大手の「就職エージェント」ほど、多種多様な案件があ・・

「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を抱えてい…

  • 転職エージェントは大規模なものに限って、多種多様な案件を持っているというメリットがありますが、その反面、転職を希望する競合者もたくさんいます。だからあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェント側が難しいと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、あなた以上に転職の可能性が高いライバルがいたら、その人を優先して売り込もうとするのです。大手の転職エージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い大変難しいので、発想を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

    大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には不向きです。

  • たいていの場合は大企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。さらに、田舎のほうでとなるとより状況がたいへん低くなりそうです。例外として、「製造業」の場合であれば、都市部でない地方の工業団地周辺に運営していることが多々あります。また、そういう場所では、事業拡大時に人員募集をすることも珍しいことではありません。その機会に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する会社についての下調べからチェックしておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人予定の有無など、暇があればチェックされることをお勧めします。

    自分が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自分が転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。転職のアドバイザーのレベルも本当に様々でそのほとんどは物足りない人でした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという落胆した気持ちが募ってしまいました。それがきっかけで自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためにはコストもかかったし勉強面においてもハードではありますが、就職活動の際にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるために努力しています。

    雇用中には、出来るだけ周囲にバレないよう(ちなみに私自身のと…

  • 在職中であるのなら、なるべく悟られないよう、(自身の場合)雇用期間中に「転業するかも」という気持ちだけを早いうちに社内で知らせたことがあります。にもかかわらず、その後に求人サイトを必死にあれこれチェックしていったのですが、予想に反して働く先も転職時期も何も煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。その一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

    このところ私は派遣会社で働いています。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイトの中でなんとなく気になる仕事を見つけ聞いてみると「その仕事はもうすでに他の方で話が進んでいます」と断られてしまい一時的にサイトからも仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日見るともう一度情報が掲載されています。これって結局私ではよくないのだという意味ですよね。そういうことであれば変に隠さない程度に正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいは客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?

    仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」のように、…

  • あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」など、都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。近年は転職サイトを駆使すれば、国内全エリアの求人もカンタンにアクセスできるようになりました。ただし、郊外や地方での求人情報では、都心のような選択肢は期待できないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですので、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人情報サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもよくチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。

    今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり・・

  • 今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されたりするなど、損をする仕組みができてきましたが、完全には至っていないと思われます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。求人票などに記載されている労働条件を見ておき、ひとつひとつの項目について、堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。中でも給与や残業や休日に対しては、質問してみると、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、入社を止めるのが無難でしょう。

    趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが理由で、過去には、飲食の世界で仕事をしていたことがあります。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。ということが引き金になって、職場を離れたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物すら苦手になってしまい、類似の店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵ですよね。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。

    転職活動のコツは希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官と・・

  • 最短で転職したい場合は企業そのものよりも、採用担当の面接官との勝負と言ったほうが正しい気がします。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、初歩として面接だからといって焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。お見合いをする心構えで向かうと良いかもしれません。とくに面接係員は最初にあなたの中身をくまなく見られるので悪い印象を与える行動は気をつけて控えましょう。また社会人らしく転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、かならず転職活動はかなり楽になります。

    転職先にて、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 仕事を始めてすぐは「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。特に、入社して1年目はほぼほぼ「研修期間」が入っているというのがほとんどで、自らの例では、四苦八苦して転職したのに、期待とは裏腹に以前の職場での稼ぎとあまり同じ額でした。しかも業務はキツく、たいへん責任も重大だったために、初年度を乗り越えるのにやっとの状態でした。そうした体験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、可能ならば転職以前の段階で貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

    職を変えた際には、大体の場合、それまでの仕事は美化された記憶となります。

  • 職を変えると、高い確率で前の会社の仕事の大方は美化された記憶となります。実際には今の待遇に向いていないと感じたから、そういった思いを解決するべくやっとのことで再就職したはずなのに、いつの間にかどういうわけか新しい会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。それというのもそれもそのはず、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので簡単に与えられた業務も淡々とこなせていたからというのが一番の根底にあるはずです。ところが、「転職なんてしないほうが良かった」と本気で感じるほど、前の仕事の方が仕事に対してのやりがいや自分に合っていたケースもあります。

    転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そして、転職以外の行動によっても、メンタル面は強化できます。その典型例が「海外旅行」です。海外に行くと、言葉も文化も違うので、逐一、勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。どうしても、退職直後は精神面がダメージを受けやすいので回復したあとで行動するようにしましょう。

    今励んでいる転職活動時、「自分はこれまでこのような職場の…

  • 今励んでいる転職する活動の際、「私は今まで、このような職場の仕事をしました」「これまでにこういったスキルを手に入れました」と過去の自分自身の成功体験などを十分にアピールしなくちゃと考える人はときどき目にします。ただし、転職希望する再スタートを図る場所で「可能ならばこういった仕事をしたい」「私が触れたような業務なら貢献できるに違いない」と将来のプランを話して自分自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

    転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要です。

  • 転職を進めるには、準備は欠かせません。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、「ファッション」を気になっている人も多いと思います。でも、ここ最近の、面接に関しては、私服がOKな企業も多いので、スーツで面接に臨まなくても良い場合があります。会社の設立してすぐの歴史のない企業ほど、柔軟な考えなので私服の方が良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服だと、面接の間に、ファッションについて、話もしやすくなるため、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。ですので、面接にトライするなら「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    もしもあなたが転職を考えているのなら、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • もしあなたが転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取得することでステップアップできます。とくに、在職中に資格を取るのがおすすめです。転職活動の際でそれを生かせることができるので、新しい仕事を見つけやすくなります。そのため、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期といえます。もしもあなたが将来を見据え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そればかりでなく、資格を手に入れることで面接のときには面接担当者に戦力として使えるとみなされ、今までより待遇も良くなる可能性があります。

    自身のスキルを活かして就職活動する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界・・

  • 今の自分のスキルや資格をふまえて就職活動する際は、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておいてください。再就職がしやすい業界としては、たえず人手不足である「医療・介護」が最たる例です。医療・介護の分野では看護師および介護士資格が必要であるため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、様々な理由により、異業種に再就職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、安易に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、他の業界ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけておきましょう。

    転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。しかし、加えて転職フェアに行くことがおすすめです。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加されれば複数の企業に関する情報に触れることができ、その上、スタッフの言葉遣いやマナーから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに行く際には、これも面接のうちだと思って準備することを怠らないようにしましょう。運よくフェアのあいだに自分の能力や長所を企業が評価すれば、そのあとの採用面接時にとても有利となるはずです。

    時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、すぐ辞められるというわけではないこ…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年ごとに自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動を経験して気付かされました。結婚し、落ち着いたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、給料は少なかったですが、家庭の時間のために、この道を選択しました。でも、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどの人が10年~15年ほど勤務しているというのです。結論として派遣であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気などなく、悩みが増えました。

    看護師という職の人の違う仕事に「転職しよう」と思う理由は…

  • 違う職に転職を決断する原因は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師を辞めての転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚することでライフスタイルの変化によって子育て加えて家族の介護など、身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには働き方ができなくなった」「今の収入に大きな不満がある」というような問題が考えられます。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、頭を冷やして冷静に、現状を客観視することも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断すれば間違いが減らせます。

    明日からでも転職することを予定しているのなら、今の業務や・・

  • そのうち転職することを考えているのなら、今の業務で感じている不満点を明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。気に入らない点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。が、「いまの客観的にみた問題を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事が可能なはずです。