新卒採用で入った会社にさよならをして転職に踏み切りました。

新卒で入った会社を辞め、転職した経験があります。

  • 新卒として入った会社を辞めて、転職すると決めました。会社を退職したときは、しばらく転職できるか不安になりました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動中に気づき、いつの間にか不安が消えて、安心しました。なにより1回でも転職をするとなにか気持ちが前向きになって、自分に合った仕事見つけることが出来て喜びになっていきました。やはり「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。

    再就職の際の面接についてですが会社側からクールビズでもO・・

  • 転職の面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれていることもありますが、なかには、クールビズの格好は本当は駄目なのでは?と疑う人もいます。そのような思いを感じている方に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接なのであれば、書かれていることを素直に聞き入れるほうが堅いです。迷うことによって、真夏であるのも関わらずスーツを着用すると逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。

    失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、…

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、活動していることの証明が必要になるが、が、「会社から解放されたし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音だと思います。ですので、本気で次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのはあたりまえですが、そこで、求人票を閲覧することが必ず行わなければいけません。本気になって探す気持ちがないときは、「求人票」にだけ目を通し、(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに今回はありませんでした」と、相手に告げて、次の機会に賭けましょう。

    求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場…

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、たいていの会社では月の給与が記載されているはずです。この箇所を見る際は、深く確認する事が大切です。多い少ないだけで納得してはいけません。そのわけは会社によっては、月収の額の内訳で「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を入れることで良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。そういうわけで、そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

    もっと良い職場がいいと転職をする活動をする場合には「早・・

  • 違った会社の社員になりたいと転職をする活動をする人の大半は「1日でもはやく、内定がもらいたい」と思ってしまいがちです。とはいえその気持ちが強くて吉報が欲しいばかり、自分の能力に関して嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価にしかならない言動はできるだけしないようにしましょう。焦る感情にぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を選択してみましょう。

    転職活動における最後の問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、現在勤務している会社の退職があります。転職先から採用の内定をもらえたとしても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくある話です。仮にそうなったとしても、障害を乗り越えて退職する、という強固な信念を保つことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を手元に用意しましょう。そのあとで、決定権のある上司と直接話し、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動で大切なポイントとなります。

    より安定した人生を手にするべく正規の社員を目指している・・

  • 安定した生活基盤を手に入れるべく「正社員」を目指している人はかなりいます。でも、即戦力として働けるようにいくら努力しても、正規雇用がうまくいかないこともあるでしょう。契約社員の求人募集はたくさんあるのに正社員の求人情報以外を見ないでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。なかなか、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、準社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員を募集している会社であっても、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員への転身ができることもあるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておくと人生設計が立ちやすいはずです。

    派遣社員として働いています。派遣法とかのからみで不本意…

  • 派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法の関連で残念なことに長期間務めていた企業でのお仕事を終了しなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣の勤務先で正規社員の地位をつかんだ方もいるのですがそれは正直に言うと仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが上手な人でお引き立てがあったよう。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がし能力の方が重要なのだろうと抜擢されなかった別の派遣仲間と職場で愚痴る日々です。

    転職を考えているなら、労を惜しまず頻繁に企業の情報を普段からチェックしておく…

  • 転業を考えているなら、様々な企業を普段から調べておくと転業先の選択をするときにとても役立ちます。あなたが今現在の職場にやりがいを感じていない場合、転職活動を開始したとき、どこの企業もいいように映ってしまいます。そのようになると、どこに決めればいいのか、迷ってしまうのでどんな企業でも飛びついてしまうのです。結果、あっという間に退職してしまうおそれもあるので、見る力を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引先を見る事です。良い会社は、取引先情報を開示していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

    派遣会社でのお仕事が決定しました。

  • 派遣で働く会社が決定しました。仕事の1日目に派遣会社の営業の担当者と勤務先の近くのコンビニで合流すると約束をしていたのですが、営業担当者がなぜか約束のお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思い店の中に入ったところ、担当者はなんとまあ雑誌コーナー前の通路に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいるではないですか。こんな担当の方のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じ、その場で声をかけることなくこっそりとお店を出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

    このような話は知人から聞いた話です。

  • こういう転職ができたという話は知り合いの話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動で絶対に入りたかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、ですから泣く泣く他の会社に就職しました。そのあと2年経過したぐらいに派遣の求人のサイトで偶然A社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられず当時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣での就業を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってその結果幸運にもA社で正社員になれて、現在では仕事に誇りを持ちつつ楽しく勤務しています。

    転職する場合、転職したあとの給与を気にしすぎる人がわり…

  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における自分の年収ばかりを気にする人は、とても少数派でもないでしょう。とうぜん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として稼ぐべく仕事に打ち込んでいると思います。だから年収は自分がどれほど評価してもらえているか、でもあるのでとうぜん大切なものであることは無理もありません。しかしながら、ひどくもらっている年収の額にとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がしませんか?よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が大いにあるものだからです。

    転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。とはいっても、忙しく仕事を続けながら求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも大変です。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しておく必要があります。

    転職の際に必須となる面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのです…

  • 転職先での会社の面接に関して、してはいけないのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、残念なことに採用を逃してしまいます。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「残業」といったような、普通ならちょっと聞きにくいことも勇気を出し聞いた方が結果的に自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると最終選考に不採用になるのではないか」と気になるかもしれませんが、しかし、かえって良い結果になることは結果的には少なくないようです。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたいと思っています。ついつい多数の人が気を遣い不採用を恐れて質問できないのが普通です。そこで、あなたがあえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」と格好の自己アピールとなるのです。

    今後の社会では確実に短絡的な労働は機械化が進み、最終的…

  • 今後徐々に簡単な作業は機械によってそして、そういう仕事をする稼働人口は少なからず減らされてしまいます。考えなくてもできる労働は人よりも機械のほうが比べられないほど強いからです。数をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返すのは機械には何の苦もないのです。もちろん人と違って泣き言も言わず、疲れもしない、ズルもしないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。さらには、報酬が発生しないのも違いですね。このように、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いため、機械に移行していくのも当然といえます。

    何年か前までの求人誌では、雇用側の希望する「性別…

  • 今までは求人誌では、雇用主の希望する「性別」がしっかりと記載されていました。ですが今では、男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別がないようにしないといけないルールが決まり、応募資格内に「性別」が無記載となりました。そのような変化があったのですが、求人を出す側としては、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際に、男手を欲しいジャンルに女性が応募したり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。もしも、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識したほうが確実でしょう。

    「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった…

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については事前にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため休む人の代役として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任者が「土日」に必ず出る人だったので、私もそう思われていたみたいです。「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。

    近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。特許権を取得した経験のある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、メディアで話題になった人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングっぽい話が出てきた場合は、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。ここ最近は、ヘッドハンティング名目で登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の会社は例外なく詐欺なので、引っかからないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

    近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほ・・

  • 現在では、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、独立や起業を目指す人も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「自営業は安定しない」といった常識も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、将来的に不安定な自営業や株式よりも雇われているほうがずっと安定性にすぐれ、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように一般常識化していました。しかし、そういった成長期は終わり、現代は「成熟期」といった名称で言われています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

    転職のための面接に伺いました。

  • 転職時の面接に転職希望の会社へ伺いました。偶然その会社にある会議室が空いていないとのことで会社の外で採用担当者と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散をして、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。それで電車内においても面接官とずっとお話をしながら帰宅することとなり、すっかりリラックスして話が盛り上がり、それが良かったのか何事もないまま採用を手に入れることができました。