転職エージェントは大手に限って、たくさんの案件を抱えて・・

大手転職エージェントに限って、様々な案件を扱って…

  • 転職エージェントは大手に限って、様々な案件を扱っているという強みがあるといえますが、しかし、同時に転職を希望する競合者も多いです。そのせいかあなたが気になる企業を探し出したとしても、あなたの担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないことも少なくありませんし、あなたの以上に入社の可能性が高いライバルがいたら、そのライバルを優先しやすいのです。大手転職エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりなかなか難しいので、考えを変えてもっと規模の小さなエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できませんか?と尋ねてみると自分のために働いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。
  • 多くの場合大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

  • 一般的観点からすると大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。また、都会の外だと転職のチャンスが低くなりそうです。例外的に、製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地等に製造工場を置いていることもよくあります。そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大と並行して「途中採用」を行っているので、そういった好機に転職も悪くないと思います。地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識をまえもって得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、人員募集の予定がないかしょっちゅうチェックすると良いでしょう。
  • 自らが仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質に関しても多様でたいていの場合、不満足を感じる人ばかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという願いが募ってしまいました。そんなことがあり私はキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのに支出が増えましたし勉強に関してもとてもハードなわけですが、就活中の人に頼ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。
  • 雇用期間中なら、可能であれば、会社内の人にバレないよう…

  • 在職中には、できたら、こっそりと、(私の例ですが)就労期間中に転身の気持ちのみを早いうちに社内で仄めかしてみました。でも、その後求人情報を散々探していたのですが、予想に反して転職する仕事を変えるタイミングさえも無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間がムダになるだけでした。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経て次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • このところ私は派遣の会社に登録しています。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。サイト上で気の向くままに自分にぴったりの仕事を見つけ尋ねてみると「その仕事はもうすでに別の人でお話が進んでいます」と言われてしまい瞬間的にサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日見ると元に戻っています。これは結局私だとダメだって意味ですよね。そうであれば初めからカドが立たないくらいにはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはもしかするとダミーの仕事なのでしょうか?
  • 仮にあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」において…

  • 転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と思っている方も少なくありません。最近は転職サイトを駆使すれば、地方・郊外の求人もいつでも閲覧できるようになりました。ただ残念なことに、地方での求人に関しては、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートのイベントにもチェックすると良いでしょう。
  • 近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、社名が公表されるなど不利益を被るシステムができてきましたが、完全には至っていないと思われます。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。とにかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それぞれの項目についてあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」というようなはぐらかしをしてくるはずです。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問を重ねていくと渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 好き、を仕事にしたいと考えている人は注意です。

  • 自分の大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、、食べることが趣味で前に、料理店で勤務していた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざで嫌になってしまったのです。ということが引き金となり、職場を去ったのですが、その結果、食べること、そしてその店で扱われていた食べ物すら嫌いになってしまい、その系列の飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好き、を仕事にしたいと思い、それを実現させることは本当に素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に向き合う必要があります。
  • 転職活動のコツは企業そのものというより、採用担当の面接係員・・

  • 転職活動は、希望する企業そのもの、というよりも採用担当の面接官との勝負が大半といえます。希望する企業に採用されるために、はじめに肩の力を抜いて焦らずに対応しましょう。たとえば女性とお見合いをするような意識で向かうと良いかもしれません。また面接官は第一にあなたの人となりを判定してもらうのでマイナスな印象につながる行動は注意し控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。中でも、転職して1年目はほとんどの場合研修期間が入っていることも多いです。自らの転職したときは、やっと転職したというのに、期待とは裏腹に前の会社での稼ぎと見たところ変わりませんでした。また、業務もきつく、とても責任を伴い初年度を越すのもひどく労力を伴いました。そのような経緯から転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、出来る限り転職するよりも前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 職を変えると、高い確率で前の会社の仕事でのほとんどの出来事は美化されます。

  • 転職後は、大体の場合、前職の大方の出来事は美化されます。本当は今の仕事内容がダメな点があるから、そういった思いを解決するために新たな職に就いたのに、気付けばなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と思うことは多いです。至って普通で、以前の職では業務に慣れていて楽にやるべき業務もたやすくできていたのが、もっとも根底にあるでしょう。だが実際は「退職なんてしなけりゃよかった」と本気で悔やむほど、前の仕事のほうがやりがいも居心地が良かった事もあります。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在は、インターネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。加えて、転職とは全然違う行動によっても、精神面を強くすることができます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外は、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え、面接に向かうと、これまでの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、これからのために休みも必要です。
  • 今がんばっている転職活動時、「自分は今まで、こういう内容・・

  • 転職する活動時、「私はこれまでずっとこのような種類の仕事に尽力してきました」「過去の仕事では、こういった技術を手に入れました」と実績・セールスポイントを十分にアピールする人はけっこう少なくありません。が、希望する再スタートを狙う組織で「こういった仕事をしたい」「私が話したような内容の業務をするのなら貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自分自身をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 転職活動には、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に映る「ファッション」は、注意している人は多いでしょう。しかしながら、ここ最近の、企業面接に関しては私服がOKな企業も多いので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に出向かなくても良いでしょう。創業して間もない会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接をしたほうが、良い印象を持ってもらえます。また、フランクに会話できるメリットも。そして私服だと、面接中、洋服について、話もしやすくなるため、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。今後、転職は会社の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • もしも転職を考えているなら、転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • 転職するのなら、転職前に資格を取得することで選択肢が増えます。また、在職中に資格取得しておくと、転職活動の際に有利に働くので新しい仕事も探しやすくなります。であるため、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっともおすすめのタイミングです。もしあなたが未来を見据えて、実際に役に立つ資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。それにプラスして、資格を取ってからの面接時に担当者に「即戦力」と見なされ、今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 今の自分のスキルが有利にはたらくように転職する場合は・・

  • あなたが持つ現在のスキルを活用しながら再就職する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足である医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療や介護では、看護師および介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、他の業界に転職する事を考える場合、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、したがって、簡単に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいっても、より転職の可能性を高めたいなら、加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運ぶことによっていろんな企業の情報を得ることができ、そして、フェアに参加している企業スタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接を受けに行くのだと思ってしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。それによってフェアのあいだに企業側(の担当者に)認められれば、その後面接の本番時にかなり有利になると予想できます。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎ…

  • 派遣社員だからといっても、1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職によって思い知らされました。結婚し、生活が落ちついたら、すぐに子育てに取り組みたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年くらい現在の会社で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、給料は安かったですがですが時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。でも、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣であったとしても、すぐ辞められる雰囲気もなく、これが今の悩みになっています。
  • 看護師という職業の人の違う仕事に転職の原因は一人ひとり違います。

  • 看護師でありながらそれ以外の仕事に転職を決断するキッカケは、その人によりけりです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから家庭環境の変化によって子育てそれに親の介護など、仕事環境の種々の変化など、今までのようには働き方ができなくなった」「収入に大きな不満がある」といったような悩みが抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついて冷静に、再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。
  • いよいよ転職活動をするに当たっては、現状の仕事の何に不満を感じているの…

  • そのうちでも転職することを予定しているのなら、現在の職場・業務での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。そもそも不満な点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんといまの問題なことを明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐことが可能なはずです。