 転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているた・・

  • 再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間があるため、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そのような過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。というのは、緊張感のない、だらけた生活をしていると、「心」にも悪影響が出やすいためです。やがて、働く意欲を失い、お金に困ってしまいます。そうしているうちに、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の仕事が決められません。再就職先が決められなくなるのは、お金を一番に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を始める為にだれた生活は、止めておきましょう。

  • 転職の面接で必要なスーツの色合いは、新卒の就活に着る色が…

  • 転職の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の就活の際にに準じた色味が安心です。言い換えると、紺系や黒系といった暗めのカラーになるわけです。それが、再就職のケースであっても、スーツのカラーというのはこういったダーク色が圧倒的に多くて、そうでないカラーを着ている転職者はほぼ見ることはありません。それ以外だと、たまにグレー系の人がわずかにいるくらいで、一般的には紺や黒が多いので、面接を行う人事担当の方からもそういった色であるほうが自然です。ですから、身だしなみ、という観点においてはそういった色を着用する方が良いわけです。

  • 転職しようと考えている会社の見学は、すごく参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、すごく勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるのでワクワクします。ですが、「職人」がいる会社見学ではゼッタイに見学者には、実際の働き方を見せてはくれないものです。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、入社してみないと、実際の姿は伺えません。なので、見学だけの仕事だと決めつけないことがとても重要なのです。それに加えて、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、保障など一切ありません。担当者から勧められても丁重に断りましょう。

  • もしもあなたが、現職からの転業を決意したなら、徹底し・・

  • 一度あなたが、転業の決定したなら、まったく周りにそれを告げずに転職活動を進め、転身先が決まっていない間は、可能ならば周囲に気づかれないように普段どおりに仕事をする方が良い形といえます。その点を心にとめておけば、仮に希望に沿った働き先が簡単に見付けることができなくても、転身時期を見送りながら今の仕事をそれまで通りに継続してもできます。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社は、それに合わせて応対します。会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、周りからは「あの人は転職する予定の人」と確定します。そういった状況のあとで、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人は「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、立場が悪くなると感じる強いられるかもしれません。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。このことに対して「転職エージェント」の初心者の方は、非常に驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが目的とされるので、非常に積極的な姿勢でいます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させることで企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させることがよくあります。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けることが大切です。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

  • 転職時の面接の際に人事から「転職理由は?」といった形で、かなり高確率で質問されます。その際、いくら正しい意見だと思っても、前の職場の「労働環境」「人づきあい」に関しての愚痴ともとれる内容は、意識して口にしないようにしましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを台無しにしてしまいます。そのため面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが必要なので、とりあえず「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったようなアピールの仕方が必要とされます。

  • 転職をする場合、とても重要視されるのが間違いなく「面接」です。

  • 転職をする場合、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。普通、面接の際は当人に対して転職を決めた理由や退職理由など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、面接の終盤になると、次は、転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。例えば、「何か疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問が来たときは、面接者本人が緊張のあまり、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。こんな時の為に、面接の前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを準備しておくのも良いでしょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 求人誌を見る場合、「デスクワークがしたい」と思っている人…

  • 求人情報を見るとき、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業をスルーしてしまっています。そのような人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と早合点しているこ可能性が高いです。実際に、製造業での求人であっても製造マンだけでなく経理、人事、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される職もたくさん存在します。しかし、製造業の勤め先自体、オフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。とはいえ、自身のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 転職での面接などの時に名刺を渡してきた時、同じように自分も名…

  • 転職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきたら、こちら側も名刺を相手に渡すべきかどうかと迷ったら、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと頭に入れておいてください。転職のための面接というものは仕事の内ではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですから一般的に名刺を交換する時とは違います。重ねて、会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは、ただもらうだけで大丈夫で、相手の方にあげる必要性は少しもないと言えます。

  • 女性が転職するに当たって、今日と一昔前では少なからず、違いがあるようです。

  • 女性の転職は、今と数年前では若干、違ってきている点があります。過去には面接の場で、結婚の予定や出産予定などのことに関して、女性に質問していました。ところが、近年では、その手の内容は、セクハラに該当するとして聞かない会社の方が多くなっています。世間に名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。とはいえ実際、会社側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の姿勢結婚後・出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っているはずです。自分自身の価値観を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら表現することで、会社側のモヤモヤも解消できると考えられます。ですから、たとえ、質問されていない箇所についても、あなた自身から積極的に答えておくのが良いです。

  • 今の自身の職場や仕事に対するほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 現在の自らの勤め先や仕事の中身についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の能力(スキル)を正当に評価してもらえない」さらには、「給料は変わらないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満が多いように感じられます。気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自らの本来の才能を実際よりも過大評価していることが少なくありません。万が一、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と中々就職先が見つからないことになりかねません。可能性が少なからずあります。そういうわけで再就職をスムーズに行うためには、自分のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

  • 「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、終身雇用制は死語になりつつあります。

  • 日本には「石の上にも三年」という諺がありますが、昨今、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかしながら、当たり前に転職が可能だと思い込みやたらと職を変えようとするのはキケンです。再就職するには時期というのも有るでしょう。初歩として、今やっている職場、仕事について全般的に、何が不満なのか、何が不適なのかをおよそ10個、箇条書きしてみてください。こうすることによって、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、先るだけ迅速に、良い仕事を手に入れられるように進めることも大事です。

  • 転職活動をする場合に特に注意が必要な求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく…

  • 就職のため仕事探しをする際に注意して欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束時間が長めというものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合がとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を含んでおくというシステムになります。(合法です)もしも『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないことも少なくないのでよく注意をしておきましょう。