新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職を決意しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒として入った会社を辞めて、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、相当に将来が不安でした。ですが、新卒採用で入社した会社を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動をしていく中で知り、いつの間にか不安が消えて、安心しました。1回転職をすれば、何か、体が軽くなり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が見違えるように変化しました。なかには「辞めずに続けることが普通」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職してみるも大事だと思っています。

転職の面接においてクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もありますが、…

再就職の面接において企業側からクールビズで良いとと言われることがありますが、クールビズのスタイルで赴くのは減点対象になるのでは?と疑う人もいます。クールビズについての迷いを心に背負いこんでいる方々に進言したいのは、クールビズOKだと言われたのなら、言われたことを守った方が確かです。迷うことによってしまい、すごく汗がでる時期にスーツを着込んでいくと面接担当者に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

失業保険の給付について、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

失業保険の給付においては、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、しかし、「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくはゆっくりしたい」のが本音だと思います。ということで、心から求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は当然になりますが、その場にて、求人票を見ることは必ずやっておきましょう真摯に探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が意に反してありませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

求人広告には、大部分の場合は多くの職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、普通の株式会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。しかしこのポイントを確認する際は、注意して確認する事が必要です。数字だけを見て判断してはいけません。何故かというと案件によっては、月収の内訳で月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。そういうことは残業代を含めて魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあるんです。そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

いい企業につきたいと転職で活動している大半は、「少しでも早・・

今と違った会社の社員になりたいと転職を希望する場合には「1日もはやく、内定が手にしたい」と考えてしまうはずです。でも、その気持ちが強くて通知を得たいばかりに、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また反対に能力を安く見積もった売り込みをするのは可能な限りしないようにしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く選んでみてください。

転職活動をする上での最後に残る壁として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の企業が決まっても、現在勤務中の企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのも起こりがちなケースです。仮にそうなったとしても、何としても退職する、という強固な意思を維持することが大事といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と直接話し、この退職にはどんな交渉も受けませんと(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」をすることも就職活動において必要でしょう。

安定的な生活を手に入れるべく正規の雇用社員を狙っている人は…

安定した生活基盤を手にするべく正規の社員として働きたいと思っている人は相当数います。ですが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに正社員としての転身が実現しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人情報以外はスルーしてもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万一中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には働き手の活躍の度合いによって数年で契約社員から正社員にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の有無を質問しておくと将来設計にも役立ちます。

派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関連で残念なこ・・

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法のせいで否応なく、長くお世話になった就業先での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先で正規社員のポストをつかんだ方もいるのですがそれははっきり言うと仕事の能力というよりは派遣先の上司へのごますりがうまい人で引き立てがあったよう。仕事のスキルより上司に媚びるスキルの方が大切なのだろうと選考に漏れた別の派遣の仲間と愚痴を言う毎日です。

転業を近いうちにするつもりなら、多くの会社の募集案・・

転業するつもりなら、まめにさまざまな企業を普段から調べたり比較したりしておくと転業先の労働環境の見極めがかなりしやすくなります。今の職場に不満足だと感じているケースでは、実際に転職活動をするときに、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの企業を選択するべきか、迷ってしまい、どんな企業でも飛びついてしまうのです。よって、ごく短期間で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。また、会社によって個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

派遣での仕事が決定しました。勤務1日目に派遣会社で営業を担当している…

派遣先の会社が決まりました。就業の初日に営業担当者と就業先近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたら、営業担当者がどういうわけか約束の店の前にいないので中にいるのかもしれないと考えお店の中に入ってみると、担当者はなんと雑誌コーナー前の通路に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。こんな人に担当されるなんて願い下げと判断し、その場で声をかけず気付かれないようにお店を出て直ちに派遣会社に辞退の連絡を入れました。

この話は兄の友達の話です。始めに新卒採用としてなにがなんでも入社したかっ・・

このような話は知人から聞いた話です。始めに新卒採用としてなにがなんでも入りたかった憧れていたA社の最終の面接で不採用となり、その先嫌々ながら違う会社に入りました。そのあと3年経ったぐらいに派遣の求人サイトを見ていた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社を即退職して、A社で派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってその結果学生時代に憧れていたA社で正社員登用され、今となっては仕事に生きがいを感じながら楽しく勤めています。

転職というものを考えるとき、転職先となる職場にお…

転職する場合、そこでの年収を気にしすぎる人が案外少数派でもないでしょう。とうぜん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をもらうために働くと思います。したがって年収というのは自分自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、大切なのは至極当然です。とはいえ、必要以上に年収ばかりを執着しすぎる人生というのも悲しい気がするでしょう。年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

転職活動を現職と並行する人が多いです。

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。忙しく働きつつ求人案件を求めて奔走したり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しなければいけません。

転職先での採用面接に関して、やめておいたほうがよいのは…

転職時の採用面接での、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり度を超えた猫をかぶることです。するとはっきり言って逆効果です。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「ボーナス」などの、普通はかなり質問しづらい内容を勇気を持って聞いた方が最終的に自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経な質問をすることで最終的に不利になるのではないか」と不安がるかもしれませんが、しかし、意外なことに、好印象を持ってもらえる場合が多いようです。これらのお金・労働環境に関する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、不採用を恐れるあまり、普通は質問できません。けれども、勇気を出して質問をすることで、「ほかの人とは違うな」と自己アピールになるのです。

この先、私たちの社会的環境においてますます短絡的な労働・・

私たちの社会的環境において、これからより一層思考を必要としない作業は機械化が進行し、その移り変わりによって人員はどうしても縮小させられてしまいます。なぜかというと、思考を必要としない仕事という観点では人間が作業するよりも機械のほうが圧倒的に能力が高いからです。数をカウントするとか、同一の動きをずっと繰り返したりすることは機械では当然何の苦もないのです。人と違って愚痴を言わないし、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。おまけに報酬が発生しないのも違いですね。ですので、人を使う理由が到底無いことが明白で、機械化が無理はありません。

数年前の求人誌に雇用側が求める人材の「性別」が明記されていました。

今までは求人誌には、「性別」が当然のように記載されていました。けれど今現在では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別がしてはならない事となり、募集要項の概要に「性別」の表記ができなくなりました。しかしながら、求人募集をしている企業は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際問題、実際は男性が欲しい業種に女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」という内容の求人募集は、希望しているのは女性だと読むのが良いでしょう。

これはシフト制の仕事に関する話です。

これはシフトのある仕事についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法を前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり職場の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えばよく我慢したな、と自分でも驚きです。

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

現代、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を書いた実績のある人や、TVで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような話が出てきたなら、心当たりを考えてみてください。ここ最近は、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を払わせようとする会社がありますが、そういったものは完全な嘘であるので騙されないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

昨今では、株・不動産投資といった、不労所得で収入を得た・・

今では、株式・不動産投資などといった不労所得、もしくは起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員以外の道はキケンだ」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長の頃には、先の見えない株式投資や個人事業よりも会社勤めの方が賢明でした。そのため人が生きていくうえで正しい道として、またそれが自然のことのように世の中に認知されていました。しかし、そんな時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」といわれます。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

転職の採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。

転職の面接を受けにとある会社に訪ねました。社内の部屋が空いていないとのことで外部のある場所で面接官との待ち合わせをして面接を行い、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直接帰るとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。そのため電車の中でも面接担当者と一緒に会話をしながらいっしょに帰ることになって、結果として緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾んで、それが原因かなんとか採用を獲得することができました。