今まで経験したことのない業界とかに転職したいと思っている場合には…

初挑戦となる業種などに転職するときには、前の職場で育んできた能力…

  • 未経験である業種などに転職する際には、以前の会社で、自分が養われた力やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要になります。初めて挑む人は経験のない分その業界を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分が保持している力がそのジャンルでも生きるということを相手に言えば、勝負になる場合もあります。という事で、経験のないジャンルに挑戦する際には、その分野と前の職場でやっていた仕事とのつながりを必ず発見しましょう。
  • かつての私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、いつも都心の求人情報しか掲載していないからです。そのため、転職活動をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「どんな求人があるかわからない」という先入観がある人もいるはずです。ですが、転職サイトには掲載されていない求人があるので、そろそろ転職するべきか悩んでいる場合は、お近くのハローワークに1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトのように大量の電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が大切です。会社のほとんどは履歴書に加えて職務経歴の記載内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2点を作成しましょう。単に穴を埋めるだけでなく、内容が充実していることも重要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば残業時間を何時間減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。ブランディングのために転職エージェントを頼ること有効な方法です。
  • いわゆるスマホを見ればネットの世界では、要するに「転職サイト」に類するもの・・

  • この頃スマホを見ればインターネットのエリアには、要するに転職に関連するサイトが多数点在しています。そのいっぱいのサイトから自分自身の目的にあった転職先を見いだすにはまずは情報が大事ですから収集をしましょう。このような「転職サイト」をうまく利用することでよりスムーズな転職が実現します。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してほしいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員と聞くとお茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事をなんとなく想像する人が多いはずです。最初は私もかつてはそう思っていました。現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、いざ入社したとたん、なんと「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。特別な知識もなく、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。とりあえず、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら、…

  • 今年中に転職予定がある人で、次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては会社側で社員に「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた方は3か月の待機期間があるのですが、現在の会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに貰える可能性もあります。なお、支給される「失業手当」の額は、会社の仕事を辞めた月の給料を基準にして計算されるため、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている人が…

  • はじめて「失業保険」を受ける際、何もしなくても受け取れると考えている人がほとんどだと思いますが、それは誤解です。現実には、失業保険の給付をきちんともらうためには、求職活動を続けていることが条件で、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。対称的に、真面目に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、ルールとして給付を一時的に止められたり、場合によってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう気をつけてください。
  • 転職期間では知らず知らずのうちに時間があるため、気が緩んでしまい・・

  • 転職期間中は、つい時間が有り余っている分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そんな風な過ごし方は危険です。というのは、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする気力がわかず、お金に困る状況にも・・・。そうなると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先をうまく見つけられなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えるためです。お金を最優先に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、意識して避けるようにしてください。
  • 転職の面接で必要となるスーツの色においては、新卒の学生が就職活動の…

  • 職を変える時に必要なビジネススーツの色においては、新卒の就活の際にに身に付けている色味が一般的となっています。言い換えると、黒系や紺系のダークな感じのカラー、ということになります。転職のケースにおいても、着用するビジネススーツのカラーはこういうダーク色が大多数で、そうでないカラーを着ている転職者は少数派です。あえて言うならば、グレー系が少しいるほどです。全体的な割合をみても黒系や紺系が大多数を占めているので、面接を行う人事部から見ても黒や紺色であるほうが違和感なく見えます。ですから、第一印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • 転職候補先で見学などがあれば、すごく参考になります。

  • 転職したい会社で見学などがあれば、非常に参考になります。そういった会社のなかでも、技術を必要とされる業種なら、職人技を間近で見られるので楽しいものです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、実際の仕事風景を見せてくれることはありません。例えると、ブルーワーカーなどの職種です。個人のプライドも高い業種なので、実際に入社するまで、本来の姿はみえないものです。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことがとても賢明です。それに加えて、見学時に実際に仕事を体験させる会社はかなり問題がありますから選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人間には、もし何かしらのトラブルが起こっても、保障が一切ないため、担当者から勧められてもやんわりと断るほうが良いでしょう。
  • 一度あなたが、転業を決心したなら、徹底的に社内の人間・・

