新卒で入社した会社を辞めて、心を改めて転職を決意しました。

新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、転職を決意しました。会社を退職する前は、相当に不安で悩みこんだりもしました。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、大半の人が転職を経験していることを転職活動を通して知り、自然と将来への不安が消えました。1回転職したことでなんというか、考えも前向きになって、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しくなっていきました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の場合、転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 職を変える際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫で…

  • 転職の面接において会社側からクールビズで来てくださいとと書かれていることもあります。しかし、なかには、クールビズで面接するのは実際は良くない印象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういうことで悩みを心に持っている方々に進言したいのは、会社側からクールビズで良いとされたのであれば、言われたことを守った方が良いです。考えすぎて、すごく汗がでる時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと暑苦しく感じられます。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。だとしても、実際は「会社から解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。ということで、本当に就業先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談はあたりまえですが、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限しておきましょう。心の中では探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念ながら見当たりませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。
  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、たいていの株式会社・・

  • 求人関連の情報では、普通の企業では月収が記載されているはずです。この月収の部分を確認する時には、多い少ないだけで判断しないようにしましょう。というのは企業によっては、月収のなかに月10時間残業の場合が含まれているおそれもあります。つまり残業代の金額をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあります。だから、このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。
  • 新しい職場に入りたいと転職活動をしているときの場合・・

  • 今と違った職場に入りたいと転職希望者の場合は「できるだけ早く、内定(採用通知)が欲しい」と考えがちです。が、それで内定が欲しいばかり、自身の能力を高く偽ったり、また反対に安売りしてしまう売り込みをするのはゼッタイに避けるべきです。焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く選んでみてください。
  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社が決まっても、今いる会社があなたを放出したくないとして慰留しようと説得してくる可能性もあります。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強い意思を保つことが大切でしょう。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と正直に伝えます。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 安定した暮らしを願い正規社員として働こうと考えている人…

  • 安定した人生を願い「正社員」になりたいと考えている人は相当数います。とはいえ、努力しても、中々正社員としての転職が難しいケースも少なくないはずです。契約社員の求人を見たとしても、正社員の求人募集に固執し、応募しない人も多いでしょう。万一あなたが正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社によっては、会社に貢献することができれば、数年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから面接を受ける際に、正社員として働ける可能性の有無を尋ねておけば、人生設計にも役立ちます。
  • 派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連・・

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法の関係で残念ですが長い期間働いた会社での仕事を終わらせなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の企業から正規社員の条件を得た人もいるのですがその理由としては実際のところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方でそのおかげで採用された様子。仕事を行う能力よりも上司のおじさんを転がす能力の方が大事なんじゃないのと派遣仲間達と派遣先の職場で愚痴る日々です。
  • 転業を検討しているのなら、こまめに多様な会社の採用…

  • 転職を予定しているのなら、たくさんの企業の情報の詳細を普段からチェックしておけば転身先を大いに選びやすくなります。現在の仕事にやりがいを感じていない場合、本腰を入れて転職活動をする際にどの会社も魅力的です。そんな状況下では、どの会社を選択したら良いのか迷ってしまい、選択を間違える可能性も少なくありません。ヘタをすると、最終的には短期間で嫌になってしまうこともあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある会社は、取引先情報を公開していますし、そういった企業でない場合、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。また、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。

  • 派遣での仕事が決まりました。就業1日目に営業の担当の人と派遣先の会社近くのコンビニで待ち合わせたところ、担当者がどうしたことか店の前にいなかったので中にいるのかもしれないと考え店内に入ってみたところ、彼は驚くことに雑誌のコーナーで座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことだと感じ、声をかけることもなくお店を出て速攻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • こういう転職という話は友人の話です。

  • こうした話は知人からの話です。新卒の就職活動でどうしても勤務したかった憧れの対象であるA社の最終面接で不採用となって、後に不本意ながら別の会社に就職しました。それから1年経ったぐらいに派遣求人サイトを閲覧していた際偶然にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなってその時働いていた会社をすぐに退職して、派遣という形でA社での就業を開始しました。勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってその結果幸運にもA社で正社員として働くことができ、現在ではやりがいを持ちつつ明るく働いています。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場におけ・・

  • 転職というものを考える際、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人が意外と多くの方のようです。ほとんどの人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費のために仕事するでしょう。とうぜん年収がどれだけかは自分自身の価値を測る指標という見方もできますから、大切なものとして扱うのは否定できません。でも、ひどくもらっている年収額ばかりを執着しすぎる生き方というのも考え気がするでしょう。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が少なくないからです。
  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。仕事をしながら求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは精神も肉体も苦しいものがあります。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、直接応募していた場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識を持つことが大切です。
  • 転職時の企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているので・・

  • 転職のための採用面接でのよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり過度に猫をかぶることは思いのほか不採用に直結してしまいます。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接の際は「報酬」などの、通常ならちょっと聞きにくいことも勇気を出し率直に質問しておいた方が、結果的に絶対にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。けれど、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。こうした「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい面接の場では聞かないのも事実です。けれど、勇気を出して質問をすることで、「ほかの人とは違うな」と面接官に印象づけられるのです。
  • 私たちの社会的環境において、近い将来短絡的な労働は機械に切り替えら…

  • 私たちの労働環境は、これからぐんぐんと簡単な労働は機械に変更されていき結果として、そういう仕事をする労働力は少なからず削減されます。シンプルな作業という観点ではヒト以上に機械のほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数を数えたり同じ作業を繰り返すことは機械には何の苦もありません。人間とは違って文句も言わない、疲れないし、不正行為をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。おまけに人と違って「人件費」が発生しないのも大きな違いといえます。ですから、人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化が無理もありません。
  • 何年か前までの求人情報には、雇いたい人の「性別」・・

  • 何年か前までの求人情報では、雇用側が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。しかしながら、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用する際、男女差別があってはいけないルールとなり、応募資格の概要に男女の性別を記載しないようになりました。そのような変化があったのですが、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。そんなわけで、男手が希望の会社に女性が応募してきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してくる、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍している職場です」と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えると良いといえます。
  • シフトの仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についてです。毎週、同じ曜日に働ける人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの出し方についてはあらかじめチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私自身、出産のため抜けた人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返してみると本当に腹が立ってきます。
  • 今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 近年、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。特許などを出すとそういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる勧誘をされた際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、その手の業者は確実にイカサマなので、無視しておくのが無難です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 今の時代は株式・不動産投資などの不労所得のほかに個人経営 で頑張っている人も増えています。

  • 現在は、株式・不動産投資などといった不労所得のほか、独立といった形で生きる方法も人気です。そういったような社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった見解も変わってきています。高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない株式投資・自営業よりも雇われているほうがずっと堅実であり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、広く世の中に浸透していました。そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今現在は「成熟期」という名が呼ばれます。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。
  • 転職における採用面接にある会社に赴きました。

  • 転職の面接を受けにとある会社に出向いたときのことです。たまたま会社の会議室が空いていないとのことで外のとある場所で人事部の方と待ち合わせて面接を行って、その場で解散、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅最寄駅が私と一緒。ですから電車の中でも面接官とずっと話をしながらいっしょに帰ることになって、その結果緊張が解け話が盛り上がり、それが良かったからなのか問題なく採用も勝ち取りました。