転職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

新しい仕事を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

  • 転職時、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋してくれる会社がありますが、もしそういったエージェントに登録して就職先を見つけられたとしても、失業保険は給付されない。ハローワークを経ずに就職しても失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。これと違って、「ハローワーク」を介して斡旋してもらって就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは何の関係もありません。これについて知らない場合は、失業中に給付金をもらえなくなるので、注意が必要です。

  • 再就職の面接で必ず尋ねられることが会社を辞めたのかという話です。

  • 再就職をする時に面接で100%投げかけられるのは会社を辞職した経緯についてです。この質問に答える際には辞めた会社を話題にしないほうが最善です。退職するに至った経緯を中心に話をすると必然的に良くない面を取り込んだ話の内容になってしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前職を辞めたのかという事をこの職場にどうしても入社したい理由があったからという内容にすべきということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に話の中心を持っていきましょう。その会社の話であれば、マイナス面を隠し良い印象を与えることができる前の職場を去った理由に変えることが可能です。

  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれ…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたいということを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本来なら、年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズにはいきませんでした。やっぱり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに心の底から失望しました。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職の先を見つける人もいます。

  • 友人や知人の紹介をキッカケにして転職する先を探すこともあるでしょう。ですが、労働環境や労働条件といったポイントを知っている人からの口コミ情報を鵜呑みに判断するのはあとで後悔するかもしれません。そういうのは個人の口コミというのは、誤解・齟齬が多くなってしまいます。それ故に友人から見たら心地よい職場だったとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない場合があります。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、しっかり自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 長い間接客業で勤務を続けてきましたが、年齢的に立って行う仕…

  • 長年接客関係で勤務を続けてきましたが、歳をとると共に座ることのできない仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を考えて行動にうつりました。事務の経験がないと簡単にはいかず、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格し個人クリニックに転職しました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業をしていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアの形成時期だと諦めて頑張ります。

  • あなたが転職活動をしているなら、気になった求人(あるいは業種)…

  • 将来的に転職活動をされるなら、気になった求人(OR 職種)を見つけたときにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なネット検索によって瞬時におおまかな実態を理解できます。そのような手間を惜しんで入社すると、直後に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合も多いので、気に入った案件や業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

  • 転職をするための活動をしている最中は、最初に必ず自分自…

  • 転職のための活動中はとにかく、ゼッタイに内心が沈着であることをとても大切にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職の活動を行う場合はそれほどはそうでもありませんが、退職後にする場合、かなり焦燥感が出るものです。ですので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージなどをハッキリさせておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、落ち着いてしっかりと見極めていきましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまう・・

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するかもしれません。周りとの付き合い方によっては、意地悪ややっかみのおそれもあります。加えて、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。なので、上記のような状態を回避するため、今の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を去れます。しかも、円満退職になれば、転職後も、相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業種や規模に関係なく、どういった会社であっても、人との縁は大事なので、仕事を辞める時のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

  • クールビズスタイルで転職の面接場に出向く場合、ジャケットはさすがに…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとするときには、やっぱりジャケットは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイは着用したほうが間違いありません。タイなしで大丈夫だと認めている企業も存在する可能性はあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズだろうと必ずつけなければならないと思っているところがある程度存在します。そんな訳で、クールビズの恰好ではネクタイは絶対に着用していった方が悪い印象を与えることがないということをわかっておいてください。

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かったので、担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かったので、担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接を終えました。けれども、予定日になっても結果連絡が一切来ず、もどかしくなり、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かず仕方なくもう一度電話した結果、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。しばらく絶句してしまったのですが、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 会社で何かあって精神的に自分が苦しくなって会社を変えなければという気持ちになったな・・

  • 仕事のせいで精神的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、職場の人と相談する以上に自分の家族に話を聞いてもらい退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜならば、仕事をするということは当事者であるあなたですが、身内の問題ともいえます。どんなに高い給料を得たとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで我慢して仕事をするのは好ましくありません。昨今は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も段々と増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、あなた自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

  • 最初に転職をするにあたって、頭に入れておかなければいけない…

  • 生まれてはじめて転職を行う際、どうして現職を辞めたいかを明確にしておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。そして問題を解決できそうな会社を選ぶのです。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を勤めながら就職活動を続けていくため、時間と体力が必要不可欠です。だからこそ明確な理由がないままに転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう危険があります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動のスタートを切ることはしないほうが良いでしょう。

  • 転職を成功させるためには、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前に情報を集めることを徹底してみましょう。そうしようと思うのなら現在は会社の名前を知られていない中小企業もHPで会社を紹介しているというのが普通なので、ネットの機能を使って自分が知りたい情報を手に入れるとそれとその企業の疑問をチェックしておくと転職に役立つはずです。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」をチェックしておくのも効率的ではありますが、ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりその職場を自ら確かめることも大事なことです。

  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性は極めて小さいです。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

  • 転職するならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一・・

  • 転職先を選ぶのに、もちろん仕事におけるやりがいアップも重要だけどそれに加えて年収アップも大切なポイントになるので「年収サイト」というところに登録をして事前に調査をしています。同一の会社でしかも全く同一の職種、社歴であるのに人によってとても幅があることも数多くあって、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人について誰なのかある程度察しがついてるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

  • 転職をする際は、予め、ウェブ上の求人サイトを見たりし・・

  • 転職をするとき、事前に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社をチェックするとは思います。ですが、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろと難癖をつけて退社できないようにしようとします。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では次の世代の社会的な変化が増加しつつあります。それもあって一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を今よりも増やしていく、と現内閣は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

  • 再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計において…

  • 転職の面接のときにつける腕時計について申し上げますが、どう見ても目を惹くようなタイプの時計はやめておいた方が安全といえます。目立つ腕時計を詳しく言えば明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは反対に安物の腕時計に見えるとか、そういった意味であって真反対なことで目を惹くのだと考えておきましょう。転職の面接のときの腕時計はスーツやネクタイと同様の考えで、無難なものを選んだ方が確実だと言えます。ですが、歳にあっているということも重要で、新卒時にしていた腕時計よりはほんの少しでも値が張るものにした方が良いと言えるでしょう。

  • 転職を目指そうとしても、万事うまくいくとは限りません・・

  • 再就職をしようと考えていても全部が首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。可能であれば、いつか、しようと思っているならなるべく早い時期に転職を試みるべきです。それには少なくとも30代前半まではかなり有利ですが、30代後半~40代に達してしまうと転職自体がたいへん厳しいものと考えておくべきです。重要なポジションに就いているのなら、転職の意識が強くなっていても現在の会社にとどまることも選択肢に入れておくべきです。つまり、退職してから転職活動するよりも、今の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが後悔がないはずです。

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とか決められるのですが世の中にはこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急いで就職先を見つけようとしても条件のよいところを見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」についてそこそこわかるはずです。もしかすると、面接の時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるおそれもあるので要注意です。