全くの初挑戦となる業界などに転職を考えるときには、自分が以前の業界で…

経験したことがない分野などに転職したいと考えているときに…

  • 全く経験したことがない業種などに転職を行う際は、以前の仕事で、自分が身についた能力や経験したことを発揮できるという自己主張が必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、その分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも不公平な状態になりますが、自分が保持しているスキルがその業界においても十分に生きるということをしっかりと話すことができれば、戦うことができる場合も出てきます。それゆえ、経験が全くない分野に挑む場合は、その分野と自分がこれまでやってきた職務との関係をできる限り見付けましょう。
  • これまでの私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 前は新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に通っていました。理由は、有名どころの「転職サイト」は、やはり都会や大手の求人がほとんどだからです。であったため、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、求人募集をしているいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域密着タイプなので都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している人が多いかもしれません。ですが、良い求人もありますのでこれから退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークへ行って、相談するものいい案です。大手転職サイトみたいにたくさんのお知らせやメールの心配も無用です。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が大切です。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。会社の大半は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを判断するため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。単に穴埋めすることにとどまらず、記載内容が魅力的であることも大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを記載しましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく記しましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な文章を引き出したりして自己ブランディングのためにうまく活用することも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。
  • 世の中は便利になったものでパソコンは便利でインターネットのエリアに・・

  • 最近パソコンを使えばネットのエリアには、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが数多くあったりします。その数限りないサイトから自身の目的に合致した転職先と思えるのを見つけるにはとりあえず情報を集めることをしましょう。このような「転職サイト」をうまく活用することで、よりスムーズな転職が実現します。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

  • 転職で、派遣社員」で考えている人に注意していただきたい点があります。派遣と聞くと電話対応、その他雑用等をなどの業務内容をぼんやりと思った人が少なくないでしょう。実は私も現在勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当してもらう業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社してみると、まさか「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを指示されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に参っています。今はとにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方…

  • 今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは働いている企業側が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、すぐもらえる場合があります。なお、支給される「失業手当」の額は、辞めた月の直近の給料を軸に手当の額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 生涯初の失業保険をもらう場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている…

  • はじめて「失業保険」を受ける際、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が極めて多いですが、それは正しくありません。実際は、失業保険の給付をきちんともらうためには、職探しを続けている必要があり、さらには、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに職員に就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。もしも、真剣に就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、当然問答無用で給付が一時停止となったり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に注意しましょう。
  • 転職するための期間中は、無意識のうちに時間が有り余っているため…

  • 転職の間は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。が、そのような生活に慣れてしまうのは危険です。不思議なもので、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも問題が出てくるからです。徐々に、働く意欲が湧かず、経済的に困ることにもなるでしょう。そんな状況になってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事をハッキリ決められないのは、もらえるお金を一番に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。
  • 仕事の面接でいるビジネススーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の際…

  • 転職の時の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の人たちが就職活動の際にに着用している色味が良いです。ですので、黒や紺などのような落ち着いた色合いになります。再就職の場面においても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこういうダーク色が圧倒的な数を占めていて、黒や紺以外の色の人は圧倒的に少ないです。強いて言えば、ごくたまにグレーの人がいるくらいで、ほぼ黒系や紺系が多く、面接を行う人事担当の方からもそのような色が普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という観点においてはおすすめです。
  • 転職候補先での会社見学に参加すると非常に参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社は、スキルを近くで見られるため、楽しいものです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、日常の仕事風景を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが強い業種であるため、入社してからでないと、本来の姿はみえません。ですから、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことがたいへん大切です。また、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はとても危険ですから注意しておいた方が良いです。入社していない人には何かあっても、それに対する保証が一切ないため、仮に、勧められたとしても丁寧に断っておくようにしましょう。
  • もし、とらばーゆを決定したのであれば、周りにひそかに…

