その昔は看護婦と言われていた看護師という職業は、歴史的背景…

以前は看護婦と言われていた看護師は仕事としてどうして・・

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者としてやっぱり女性の割合がすごく大きい職です。知られていると思いますが気力あるいは体力の大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場の環境での人間関係が上手くいかなかったり、結婚・出産などによってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい職業です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に陥っています。常に各医療機関は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しするスパイラルになっています。
  • 転職を行う場合、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、…

  • 転職活動を開始するにあたって、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、見方を変えると、投稿の内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。または、真実はクロで「真実が書かれているので、早く火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、その分関わったらトラブルに遭遇する可能性も高いと判断して問題ないでしょう。人もそうですが、善良な会社には煙など立たないものです。
  • 転職期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくと…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いです。仕事が決まり、仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことで知らない間に集中力が養われているのです。加えて、体力アップしていることでその場の社員さんと比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに集中することと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。その後、職場で共通の趣味の人と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになるので、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 再就職しようとする時に絶対に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいて…

  • 転職をしようとする際に準備しないといけない履歴書や職務経歴書においては、たいてい、パソコンを用いて作成するのが一般的です。日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いずペンを使って作成するのが常識と捉えられていることも多いですが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職をする時に関しては履歴書は100%手書きじゃないといけないと断言はできません。手書きの方を良しとする企業もあるようですが、そうじゃない会社がずっと増えてきますから、パソコンを用いて作成した履歴書でもよろしい企業は意外にも多くあるのです。
  • 再就職を考えている時に見る求人内容は一般的なものと・・

  • 再就職をする際に注意を向ける仕事の情報というのは、一般的なものとして書かれていることもあります。ですから、そこに掲載されている内容はすべて間違いのないものだとあてにするのはやめておいたほうがよろしいかと思います。特に生活に大きくかかわってくる給与に関しては一般的な金額なのか?最低限なのか?最高の給料であるのか?といった評価ができないことが多く、勝手な判断で決め込んでしまうと、後から後悔することになる可能性も少なくはないのです。それゆえに、そんな風にならないためにも、募集内容に関しては、だいたいのものだと考えて、そのようなたいへん肝心な内容は会社側に直に確認を取ってみた方が適切でしょう。
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに…

  • ついこの間、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間に辞めてしまう選択してしまう人がけっこう多かったりします。何故そうかと考えてみるとたぶん気持ちも新たに、仕事を手に入れたものの、「自分の考えていた職場環境とだいぶかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」といった感じで去っていくことが珍しくないといいます。できればこのような失敗を避けるためには初歩として、情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、など多角的に事前に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 転職のための活動を行っていて面接において絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をやっていると、面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。給与が納得できないことや、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社に応募しました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。
  • 職を変える際に、今勤務している会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが…

  • 転職活動を行う際に、まず今の会社を辞めてから転職しようと考える方もいますが、そうならばボーナスのことを考えておきましょう。ボーナスが出る会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが入る日まで数か月しかないのなら、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞める意向を伝えるという考えも賢いやり方です。ボーナスは結構たくさん入るので、頂いておいた方が良いと言えますから、職場を変えようと思い始めたらいつ頃ボーナスが手に入るのかを知っておくほうが賢い方法です。
  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど多数の案件が掲載されているため・・

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が多くの会社が掲載されているため、2~3社ほどとりあえずはメンバー登録した上で、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、さらに条件に合う求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職についての情報収集が簡単になります。だとしても、初めだけは登録するのになかなか時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、後の応募を考えれば、最初の準備に手を抜かないことを心がけましょう。
  • 再就職の際の面接は、規模の小さい企業クラスの場合大体は「人事」が面接担当ですが、…

