就職活動をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

新しい職を探す際、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン…

  • 求職活動においおいて、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使うケースもあるでしょうが、仮にそのような業者に登録し、幸運にも就職できた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就職しても失業保険は給付されないので注意する必要があります。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職した場合は、就業のための準備費用として一時金を受け取ることが可能です。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このような点を知らなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 再就職をする際に面接で絶対に聞かれるのは前職を辞めた…

  • 再就職で面接でほぼ100%追求されることが前に働いていた会社を辞職したのはどうしてなのか、という話です。この質問に答える時には話の中心を前の職場にしない方が好ましいです。会社を退職した理由を中心に話をするとほぼ確実に悪い印象を与える要素を取り込んだ話になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を辞めたかという点をこの職場にぜひとも入りたい理由があったからといった話の中身に持っていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。そういう内容ならば、マイナス面を隠し良い面を押し出した退職理由に聞こえます。
  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が強いのであれ・・

  • 『転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。相談という形で話せば状況によって必ず言いくるめられます。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずにおよそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって退職届けを出せたのは同年の11月です。本当ならは年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、うまくいきませんでした。やっぱり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと職場に対して信頼はなくなりました。
  • 人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

  • 友人・知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。そうはいっても転職をした先の労働環境やそれに労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミだけを判断するのはあとでトラブルになることが多いです。そういうわけは個人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。つまり紹介者から見たらとてもよい働く場所であっても、あなたには、そうではない可能性があります。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、最後は自分の決断を信じるしかありません。
  • 長年接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねるに…

  • 長きにわたって接客業で務めていたのですが、年をとったせいか立ったままのお仕事は体力的にしんどくて、座り仕事である事務系のお仕事への転職を志して行動にうつりました。事務未経験となるとなかなか厳しく、接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人クリニックに転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜の勤務ばかりさせられて、接客業で働いていた頃より帰る時間が遅くなったのですが、最初の頃はキャリアを形成する時と割り切り頑張ります。
  • これから転職活動をするのなら、気になる求人(業界)があったら…

  • 今から転職活動をするのなら、気になる求人(または職種)があったら、必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナス部分について教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を通じておおまかな実態を理解できます。そのような現実を知らずに入社すると、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイから入っても続かない」という場合も多いので、気に入った案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 転職の活動をしている最中は、最初に何よりもあなたの心のう・・

  • 転職のための活動をしている最中は、まず何よりも自分の心が落ち着いているということをとても大事にしましょう。今の会社で働きながら転職をするための活動をする場合はあまり気にしなくても良いですが、退職してしまってからする場合、焦ってしまいます。ですので、冷静に活動してみましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を具体的にしてみてください。実際の職場とのそれらが矛盾していないか、しっかり、冷静に確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 転職することを、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

  • もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が悪くなる可能性があります。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。また、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのは考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、今の仕事場では、真面目を装いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を去れるはずです。それに、何の問題もなく円満退職に至れば、退職後であっても、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりはとても大切なので、転職前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。
  • クールビズの格好で再就職の面接場に出向く場合、ジャケットにおいてはやは・・

  • クールビズの服装で再就職の面接にチャレンジするときには、ジャケットに関しては着て行かなくても安心であると言えます。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が悪い印象を与えることがありません。タイなしで大丈夫だと考える会社もある確率もなくはないです。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズでも必ずつけて行く必要があるとしている会社がまあまああります。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけは必ず着用いく方が安全だということは知っておいてそんはありません。
  • とある古物商の求人に応募し、書類審査に受かりました。2、3日して…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格したので、相手方から面接日時を告げられました。けれども、面接日当日、行ってみると、どうしたものか相手が、面接準備を一切していないと知りました。所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接を終えました。ですが、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そんなわけでまた問い合わせたところ驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、正直なところ、採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 働いていることで心的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら・・

  • 働くことによって回復が難しいほど精神的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に自身の家族と話し合い、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜならば、働くことは当事者であるあなたですが、家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どんなに高い給料を手にしたとしても、心的ダメージを負うほど、我慢して働くことは、良いとは思えません。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを優先していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内、自分の体を大事にしましょう。
  • 人生初の転職を行う場合、重要なのはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのか・・

  • 人生ではじめて転職をするなら、気を付けなければいけないのはどうして今の仕事を去らなければいけないのかをクリアにしておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。その上で問題解消が可能な会社を選択するのです。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動を行うことから、時間と体力が必要でしょう。ゆえに理由がはっきりとわからないまま転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまう危険があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが賢明です。
  • 転職することを成功させるためには、最初から徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら情報を集めることをしておきましょう。ですから近頃は企業の名前を知られていない小規模な会社であっても公式サイトを開設している場合がとうぜんだから、インターネット検索で気になる点を調べておくとそれとその会社についてよくわからない点等を解消しておくと転職時に助かります。それと公式サイトのほかに、「転職サイト」をチェックしておくのも意外な発見があるはずです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりもその職場を自身の目でチェックしてみることも大切です。
  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収より多く言って、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はほぼあり得ません。年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。
  • 転職先を探すとき、やりがいのある仕事をすることも大事だけ…

  • 転職するなら、言うまでもなく仕事のやりがいアップと一緒にそれにとどまらず手取りのアップも重要なポイントになるから「年収サイト」というところに登録して事前に研究をしています。一緒の会社でそして全く一緒の職種、経歴であるのにすごく人によって違いがあることも複数あり、ぶっちゃけて言えば面接で質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた者も誰だろうとある程度は予想がついているのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。
  • 転職をするとき、まず、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たり…

  • 転職を行うとき、まず第一に求人票やパンフレット、WEBサイトなどで気になる会社を調査するとは思います。しかし、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の会社や社員に関連する情報については、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれイチャモンをつけて退社させないように仕向けています。いわゆるブラック企業に多い例です。
  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。今の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済政策が続々打ち出されています。経済政策共々日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも新時代となる変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったことで、民間企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。ここ最近では、「外国人の労働者」の数を増加させ人材確保に務めていく前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職といった事情にも、変わっていくのは間違いないでしょう。
  • 転職時の面接のときにつける腕時計のことなのですが、どう見ても目立つタイプ・・

  • 再就職をする際の面接で使う腕時計は、目立つようなタイプの腕時計はやめた方が良いと言えます。この場合の目立つ腕時計とはブランドの腕時計とか、といったことだけではなくそれとは反対に完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つということで真反対の目を惹くのだと頭に入れておきましょう。面接時の腕時計においてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じようにとらえビジネスの場にふさわしい適切なものをセレクトした方が悪い印象にはなりません。しかしながら、自分の年齢に適しているということもとても重要で、新卒の頃に買った腕時計よりはほんの少しでも高価なものにした方が年齢に見合っていると言えるでしょう。
  • 再就職を考える場合、全てが都合よく運ぶワケではありません。

  • 転職活動をしたとしても、何もかもが順調に運ぶというわけではありません。可能であれば、いつか、転職しようと考えているなら年齢が若いうちになるべく早く行動しておいたほうが良いです。傾向としては、30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代になると転職の場合は、かなり難しくなります。もしもあなたが、重要な役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目から外さないほうが良いです。つまり、退職後に転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、注意深く行動したほうが良いということです。
  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、…

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、この給付には「期間」があります。離職時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中には知らないで失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで仕事を見つけようとしてもよい会社を探すのは難しいです。面接に応じる担当者もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといったことくらいは大よその想像が付く。運が悪ければ、面接官から何をしていたか質問されることになり、答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて困難になります。