  • とらばーゆの決めたのなら、徹底して同僚にはこっそりとバレないように、転職活動を進め、現職にいるあいだは、できる限り同僚に悟られないよういつもと同じように業務をこなすのがもっとも良い形といえます。転職先が決まっていない間、この点を意識しておけば、希望する条件に沿う転職先が難航したとしても、転身時期を遅らせながら、現在の仕事をそれまで通りにし続けても何ら問題がありません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社は、それに合わせて応対します。そして社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周りからは「あいつは転職する人」という位置づけになります。しかしもしも、転職したい思いが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中、肩身の狭い思いををするおそれもあります。
  • 転職サイトは、一度登録したら、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話やメールでの連絡が何回も来ます。このことに対して「転職エージェント」の初心者の方は、とてもびっくりするケースが少なくありません。転職エージェントは転職させることが仕事なので、大変積極的にアプローチしてきます。その中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように気を付けましょう。
  • 転職時には、面接をすることになりますよね。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」と100%の確率で聞かれます。こういった場合、いくらあなたが正しくとも、前の仕事場での労働環境や人間関係についての愚痴やトラブルを絡めた答えは、なるべくやめておいたほうが良いでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスをふいにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが重要で、本心とは違っていても、「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」といったような未来志向での返答が重要です。
  • 再就職する際、重要視されるのが「面接」というものです。

  • 転職をする場合、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。普通、面接では面接官が応募者に対し、転職を決めた理由や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら転職希望をする人からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「何か我が社についての疑問に感じることはありませんか?」と。この手の質問が来たときは、緊張しすぎて何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。こんな時の為に、予め面接担当者からの質問に対し、(あなたからの質問を)考えておくことをお勧めします。冷静に考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 求人関連の情報をチェックする場合、デスクワークがしたいから・・

  • 求人に関係する情報をチェックする際、例えば、デスクワークが希望だからと、はなから製造業をスルーしてしまっています。そうした人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解している可能性が高いです。実際に、製造業であっても、製造マンだけでなく経理、人事、総務などの従業員募集から、購買や営業管理等の事務系の役職も相当数あります。しかし、製造業にはありがちですが、オフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。だとしても、自身のこだわりを捨ててみることで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 転職の面接などにおいて名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名・・

  • 転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも名刺を相手に差し出すべきであるのか?と悩んだ場合は、おおむね差し出す必要はないと頭に入れておきましょう。面接とは仕事内のことではなくて、就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺を交換する場とは異なります。加えて、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。という事で、もしも相手から名刺を渡さても、こちらに関しては名刺をもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手の方にあげる必要はまったくないと判断できます。
  • 女性の再就職に際して、数年前と現在とでは少なからず、変化があるといいます。

  • 女性が再就職する際、数年前と今日とでは若干の変化が見受けられます。かつては面接の際に会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」に関して、一般的なこととして質問されることがほとんどでしたが、近年では、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない企業、が当たり前になりつつあります。また、名の知れた大企業の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。しかし実際、企業側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っているはずです。自らの将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら話すことで会社側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。というワケで、たとえ、聞かれていない部分も、こちらから気遣いながら答えてみると良いでしょう。
  • 今の仕事や職場に関して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今のあなたの職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身のスキルや能力を正しく評価してくれない」それゆえに「給与アップもないし、将来的な昇進も期待できない」といった内容が多くを占めると思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の手腕を実際よりも過大評価していることもあるのです。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分を生かせる求人がない」と無駄にブランク期間ができる可能性が高くなってしまいます。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。転職活動に当たっては「本来の自分の能力」を知る事が大切です。
  • 日本には古来より”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 昔から「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。でも、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。転職するつもりなら、適したを的確に捉える必要があります。最初に、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満に思う点を5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、転職に役立ちます。そして決断したらできるだけ手早く、今より良い仕事を手に入れるべくトライしていることも大切です。
  • 転職するため職探しをするときに気を付けて欲しい求人の募集内容…

  • 転職するため仕事探しをするときに注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めのものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがよくあります。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間や45時間というように求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものになります。(違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代30時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」というワケです。しかし、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので注意をしておきましょう。