  • 仮に、現職からの転業を意思を固めたのなら、周囲の人間にはこっそりとそれを悟られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、できれば会社内の人に知られないように普段どおりに業務をこなしていくのがとてもいいです。そのスタンスでいけば、たとえ転職先探しにすぐに見つけられなくても、転身を見送って現在の仕事をそれまで通りにし続けても簡単にできます。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、その言葉に合わせて対応し出します。しかも会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人は退職する人」という位置付けになります。そのようなシチュエーションになってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中、身の置き所がない思いををするかもしれません。
  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、しつこく電話やメールをしてきます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、かなりびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だと考えられるので、本当に積極的です。中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業から報酬がもらえるシステムなので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多いものです。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定を得た瞬間に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように心がけましょう。
  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。担当者から「転職理由は?」という風に、質問されるはずです。この時、どんな訳があっても、前の職場の人づきあいや働く環境に関しての愚痴を絡めた返しなどは、極力しないほうが良いでしょう。もしも、そのような不満を口にすると、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが必要です。たとえば「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来形での話ぶりが良い印象を持ってもらえるのです。
  • 転職をする場合、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職をするときに要となるのがまぎれもなく「面接」になります。よくある面接では応募者に対して、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接の終了間際に今度は、転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の方から「なにか弊社で働くことについて、疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が緊張しすぎて質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後で後悔しないためにも、面接の前に面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 求人をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人誌を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんなことをする人は「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と誤解しているはずです。現に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類されるお仕事もたくさんあります。でも、製造業の多数はオフィス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。ただし、自らの執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。
  • 転職の面接などの場面で面接担当者が名刺を差し出してきた場合…

  • 転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、同じようにあなたも名刺を差し出すべきであるのか?と迷ったら、一般的には渡す必要のないもの、と思っておいてください。面接とは仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時間とは違います。それに加えて、会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という訳で、もし相手側から名刺を渡されても、こちらの方は名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる責任は必ずしもないと考えられます。
  • 女性が再就職する際、現在と一昔前では若干、違いがあります。

  • 女性の転職に関しては、現在と数年前では少なからず、状況が変わりつつあります。前は会社側から結婚の予定や出産予定について一般的なこととして質問していました。ところが、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、セクハラと企業側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そしてまた、特に大きな会社の場合は、この手の質問に神経質になっています。けれども、面接する側はYES・NO、だけでなく、その人の姿勢、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っています。自らの価値観を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と一緒に話すことで相手方の疑問も解消できると考えます。たとえ、質問されてない箇所についても、こちらから配慮し、答えてみると良いでしょう。
  • 現在の勤め先や仕事の中身について不服に感じていることの中に…

  • 今の自分の勤め先や業務内容について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価してくれない」さらには、「年収は上がらないし、昇格の見込みもない」といった不満が多いように感じられます。とはいうものの、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自身の実力を「過大評価」してはいないか、改めて確認することが不可欠です。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と仕事をしないブランク期間が長引くことになりかねません。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。そういうわけで転職で好結果を出すためには、自身のキャパシティを客観的に見つめることが大切です。
  • 日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがありますが・・

  • 日本には「石の上にも三年」という教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。そうではあるものの、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に再就職を検討する際は、まずは良い時期を図る必要があります。必ずや今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面についてなにが嫌なのか、箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探しておきましょう。こうすることによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ早急に今より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。
  • 転職活動中に特に注意が必要な求人は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、…

  • 就職活動をする場合に注意すべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めというものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が想定されるため、事前に給料に残業代を入れて計算しておくというものです。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代30時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」ということになるわけです。が、悪質な求人情報ではこの『みなし』を表記していない場合もあるので、よく気を付けてください。