全くの初挑戦の分野などに転業するときには、自分が前の職…

初挑戦の分野などに転職をしようとするときには、自分が前の・・

  • 全くの初挑戦の分野などに転業したいと思っている場合には、自分が以前の職で身に付けた力や経験を発揮することができるという訴えがいるようになります。その業種に勤務したことがない人は経験のない分だけその分野を経験している人よりも不利になりますけど、自分の持っている能力がその場でも発揮することができるということをうまく話せれば、戦えることも十分に考えられるのです。したがって、経験が全くない業種にチャレンジするときには、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりを見つけ出しましょう。
  • 以前は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • 今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」を利用していました。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、いつも都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったため、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、掲載されるいくらか知名度は低くなりますが、古くから地域密着なので、探しやすい魅力があります。「どんな求人があるかわからない」というイメージがある方も多くいるかもしれません。思いもよらず、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、近いうちに退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。「転職サイト」みたいにこれでもかというくらいの電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。多くの企業は履歴書及び職務経歴書の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類の作成が大切です。単に穴埋めするだけでなく、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも良い結果を導きやすくなります。
  • どうもPCを使えばわかるけどネットのエリアには、いわ…

  • 世の中は便利になったものでスマートフォンで調べればインターネットの世界では、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいあります。その相当な数のサイトから自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを探すためにも、何よりも情報を収集することが欠かせません。サイトをうまく利用することでよりスムーズな転職先探しが可能です。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかり確かめてみてください。
  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしていただきた…

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたいポイントがいくつかあります。派遣社員という言葉を聞くと、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのような業務内容をぼんやりと考えた方がおそらく多いとは思います。本音を言うと私自身もそのように思っていました。現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、入社したとたん、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とはかなり違っていたので毎日非常に参っています。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合…

  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事にある程度期間がある方は「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが勤めている会社側が「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている企業の都合や残業時間によってはすぐにもらえる場合もあります。このときの、もらえる「失業手当」の額は、辞めた月の給料をもとに手当の額を計算されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくてももらえると思っている人・・

  • 初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が非常に多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険を希望通りに受け取るためには、仕事を探していることが必要で、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月ハローワーク職員との面談を通じて、真面目に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。また、本気で就職活動をしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、決まりとして給付してもらえなかったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために充分に注意しましょう。
  • 再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに…

  • 転職先を探している間は、つい時間があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そんな風な生活をしないことがお勧めです。なぜならば、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか働く気力がわかず、経済的に困ってしまいます。このように、悪いサイクルにはまり次の勤め先が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、お金を一番に考えてしまうからです。お金を第一に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、転職活動中には必要ないのです。
  • 職を変える時に必要なビジネススーツのカラーにおいては…

  • 転職時の面接で着るビジネススーツのカラーにおいては、新卒の方が就活の時に準じた色味が一般的なルールとなっています。具体的に言うと、紺や黒のような暗い色になります。それは再就職でも、スーツのカラーというのはこういうダーク色が多く、そうでないカラーを着ている転職者は少数です。その他の色で言えば、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、全体的には黒や紺とかのスーツがほとんどなのです。ですから、会社側から見ても黒や紺色のスーツの方が普通であるように感じるので、第一印象という観点ではおすすめです。
  • 転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとかなり勉強になります。

  • 転職先で見学などがあれば、かなり勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社は、スキルを近くで見られるので楽しくなります。ですが、「職人」がいる会社見学ではほとんど見学者には、いつも通りの仕事風景を見せてくれることはありません。典型的なのは、ブルーワーカーなどの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので入社した後でないと、本来の働き方が出ません。なので、見学内容がそのまま仕事、と決めつけないことが賢明です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験できる会社は危険ですし、注意しておくべきです。入社していない段階ではもし問題が起きたとしても、それに対する保障は一切ありません。仮に、勧められても丁重に断っておくようにしましょう。
  • 一度、現職からの転業の決心したなら、完全に周りにはひそ・・

  • もしも、転業の決心を固めたなら、あくまで会社にはその気持ちを教えないように首尾よく活動を進め、現職期間中は、あくまでも周りの人間に知られないように普段どおりに業務をこなしていくのがとても合理的です。働いている間、この状態を維持していれば、希望通りに働き先が簡単に見付けることができなくても、転職予定を先延ばしにしながら現職にそのまま残っても何も問題ありません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、会社の人間は、それを受けた対応をし始めます。それに加えて周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、社内では「あの人は転職する予定の人」と確定します。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををする可能性があります。
  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。これに対して初めて利用した人はかなり驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だと考えられるので、かなり積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは、転職を成就させると企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が出るとすかさず、入社を積極的にすすめてくることが多いです。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように心がけましょう。
  • 転職のための面接では注意する点があります。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当から「転職理由をお聞かせください」と100%の確率で聞かれます。このとき、どんな事情があっても、前の職場の人づきあいや労働環境が良くなかった答えは、可能な限り口にするのは避けるべきです。仮にそういった不満を回答すると、印象が悪くなってしまい、チャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがとても大切で、あくまでも「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、真面目に取り組んでいきます。」といった未来に目を向ける形が重要です。
  • 転職をするときにかなり重視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職では、とても要となるのがまぎれもなく「面接」になります。一般的な面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決意した経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら転職希望をする人からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。担当者から、「何か我が社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。後々後悔しないように事前に疑問点などの聞きたいことを準備しておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 求人に関係する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」という人は…

  • 求人サイトをチェックする折、例えば、デスクワークがしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そういったことをしている人の多くは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人であったとしても、製造マンだけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する仕事が結構な数あります。とはいえ、製造業の職場はオフィス街から遠いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうした事には自身の執着をなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。
  • 再就職の面接などの場面で担当者が名刺を差し出してきたら、…

  • 再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を手渡されたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出す方が良いのか?と対応の仕方に悩んだら、大方は渡す必要はないと頭に入れておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一部ではなく、採用活動の一部です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時ではないのです。それに、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては名刺をもらうだけで問題なくて、相手の方に渡す責任はないと判断できます。
  • 女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と今とで…

  • 女性の再就職は、今現在とセクハラが問題視される前では少なからず、違いがあります。過去には、結婚の予定や出産予定に関して、普通に女性に質問していました。ですが、現在の流れとしては、こういったデリケートな内容は、セクハラとして質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。特に大企業の場合は、神経質になっています。とはいえ、企業側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の価値観「結婚後も働きたいのか」「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら言い表すことで、面接官も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。ですから、質問されていない部分も、あなたから会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。
  • 今現在のあなたの仕事や勤め先に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 今の自身の職場・仕事内容についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の資格やスキルを正確に評価してくれない」よって、「年収のアップも、昇進も出来ない」といった不満が多くを占めるでしょう。けれど、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自らの持っている才能を実際よりも「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った求人がないと、中々就職先が決まらないことになりかねません。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。そういうわけで再就職を効率的にしていくためにも、あなた自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。
  • 古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが・・

  • 昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。とはいえ、当たり前に転職が可能だと思い込み甘い考え方は禁物です。再就職するにはまずは適した時期を図る必要があります。ますはじめに、今やっている職場、仕事内容について具体的に、不満を感じる点をおよそ10個、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。其れによって将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早急に今よりも良い仕事ができるよう、頑張ってみましょう。
  • 転職のため仕事探しをする際に気を付けて欲しい募集内容は、…

  • 転職活動する場合に特に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがとても多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(違法ではありません)『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という求人になります。が、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を表記していない可能性もあるのでしっかり気を付けてください。