  • 再就職の際の面接は、零細企業であればほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外の場合もあるようです。実際、これから一緒に仕事をする管理職、という具合に部長・課長などの中間管理職が当たることになるでしょう。とくに事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格のみでは見極めが難しいですから、自信をもって自分という人物をアピールする事で良い印象を与えることができます。面接担当の人たちに「この男はしっかり自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。
  • 新たな職場でこれまでの実力を活かせられれば、即戦力として認知され、…

  • 転職先でそれまでに培ってきたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から認められ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、人を雇おうとしている会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえ問題なければ、難なく事が運ぶでしょう。加えて今までの業務内容と似た仕事内容なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。ですが、即戦力となる実力があったとしても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代に関係なく、中々の難関を突破する必要があります。
  • 3日ほど前転職のために人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録カウンセリングの時に現れた担当者が見た感じ新入社員みたいで、私が説明していることの50%ほどもその社員は理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」等、一丁前に偉そうに言うので非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人は多少は能力のある社員に、するべきだと思います。
  • このようにここ数年の会社や企業の労働背景が慌ただしく変わってきたこ・・

  • 現在の会社や企業の労働環境が大きく変化したことに関して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど敏感に感じ取っているようです。将来を見据えた動向なのでしょう。ですから、就業者といった人たちの「流動化」が顕著になっているため、より後々世代に関わらず転職への注目が強まっていくでしょう。労働力の「流動化」が背景にあることで、転身することはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思ったようにいかないケースもありました。しかしながら、今ではこの事も全く当たらず現在の会社のみに執着する必要も益々無くなったともいわれています。
  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に見合った・・

  • 転職で勤め先を新しく替えるということは、自身に見合った理想に近い場所に就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、あなたにぴったりの仕事に出会うかもしれません。ですが、実際に行動するともなると、相応の努力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。逆説的に表現すると、あなたのスキル次第で「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスがある、ということです。ここ最近は、「職業選択の自由」が社会的にも認められていて、転職を決断しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現代は人手が欲しい会社や職場はだんだん増加しているので、このチャンスをうまく利用してみるのも良いでしょう。
  • 派遣会社に登録して働いている人が過去の規制緩和以…

  • 派遣会社に登録して働く人が近頃多くなってきています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、その中で何割が自分に入るのかを面接のときに質問しましょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、悪い派遣会社では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も珍しくありません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、可能であれば違う派遣会社を利用すべきです。
  • たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合えば、メンタル面での重荷も少ないの…

  • 将来に目を向け、期待をもって転職をすることができれば、メンタル的にも転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。おまけにメンタルが健やかであれば、じきに転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが大事です。今の仕事を続けながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが理想です。さらに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • もしもあなたが、「転職サイト」を使って自身が新たなチャレンジのできる…

  • あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自身の活躍の場が広がるストレスを感じずに働ける企業を探しているならば、「転職エージェント」は必ず活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる求人情報は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比較にならないほどたいへん質が高いといえます。さらには、あなたの希望にふさわしいものを調査し、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望とする職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが自力で最初から調べる手間を考えれば、とても効率がいいし、転職を成功させる近道です。
  • 20代までに転職2回で、そして現在、資格を取得したいの…

  • 20代前半に転職を2回経験し、現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務でないため、やはり給料は以前よりも少ないです。前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと無性に羨ましく見えてしまいます。以前は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし現在は、結婚し、随分と生活環境もかなり変わり、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自ずと生活が充実するようになりました。
  • 転職の際に今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

  • 転職するにあたり、現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、自発的に退職願を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果としてハローワークの担当スタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険が給付されます。
  • 勤務していた会社でパワハラを行う上司に嫌な目に合わされ、…

  • 働いていた会社でつらく当たる上司に困ってしまい、ついに我慢ができなくなり退職し、同じフィールドの別の企業に転職しました。人間関係も良好で本当に満足した毎日でしたが、緩やかに会社の収益が落ち込み、とある会社に経営統合されることになりました。そしてその統合した先の会社がなんと以前勤務していた会社で、おまけにものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当然もう一度転職活動を始める予定です。